ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セプティミウス・セウェルス


ヨミ: セプティミウスセウェルス

セプティミウス・セウェルス / インペラトル・カエサル・ルキウス・セプティミウス・セウェルス・ペルティナクスアウグストゥス145年~211年)とは、ローマ皇帝でセウェルスの初代皇帝である。


概要


ディディウス・ユリアヌスをはじめ、様々なライバルを打ち破り位についた。コンモドゥス没後の混乱を治め、久しぶりに安定した政権・王、セウェルスを築いた。


属州出身者からの即位


セプティミウス・セウェルスは北アフリカ出身で、レプティス・マグナでプブリウス・セプティミウス・ゲタの子として生まれた。属州出の地方者のにすぎなかったセプティミウス・セウェルスだったが、18歳の時ローマに出ると、マルクス・アウレリウス・アントニヌスに抜。一躍元老院議員となったのだ。

かくして191年には上パンニア属州総督の地位についたセプティミウス・セウェルスであったが、コンモドゥスペルティナクスの相次ぐ死没の知らせを聞くこととなる。193年、ドナウ軍に皇帝とされたセプティミウス・セウェルスは、ローマへ進軍。ディディウス・ユリアヌスが殺されると、軍は入した。また抜けないセプティミウス・セウェルスは親衛隊を抱き込みペルティナクスの敵討ちを行う。こうしてペルティナクスの名が称号に入っているのである。


相次ぐ軍事行動


こうしてローマ皇帝となったセプティミウス・セウェルスの最初の相手はシリア属州総督ニゲルであった。彼は東部軍団に皇帝とみなされ、ビザンティウムを抑えていたのである。しかしセプティミウス・セウェルスの軍勢は勝利を重ね、194年にはイッソスの近くで決戦。ニゲルも殺され、ニゲル軍はパルティアへと保護をめて潰走していった。

次の相手はブリタニア属州総督のアルヌスである。しかしこちらはニゲルと勝手が違った。というのも、ニゲルと戦っている間、アルヌスを敵に回さないために「カエサル」の称号を与えていたのである。

しかし194年、長男セプティミウス・バシアヌス、後の皇帝カラカラマルクス・アウレリウス・アントニヌス名させ、「カエサル」の称号を与える。つまり自分たちこそアントニヌスの後継者であり、アルヌスは自分の後継者にはなれないという明確な宣戦布告だった。

こうしてアルヌスブリタニアの3個軍団、さらにスペインの第7軍団「ゲミナ」を引き連れ進軍する。内政を整え足元を固めたセプティミウス・セウェルスは197年に進軍。両者はリヨン郊外決戦を行う。セプティミウス・セウェルスは運よく勝利し、アルヌスを討ち取ったのである。


セプティミウス・セウェルスの治世


かくしてニゲルアルヌス勝利したセプティミウス・セウェルスは、両者の支持者を惨殺。「カルタゴのスラ」とまで呼ばれた容赦のない政策を進めた。こうして元老院の支持は地に落ちる一方、軍隊の支持を集め、パルティアへと進軍した。結果はクテシフォンを陥落させる大勝利であり、メソポタミア北部はトラヤヌス以来久しぶりにローマ属州になったのであった。

ところが202年、長男カラカラの後継者進めの中で、彼に友人プラウティウスのフルウィアをがせようとしたところ、評判のよくないプラウティウスのとの結婚カラカラが嫌がったのである。カラカラは計略を巡らせる。かくしてプラウティウスは暗殺の陰謀の咎でく間に処刑されたのであった。

さらにカラカラゲタの仲が悪くなっていった。しかしセプティミウス・セウェルスのブリタニア紛争対策で一家が外征に向かったことで、両者の関係はセプティミウス・セウェルスの生前はうまくいっていたようだ。さらにカラカラによるセプティミウス・セウェルス暗殺の陰謀まで起きたブリタニア遠征の最中、ついに211年にセプティミウス・セウェルスは亡くなったのであった。


関連項目



最終更新日: 19/05/25 05:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ