ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セモベンテM40


ヨミ: セモベンテエムヨンジュウ
掲示板をミル!
10カキコ!

セモベンテM40またはセモベン75/18とは、イタリア軍第二次世界大戦中に開発・生産した自走砲である。
ちなみにセモベンテとはイタリア語自走砲のことである。
当記事では本である「M41」および「M42」「M43」についても、バリエーションの一種として取り扱う。


概要


1940年、フランス戦線においてドイツⅢ号突撃砲は活躍し、ドイツの快進撃を支えていた。
それを知ったイタリア軍砲兵大佐セルジオ・ベルレセは、わが軍にもⅢ号突撃砲の様な車両が必要だと進言し、開発が開始される。

体はM13/40戦車のものを流用し、固定式の密閉された戦闘室にセルジオ・ベルレセ大佐が以前作った75mmのDa 75/18榴弾が搭載されもので、その年の内に制式となり、量産が開始された。翌年の1941年には第一号完成している。

(余談だが、日本ドイツ3号突撃を参考にして直協戦車なる類似兵器を構想していたが戦局の悪化などに伴い実現していない。似たようなものに砲戦車があるがこれは突撃とは違った流れを兵器である。)


実戦


生産された車両北アフリカ戦線に投入される。
そして自走砲としての歩兵支援任務だけではなく、対戦車戦では駆逐戦車として、連合M3中戦車M4中戦車を撃破するのに有効に役割を果たした。このことからイタリア軍で一番活躍した車両でとまで言われるほどであった。

イタリア降伏後は車両や製造工場はドイツにより接収され、ドイツ軍によって使用された。


バリエーション



関連動画



■sm24100651[ニコ動]


関連商品


■azB000BN1956


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/02/21 22:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ