ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパーロボット大戦T


ヨミ: スーパーロボットタイセンティー
掲示板をミル!
2412カキコ!

命を懸けて護るべき故郷ー
それは、地球(TERRA)だ

スーパーロボット大戦Tとは、2019年3月20日に発売されたゲームソフト。『スーパーロボット大戦シリーズのひとつである。


概要


スーパーロボット大戦T
基本情報
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 PS4/Nintendo Switch
発売日 2019年3月20日
開発元 B.B.スタジオ
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
価格 未定
対応年齢 CERO:審予定
ゲームソフトテンプレート

2018年11月19日に発表された第8世代機対応のスーパーロボット大戦第三弾。今作は版権スパロボとしては『NEO』以来久しぶりの据置機専用タイトルであり、シリーズで初めてメーカーの異なる機種のマルチタイトルとしてリリースされる。また、B.B.スタジオスパロボ任天堂ハード向けに発売されたのは初。
V・Xから戦闘アニメーションなどのリソースを引き継いでおり、今作も単体で完結する作品の模様。なお、タイトルの「T」は地球を意味するTERRA頭文字から来ている。決して寺田貴信Pの事ではない

初参戦作品は「楽園追放」「カウボーイビバップ」「わが青春アルカディア 無限軌道SSX」「魔法騎士レイアース」の4作品。
ロボットがほぼ登場しない初参戦作品が『V』以降恒例の戦艦以外にももう一作品ある(強いて言えば戦闘機?)他、少女漫画作品が初のスパロボ参戦となった。

既存参戦作品においては「Ζガンダム」「ガンダムΖΖ」「逆襲のシャア」が『GC』以来、ゲッターロボシリーズが『NEO』以来久々任天堂ハード向けスパロボに復帰し、「Gガンダム」がBBスパロボ初登場。
マジンガーは『破界篇』以降参戦を続けていた「真マジンガー衝撃!Z編」に代わる形で「マジンガーZ/INFINITY」がスパクロで初参戦した作品としては初のコンシューマー昇格を果たしている。これにより兜甲児流竜馬アムロ・レイの元祖御三家3名が初めて全員成人設定でう事となった。ボーナスシナリオにはこの3人に因んだものもあるので興味があるならプレイしてみよう。
また、勇者シリーズが初の複数作同時参戦の他、サーバイン(とシルキー)だけが出る事に定評のあった「OVAダンバイン」は『スーパーロボット大戦COMPACT3』以来久々主人公シオン・ザバが登場する(シオン付き参戦は初となる)。
なお、2000年代以降のアナザーガンダム作品の参戦は既存・新規共に久しぶりに一切く、それらは同時に発表された『スーパーロボット大戦DD』の方へ回される形となった。

今回も「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」が発売予定(Nintendo Switch及びPS4両機種とも発売)。なおカスタムサントラPS4版のみ対応なので注意。


参戦作品


文字スパロボ初参戦。は機体のみ参戦。任天堂ハード向けスパロボ初参戦。PS向けスパロボ初参戦。HD機向けスパロボ初参戦。はコンシューマー向けスパロボ初参戦。

これらの他にもゲシュペンストゲスト出演する。カラーリングギリアム・イェーガー機と同じだが、パイロット選択しなかった方の主人公である。

※1 ただし、参戦名義こそないが既に「スーパーロボット大戦D」にて機体が登場している。
※2 参戦作品に記載されていないが、「ゲッターロボ大決戦!」が同作品版の真ゲッタードラゴンゲスト出演により事実上の初参戦が決定している。


パッケージに記載される機体



新システム・既存システムの変更



バンプレストオリジナル



オリジナルキャラクター


「V」「X」同様の男女選択式・共通機体。選ばなかった方はVTXユニオン特務一課から出向したゲシュペンストパイロットとして加入する。各キャラクターデザイン西E田氏が担当。


オリジナル機体



関連動画



■sm34198837[ニコ動]

■sm34461893[ニコ動]


恒例行事


■sm34198236[ニコ動]
■sm34261126[ニコ動]
■sm34748817[ニコ動]


関連商品


■azB07L9ZFSSG
■azB07LB1572J
■azB07L9ZG264
■azB07L9YS8L4


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/03/25 00:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ