ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セティ(ファイアーエムブレム)


ヨミ: シレジアジンハホウロウズキ
掲示板をミル!
25カキコ!

セティ(ファイアーエムブレム)とは、ゲームファイアーエムブレムシリーズに登場するキャラクターである。


概要


聖戦の系譜』と『トラキア776』に登場するキャラクター。どちらもクラスセイジ

聖戦の系譜』では子世代のキャラクターになるため、後半に登場する。システム上、母親フュリー人がいないか前半で死亡しているとセティは登場せず、代替キャラホークが登場する。

覚醒』では『聖戦の系譜』からダウンロードコンテンツの追加キャラの一人に選ばれている。


聖戦の系譜


第8章で初登場。同盟軍として単独でを守っている状態で登場し、セリスと会話することによって味方となる。フィーは既に解放軍に加入済みである。


キャラクターとしてのセティ


病気にかかり余命いくばくもない母親のために行方不明になっていた父親を探してに出たが、故郷シレジアからほぼ大陸の反対側に位置するトラキア半島北部のマンスターまで来たところでグランベル帝国に虐げられていた人たちと出会い、彼らを放っておけず、その地にとどまることになる。

やがてトラキア半島北部の帝国軍はセリス率いる解放軍により駆逐されるが、その直後にセティの滞在していたマンスターに漁夫の利を狙って南方トラキアが侵攻してくる。
セティはこの侵略から市民を逃がすため、たった一人でトラキア竜騎士に立ち向かう。解放軍の助もあり、トラキア軍を退けることに成功したセティはそのまま解放軍と行動を共にするのであった。
また、解放軍に参加していたフィーとも再会を果たし、彼女からがすでに他界していたことを知るのであった。

以上が大まかな汎用部分のセティストーリーとなる。『聖戦の系譜』では父親になるかや人をだれにするかはプレイヤー次第なため、エンディングで帰る人とのやりとりは多岐にわたる。

しかし、母親が通常数十ターンかかる恋愛システム視して会話ひとつで人関係が成立するなど制作が一押ししていると思われるレヴィンルートと、それまでのセティイメージを覆すティニールートに関しては若干ながら触れておく。

レヴィンという父親

まずはレヴィンというキャラクターにおいて少し解説が必要である。レヴィンシレジア王子でありながら王位継承の争いに嫌気がさし、を出奔したという過去を持つキャラクターである。
その後、踊り子にちょっかいをかけていたところをセティであるフュリーによってすったもんだの挙句に連れ戻され、そしてフュリーマーニャの犠牲を経たうえで、フュリー人となり、そしてシレジア王位を継ぐべく器『フォルセティ』を継いだという、かなりフュリーに迷惑をかけた男である。

このレヴィンルートではほかのキャラ父親となった時と明確な違いが存在している。それは父親の存命が確定していることである。ほかのキャラクター父親となった場合、生死は最後までわからないのである。

だが、レヴィンルートでは違う。レヴィンバーハラの戦いを生き延び、プレイヤーの操るセリス軍の軍師としてともに行軍しているのである。

したがって、「を探す」という彼の当初の的は達成してしまっている。の死にに間に合わなかったという負いはあるものの、彼を連れ戻すことは正統なシレジアの王を帰還させることでもある。しかし、レヴィンとの会話を行うと、レヴィンフュリーの死にもさほど動揺した様子を見せず、逆に「私には妻も子もいない」という絶縁宣言ともとれる発言を行う。

一体なぜこのような親子会話が用意されているのか、その答えはエンディングで知ることができる。エンディングにてセティシレジアは任せたというに別れを告げ、自らが王となってを立て直すべくシレジアに帰っていくのであった。

おまけ フィン父ルート

父親との再会という意味では、このフィンフュリーカップリングでも成立は一応可

ただし、このカップリングを成立させるのはなかなか難しいうえに、子供たちの強化の面でも取り立てて優秀なものはない。

それよりもセティたちの行動に矛盾が生じるのであまりお勧めはしない。

ティニーという恋人

終章にて、人同士になったユニットの間では専用会話が用意されている。セティにも当然用意されているのだが、その相手がティニーだった場合、「ティニーはかわいいな、私の宝物だ・・・」というの浮くようなセリフを吐いてくれる。

それまで勇者と呼ばれ、弱い人々を見捨てられず、生に戦ってきたと思われる彼がやっぱりプレイボーイだったレヴィン息子であると感じさせられるような会話である。


ユニットとしてのセティ


魔法最強ユニットのひとつ、セイジで登場する。上級職で登場するのでクラスチェンジによるステータスアップこそないものの、母親から受け継いだ「追撃」スキルと兵種スキルとして持つ「連続」があるため使いやすい。

子世代のため、父親によって強さに変動がある。魔法ユニットなので魔が上がりやすい魔法ユニット父親とした方がいいのは言うまでもないが、フィー重な飛行ユニットのため、そちら側を重視した場合戦士ユニット父親になる場合もある。
後者の場合、若干成長率が厳しくなるのは否めない。スキルの「追撃」「連続」で頑るしかないだろう。

セティを優先した場合、おすすめされる父親キャラクターの欄でも述べたレヴィン、もしくは魔の成長率に期待が持て、レベルにもボーナスがつくクロードになる。


トラキア776


聖戦の系譜』のサイドストーリーという位置付の本作では父親レヴィンで固定されている。

初登場は第4章外伝。正式な加入は第23章まで待つことになる。

フォルセティの脅威は今作でも健在であるが、リーフ軍への加入は別のキャラクターとの二択になる。もっとも、二択の相手よりもセティの方が何かと強いので彼を選んだプレイヤーの方が多かったのではないだろうか。


キャラクターとしてのセティ


今作でのセティストーリーは『聖戦の系譜』でのマンスターの人たちを見捨てられなかったというエピソードの詳細を追っている。セティの具体的な活動として、レジスタンスマギ団』という組織のリーダーとなり、帝国の圧政に立ち向かっていたということにされ、マギ団を率いて囚われの身になってしまった今作主人公リーフ脱獄を手伝った救出を行ったりする。

リーフ救出の際にはフォルセティで並み居る敵をなぎ倒し、経験値泥棒をしてくれた。リーフ強盗団のうわまえをはねるたぁ、なんてやつだ。を切り開いてくれる。その後、セティを除くマギ団はリーフ揮下に入り、彼は単身マンスターに潜伏してを解放する機会を待つことになる。

放浪の王子

前作『聖戦の系譜』でも触れられていたが、彼が父親を探してシレジアを出ている間に彼の母親は亡くなってしまう。

今作でもフィーの付き人という設定の新キャラカリンの死を聞かされ動揺するシーンが見られる時系列上、今作が『戦』の前なのに『戦』で初めて聞いたように見えるのは気にしないこと。このゲームにはもっと大きな矛盾が存在している)カリンセティシレジアへの帰還を促すものの、セティマンスターの人々のことを見捨てられず今は帰れないと断るのだった。

さて、このシーン、どこかで見覚えがないだろうか。出奔した王子ペガサスナイトが探しに来るも帰還を断る、というシチュエーションデジャヴを感じないだろうか。

前作『聖戦の系譜』をプレイした人ならピンとくるだろう。何を隠そう父親であるレヴィン母親であるフュリーにした行動をそっくりなぞっているのである。

何かと大切なときにけてしまう親子。やはり、血は争えないのかもしれない。

ナチュラル女たらしの王子様

さて、前述のカリンとの会話だが、話はこれで終わらない。

セティカリンを説得するにあたって、「今は帰れない、だが、いつかは必ず帰る」という約束をする。そのとして、セティ戦士に代々伝わる「セティの書」をカリンに渡す。
このセティの書は成長率アップ効果かつ敵の必殺を防ぐという重要アイテムなのだが、その説明として「本当は王妃を迎えるときに与えるもの」、さらに受け取りを拒否するカリンに対し「これは私の気持ちなんだ 受け取ってほしい」と追撃の勘違いさせるようなセリフを言ってくれる。

それでいて、『聖戦の系譜』ではああもの浮くようなセリフを言ってのけるあたり、いつか背中から刺されても文句は言えないだろう。ただし、前述したとおり『聖戦の系譜』と『トラキア776』の間には大きな矛盾点が多数存在しており、パラレルに近いものであるため、問題はないのかもしれない。
そもそも『戦』で人ができると決まっているわけでもないので、あるいは『トラキア』の正史では違った流れとなっているのかもしれない。それ以前に、フォルセティ持ちに攻撃が当たるわけがないのだが。

ちなみに、父親であるレヴィンも『聖戦の系譜』にてシルヴィアとフュリーの二人の女性との関係をこじらせあわや傷沙汰に発展しかけたことがある(OPデモ)。

複数の女性アプローチしてこじれさせてしまう親子。やはり、血は争えないのかもしれない。


関連動画



■sm2485618[ニコ動]

■sm7662260[ニコ動]
■sm4946673[ニコ動]


関連静画


■im1909095(静画)


関連商品


■azB000065V6S
■azB001C7DH00


関連コミュニティ


■co525


関連項目



最終更新日: 19/05/01 20:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ