ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セイバーガンダム


ヨミ: セイバーガンダム
掲示板をミル!
54カキコ!

セイバーガンダムとは、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する機動兵器である。


概要


SAVIOUR GUNDAM
セイバーガンダム
ZGMF-X23S
全高 18.61m
重量 77.13t
搭乗者 アスラン・ザラ
装甲 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
武器

■im2676703(静画)

インパルスガンダムら他4機と同じくセカンドステージに位置するMS。MA形態への変形が可であり、大気圏内外を問わず優れた機動性を誇る。

他のセカンドステージ機と同様にデュートリオビーム送電システムVPS装甲によるエネルギー効率の優良さを併せ持つ事で従来機以上の高燃費、高性を実現している。

そのスペックは核動の有以外では前大戦で猛威を振るったフリーダムガンダムジャスティスガンダムと同等以上とされているという。

ロールアウトが遅れたためにアーモリワンには搬入されておらず、ファントムインによるガンダム強奪の魔の手から逃れることができた。その後、ギルバート・デュランダルの計らいによってザフトに復隊したアスラン・ザラの乗機としてミネルバに合流。同艦のMS隊の中核を担い、多くの戦果を挙げた。

だが、その後親友キラ・ヤマトの乗るフリーダムガンダムとかつての同胞アークエンジェル戦闘行為への介入に対し疑問を抱き、フリーダムと2度交戦するも四肢と頭部を切り刻まれ、戦闘続行が不可能となり大破。修理不可能と判断され当機はその役を終えた。


プロトセイバーガンダム


式番号はZGMF-YX21R(開戦前)、RGX-04(開戦後)。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』に登場する機体。アスレイスタッフく「悪いアムロ」こと、イルド・ジョラールが専属パイロットを務める。

重力下での可変、機動試験を的として製造されたセイバーガンダムのプロトタイプ棄される予定の実験機ではあるもののこれを元に開発されたセイバーと同構造であるため機体のポテンシャルは高い。
戦前地球連合特務情報局の手に渡り、新たに式番号が与えられた。その際にテスタメントガンダムと同じく量子コンピュータウィルス送信機が追加されている。

プロトセイバー+11

プロセイバーと捕獲したリジェネレイトガンダムのMA形態を合体させた機体。

元々リジェネレイトセイバー同様ザフト製の機体で、規格がある程度共通していたのか最小限の良で結合が実現した。モジュール結合したリジェネレイトニュートロンジャマー・キャンセラーと核エンジンを採用しているため、合体によってプロセイバー尽蔵のエネルギーを付与する。

また、プロセイバーウィルスリジェネレイト側の人制御が可である。


ヴァンセイバーガンダム


VS ASTRAY』に登場。式番号はLV-ZGMF-X23S。搭乗者はグゥド・ヴェイア、イライジャ・キール

ライブラリアンがセイバーガンダムを独自に修し、再設計したMS。「ヴァン」はフランス語で「」の意。他のライブラリアンが保有するMSの中ではしくセカンドステージの機体をベースに開発が行われているが、これはライブラリアンの関連組織がプロセイバーを保有していたことに由来するという。

他の修機のような大きな変化はないように思われるが、の取り付け位置が両肩に変更されるなどの差異が見られる。また、インフィニットジャスティスガンダムの武装であるファトゥム-01を参考にしたファトゥム形態が新たに追加されるなど原となった機体と較するとスペック、機体性質共に大きく異なる。

本機はカーボンヒューマンとして再生したグゥド・ヴェイアが操縦し、イライジャの前に立ちはだかる。その後はヴェイアが破損したこの機体を脱出し、イライジャからザクファントムを奪って逃走したため、イライジャ専用機として調整して運用することとなる。イライジャがガンダムタイプに乗るのはシリーズ初。

イライジャ仕様ヴァンセイバーは、ロウの案で捕獲したネブラブリッツの「マガノイクタチ・ストライカー」を装備。ミラージュコロイド制御に使用する新たなを手に入れた。


関連動画



■sm9644493?[ニコ動]

■sm14200145?[ニコ動]


関連商品


■azB0007WG3PC
■azB0007QS4WI
■azB000I6BI7A
■azB002NE793C


関連項目



最終更新日: 14/06/20 21:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ