ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


スーパー生身大戦


ヨミ: モウロボットイラナインジャナイカナ
掲示板をミル!
131カキコ!

スーパー生身大戦とは、マシンを使わなくても戦える方たちによる戦いである。


概要


タグの始まりは『第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇』の第31話。
六神合体ゴッドマーズ』の原作再現シナリオにおいて明神タケル・静子はロゼ率いるギシン人部隊に囚われてしまう。
窮地に立たされたタケルを救ったのは…まさかのくろがね五人衆。 
いや、彼らだけではない。ZEXISの面々も加勢し、ギシン人の超能力者たちをなぎ倒していったのだ。 
が現れ、カミナ超能力手品と一蹴し、武蔵大雪山おろしを決め、隼人は「だ!だ!鼻だ!!」 と顔面を八つ裂きにし、甲児とタケル驚愕した。
接近戦では分が悪いと踏み、ギシン人たちは距離を取るものの、直後にジャンゴ・ヨーコロックオンミシェルゲインらによるスナイパーチーム狙撃の巣にされてしまう。
続けて、シリウススザクアレルヤクロウ・デュオが追撃し、追い詰めたつもりが追い詰められたロゼたちは兵員輸送機で蹴散らそうとするが、直後にキリコのアーマーマグナムによる狙撃一発で撃ち落とされてしまう。
あまりのっぷりにロゼは驚愕コメントを残した。

お、恐るべし地球人!恐るべしZEXIS!!

そして直後のオズマ台詞である。

マシンを使わなくとも俺達は戦えるのさ!

・・・あの、これなんてタイトルゲームでしたっけ?

歴代作品でも兵戦はあったにはあったが、ここまでの凄まじさを誇ったのは間違いなくシリーズ初といっても言いだろう。しかも他のスパロボの場合、テッカマンオーガン、ボン太くんイクサー十傑集ガンダムファイターといったな生身サイズユニットも存在するため、実はこれでもまだマシな方であるのが驚きである。

余談だが、上記のメンバーアレルヤが加えられているのは劇場版でのランニング描写が由来と思われる。


その後


再世篇』では第18話と第46話で生身チームが活躍。
第18話はテロリストに占拠されたアッシュフォード学園から学生たちを助け出すために上記のメンバーとほぼ同じ面子が登場。テロリスト部隊を殺した。
第46話ではパレスインサラウムにて囚われの身となっていたエウレカエスターを救うべく、ゼロは生身部隊を編成。
突入部隊隊長黎星刻メンバークロウアレルヤアスラン、甲児、シモンヴィラルタケル、斗牙、レントン
火器支援ゲイン、ヨーコロックオンミシェルヒイロトロワ、万丈。
陽動役に『アクエリオン』のエレメントと『ザブングル』のサンドラット、『キングゲイナー』のガウリ隊にくろがね五人衆。
兵員輸送にキリコ黒の騎士団、案内役にマルグリットと、メンバー欄を見るだけでおがいっぱいになる面子である。
当然、インサラウムの兵士達を殺し、マルグリットによる案内があったとはいえ、あっさりとアンローンの元へとたどり着いた。

破界篇』にべて、いずれも戦闘描写はあっさりしている。ちょっと残念

一方、続編『第3次スーパーロボット大戦』においては、『天獄篇』で一気に爆発することになった。
面子こそ潜入任務の為散って少ないが、それでもスペシャリスト傭兵軍団のミスリルSRTメンバー、『破界篇』でも参戦したアレルヤ(今度はハレルヤだが)とキリコエコーズの面々に、自慢の護衛戦が次々ちぎられていく。
その上兜甲児流竜馬というダイナミック双璧の実にダイナミック笑顔に挟まれ、兵員を率いていたオリジナルキャラギルター・ベローネは一言。

「う、うそ・・・やだ・・・」


スパロボの白兵戦について


第2次Zインパクトに押されがちだが、兵戦自体は割と他のスパロボでも見受けられる。
スパロボOGシリーズに計上された「無限のフロンティアシリーズや、スパロボOGが逆に外部出演する「PROJECT X ZONE」に至っては全編兵戦。その影で本来はパイロットであるアクセル・アルマーゼンガー・ゾンボルト化け物になったりしているが。
第2次Zが大きく取りざたされたのは、敵も強いのだがそれ以上に味方が圧倒的に強すぎて敵がされ、ある種ギャグな状態になってしまったからである。
たとえば「スーパーロボット大戦W」では、等身大サイズテッカマン人間状になった原種らとの兵戦が描かれ、「スーパーロボット大戦UX」では地獄公務員戦士サコミズ王の一騎打ちに、原作の好カードであるティトゥスvsウィンフィールドを始めとしたアンチクロス魔術師との死闘が立ったりする。
これらと第2次Zの違いは、敵が圧倒的に強いところ。ここまで来るとむしろスーパー生身大戦に該当する作品が多くなってしまうからだ。


関連動画



■sm14273881[ニコ動]

■sm15640609[ニコ動]

左:恐らくスパロボ最古のスーパー生身大戦。
右:クロスオーバーであると同時に声優ネタでもある。 

■sm528942[ニコ動]
■sm131546[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/07/31 07:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ