ニコニコ大百科モバイル

フィーチャーフォン向けニコニコ大百科は11月30日で終了します。長きにわたりご利用ありがとうございました!


スーパーロボット大戦EX


ヨミ: スーパーロボットタイセンイーエックス
掲示板をミル!
23カキコ!

スーパーロボット大戦EXとは、1994年バンプレストが発売したSFCソフトである。

1999年にはPSで『第2次』『第3次』と共に「コンプリートボックス」へも収録され、さらに2000年に単品でもPS版が発売された。


概要


それまでの「第○次」と言うナンバリングから外れていることからも分かるとおり、外伝的な作品である。

時系列ではちゃんと『第3次』と『第4次』の間であり、『第4次』にもEXでの出来事に言及するシーンがあるが、舞台は全く別の世界であり、登場ロボットバンプレストオリジナルである「魔装機神サイバスター」が軸となっている。
そのため登場ロボットは多くがバンプレストオリジナルであり、既存の版権作品はほぼゲストとしてのみの参戦になっている。


登場作品


は初登場。


前作からの変更点



ストーリー



基本ストーリー


インスペクター事件(『第3次』の戦乱)後、世界各地で兵器とそのパイロットが突如として消息不明になる事件が多発していた。
消息不明になった兵器とそのパイロットは、地底世界「ラ・ギアス」に広がる戦乱のために召喚されていたのであった。

戦乱の中心であるラングラン王軍とシュテドニアス連合軍は召喚され右も左も分からない地上人とその兵器をどんどんと味方に引き入れ、戦乱を拡大させていく。


マサキの章


魔装機神の中の1体・サイバスターパイロットであるマサキ・アンドーは、ラングラン王への侵攻を続けるシュテドニアス連合軍に対抗するため、ラングラン王の軍と協しつつ、召喚されてきたかつての仲間達を集めて行く。
やがて、死亡したと思われていたラングラン王王位継承権第1位であるフェイルロード王子生存していた事が判明し、フェイルロードを中心にラングラン王を再建するが・・・。


リューネの章


突如ラ・ギアスに召喚されて困っていたリューネは、魔装機神パイロットの一人であるホワン・ヤンロンに保護され、成り行きでヤンロンと共にカークス軍(ラングラン王の軍のうち、カークス将軍を中心とした一団)に協して戦いに参加する。
当初は純ラングランのためを思い戦っていたカークス将軍であったが、次第に野望が首をもたげてくる。そしてその強引な行動に疑問を持たれ、リューネやヤンロン達はカークス将軍に反旗を翻す事になる。


シュウの章


『第3次』隠しルートラストで確かに死亡したシュウであったが、が覚めると何故かそこはラ・ギアスであった。
聞けばヴォルクルスの邪信徒・大司教であるルオゾールが蘇生術を行ったとの事。
ルオゾールといえど蘇生全ではなかったようで、シュウ記憶がいくらか欠落してしまっていたが、そのお陰で自身を利用していた存在のから逃れることに成功し、報復のために行動を開始する。


シナリオ


本作では、上記の「ストーリー」の項にある通り、3つの独立したシナリオが収録されている。
基本的に同じ時間軸の同じ世界でのストーリーであるが、異なる主人公視点で話を進めて行く。

異なる視点物語を紐解くためのシナリオ分割だが、同時に難易度選択の役割も持っている。

この3つのうち「難しい」であるシュウの章はゲーム開始時には選択する事が出来ず、マサキの章かリューネの章をどちらかでもクリアして初めて選択可になる。出現させる前は、代わりに「トレーニングモード」を選ぶ事が出来る。


ISSシステム


3つのシナリオとともに、本作最大の特徴とも言えるシステム
正式名称「インタラティブ・シナリオシステム」。

簡単に言うと「あるシナリオでの選択が、他のシナリオを与える」と言うもの。
と言っても3つあるセーブデータが勝手にを及ぼしあうのではなく、ゲーム開始時に既存の他の章のデータを選択することで、これから始めるシナリオでの「別の場所にいる別のシナリオ主人公」が取る行動が、ISSを使う先のシナリオでとった行動と同じになるというもの。

例えばマサキの章であるキャラクター仲間にするかしないかの選択があったとして、ISSを使わずに普通にプレイするリューネの章の中のマサキは、そのキャラクター仲間にしないようになっているとする。そうするとストーリー中でマサキと出会った場合、そのキャラを連れていないことになる。
しかし先にマサキの章をプレイし、そのキャラクター仲間にした上でクリアし、そのデータISSを使ってリューネの章を開始すると、先にプレイしたマサキの章の通りに「リューネの章の中のマサキ」もそのキャラ仲間にするため、出会った時にそのキャラを連れているという変化が起きる。

これによって、普通に単独でプレイした限りでは起き得ないストーリー分岐が発生する事がある。
リューネの章はこの手の分岐が最も多く、ISSの使い方によっては魔装機神が4機とも自軍に加入したり、マサキの章のラスボスと戦うルートに入ったりする事が出来る。

なお、クリアするとセーブデータマサキの章なら「M」のマークが、リューネの章なら「R」のマークが付く。
クリアデータISSを使ってゲームを開始すると、マサキの章のクリアデータISSを使ったデータならMのマークが、リューネの章のクリアデータISSを使ったデータならRのマークが引き継がれる。 


用語


ラ・ギア
今作の舞台世界の事。
イメージ的には地球の内側の世界にある世界で、一般的な地球人が地球と言う球面の外側で生活しているのに対し、ラ・ギアス人は球面の内側の面状の大地とそれに包まれるようにして存在する太陽と言う世界で生活している。太陽の中央から動かず、になるときはその場にあるままが減っていき暗くなる。
実際には別間であり、地底と言っても地面を深く掘っていけば辿り着くといった場所ではないが、上記のように地底に存在すると考えるとイメージしやすい構造をしていることから、よく「地底世界」と表現される。また、地球上の事を「地上」と呼ぶ。
精霊
ラ・ギア世界に存在するの根
・火・・大地の4属性があり、これらそのものをる高位の精霊と、いずれかに属する低位の精霊がある。
「魔装機」と呼ばれるロボットはこの精霊のいずれかと契約して加護を得ているロボットであり、魔装機の中でも高位精霊契約している4機を「魔装機神」と呼ぶ。
ラー
いわゆる「気」の事。
魔装機はいずれもプラーナコンバータと言う機関を搭載しており、パイロットのプラーナがある程度強くないと操縦する事が出来ない。
ラーナの強さはに感情の起によるところが大きく、王族などの一部を除いた大半のラ・ギアス人よりも地上人の方が感情の起しい=プラーナが強い傾向にある。
正魔装機のパイロットど地上人なのはこれが原因。
魔法
ラーナを特殊な方法で練りこんで生まれる
ストーリーにある、地上の兵器の召喚は召喚魔法によるものだが、大規模な召喚は当然強な魔を必要とするため、実行出来る術者はかなり限られる。作中でも、マサキがそれによって召喚事件の首謀者に見当をつけているシーンがある。
その他にも「縛り」「死霊傀儡の外法」などが作中で使われている。
ラーナを根としている関係上、強い魔を生み出せるラ・ギアス人は限られている。ラングラン王族は生来強い魔を持つ事が多く、王位を継承するための条件として一定以上の魔を持つ事をテストで示さなければならない。
ラングラン王
ラ・ギアスにある国家のひとつ。
予言により、やがて来る未曾有の脅威に立ち向かうため、魔装機を開発した
しかし、『EX』のストーリー開始時点ではラングランの王都は他に侵攻され既に壊滅している状態である。
シュテドニアス連合軍
ラ・ギアスにある国家のひとつ。連合の名の通り、多数のが集まって共同体になっているもの。
ラングラン王に勝るとも劣らない大だが、ラングラン王に侵攻し王都を陥落させた事により、勢図としてはシュテドニアスに大きく傾いている。
「何故」シュテドニアスラングランに侵攻していたのかは『EX』の作中では詳細にはられない。後の「魔装機神LOE」ではラングランが壊滅する前の話からられる。

裏技



関連動画



■sm1101183[ニコ動]

■sm7956312[ニコ動]
■sm6215981[ニコ動]


関連項目



次へ»
最終更新日: 14/04/14 21:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ