ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セリス(ファイアーエムブレム)


ヨミ: セリス
掲示板をミル!
53カキコ!

セリス(ファイアーエムブレム)とは、ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜」の後半の主人公である。

CV:内田雄馬ファイアーエムブレム ヒーローズ


概要


フルネームは、セリスバルドス・シアルフィ聖剣ティルフィングの継承者。クラスジュニアロードロードナイト。

父親は前半の主人公シアルフィシグルド母親グランベル王国王ディアドラ。異ユリウス、異ユリアがいる。

父親譲りの母親に似た顔立ちを持つ。

聖戦の系譜の続編のトラキア776にも登場するが、そちらではイベントのみの出演となっている。

覚醒以降の海外版では名前がSeliphとされている。読みセリフセリスも由来がよくわからないネーミングではあるが……。


出生


父親シグルドのアグストリア駐屯中に生まれるが、まだ赤ん坊のうちに母親ディアドラ行方不明になってしまう。その後、シグルドに懸けられた嫌疑によりを捜す暇もなく北方シレジアに亡命したに従う。

翌年、シグルドが嫌疑をらすためグランベルに攻め入るに当り、万が一を考えてセリスシグルド軍軍師のオイフェとシグルド軍に保護されていたイザーク国王子のシャナンに託されイザークに逃れる。

以上が、セリスが生まれてからの第一部の流れであり、ここまではセリスの姿はゲーム上に登場しない。
また、この時点ではセリス母親であるディアドラグランベルの王女であることは知られておらず、したがってセリス王子であることも判明していなかった。


第2部の主人公


グランベルに進行したシグルド軍がバーハラの悲劇に散って17年後、セリスは潜伏していたイザークの皇子を名乗り挙兵。

ここからイザーク、トラキア半島、ミレトス、グランベルと各地を転戦し、をとり最終的にグランベル帝国を打倒するまでが聖戦の系譜第2部の流れとなる。


ユニットとしての性能


初期は下級クラスで登場するため、若干ステータスは低めで歩兵なため機動シグルドべると低い。だが、シグルドから受け継いだバルド直系とディアドラから受け継いだヘイム傍系の血の為、成長率は非常に良好。

ステータスにはほとんどがないが、取り分け魔法防御の成長率が高いことが魅で後半のスリープも怖がることなく進軍できるのが嬉しい。初期値はシグルドディアドラ次第で若干変動するが、全ステータスカンストを狙っているわけでもなければそこまで神経質にならなくてもいい。

最初からそれなりに強いが、攻撃面ではラクチェスカサハ兄妹べるとさすがに物足りなさを感じるかもしれない…。
また、レベルが低いうちはやっつけ負けによる討ち死にに注意。(戦は再移動システムの影もあってよくやっつけ負けが起こる)

クラスチェンジを済ませれば騎ユニットとなり移動の不安もなくなる。また、クラスチェンジ後も「おりる」コマンドでいつでも歩兵ユニットに戻ることもできる。ロードナイトの上限は若干低いという欠点もあるが、その弱点もティルフィングというチート武器のおかげでかすむだろう。リングを使って補強をするのも手だが、そこまでしなくても十分に強いキャラなので他のキャラに回した方がバランス的にはいい。

恋愛に関しては父親とは違い自由に相手を選ぶことが出来、ほとんどの相手と終章で専用会話がある。
ただし、回復役として初期から登場するラナが近くにいると親密度が勝手に上がってしまうことが多いので他のキャラ当てなら距離をとっておくこと。→ラナオウ
戦略的には近くで一緒に戦えるキャラ人な方がいいが、親世代ほどカップリングは重要ではないので基本的にプレイヤーの好みで選んで構わないだろう。

指揮能力・スキル

父親シグルドえる指揮官3つを持つ(シグルド2つ)。オイフェに幼少時から仕込まれたのだろうか。

スキルは追撃と見切り。
手さこそいが、事故死が少なく堅実な戦果が期待できる。
見切りを持つため、ティルフィングとあわせてラスボスユリウスとまともに戦える数少ないユニット補となる。
とはいえ、攻撃が半減してしまうためパワーリングを持ち限界まで攻撃を上げていても攻撃60÷230
5×2ずつしかダメージが通らない上ユリウスは毎ターン回復するため、効率の面ではユリアには圧倒的に及ばない。
ダンサー支援を活かしつつ地に削っていくことになるだろう。
ちなみに、セリスで倒すと専用の台詞があったり、ユリアが敵の状態でも自然洗脳が解けたりといった専用のイベントがあるため一見の価値あり。

武器

父親から受け継ぐであろうはおそらく必殺が出せる50状態になっていることが予想されるため、非常に強
基本的にはこれ一本でいいが、魔もあるので間接攻撃対策に魔法を持たせておくのもいいだろう。
クラスチェンジ後はも使えるようになるが、戦のは重量があるし、だけで間に合っていることが多いので特に持たせる必要はない。

終章間近で手に入れられる専用武器である器「聖剣ティルフィング」は技・速さが10、魔法防御が20もあがる上にHPが少ないときはスキル「祈り」が発動するというチートを持つ。
もともと母親譲りで高い魔法防御と合わせて魔法攻撃に対しては鉄壁となるだろう。
前半・後半ともに終盤で手にすることになるのでを稼ぐのは難しいが、親世代のうちにを稼いでおけば終章で無双の活躍が出来ることだろう。

プレイを行う際はリングを持てるだけ継承させたいところだが、アイテムによってはわざと継承させずに第2部のドロップアイテム化する方が有効な場合も有るので色々頭を悩ませることになる。


覚醒において


いつの間に通信で出現するセリスクラスソードマスターである。スキルは「回避+10」「待ち伏せ」「流星」「の達人」「カリスマ」。イザーク仕様かな?

DLC「王対王 決戦編」にて「異界セリス」として登場、クリアすると異界セリスエリートの書をゲットできる。異界セリスソードマスターで、スキルは「疾風」「回避+10」「カリスマ」。顔グラは聖戦の系譜のノベライズの挿絵を担当した鈴木によるもので、イザーク仕様の流れなのか羽織のような和装っぽい出で立ちでこれまでのセリスイメージとは随分違ったものとなっている。

セリス本人以外では「セリス」がマスランダムで拾える。Bレベルが要されるが威以上の12、速さ・魔防に+2のボーナスという強な性を持っている。ティルフィングは別にあるので付きのイメージだろうか?


ヒーローズにおいて


2017年配信の『ファイアーエムブレム ヒーローズ』にも登場する。

ピックアップ召喚「兄妹」にてユリアと共に実装聖戦の系譜キャラでは一番乗りである。聖剣ティルフィングの高い攻撃に加えて、パッシブスキル「差し違え」によりHPが減った状態で確実に追撃出来るため火力は充分に備えている。

その反面速さが低く、5のMAXにしても27で、この数値は同じ5士であるリンディス37ルキナの36とべても一段低く、闘技場で同レベルキャラと接触したら確実に追撃を受けてしまう。また、原作で高かった魔法防御もやや伸び悩み魔法も苦手。差し違えで確実に倒す、極1対1に持ち込むなどの戦術が要される。


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALにおいて


スピリッツアドベンチャーモードなどでファイターを貸すキャラクター)として登場。

入手するお題はマルスシグルドカラーアイクとの乱闘勝利するという内容。またマルスピンチになると防御アップする。

スピリッツとしての性HOPE(いわゆるアンコモン級)のアタッカー攻撃の威アップする特殊を備えている。サポータースロットは1と所詮HOPEクラス程度の性と言える。

ヘラクレスの栄光 魂の明のヘラクレスと合わせて元の世界に帰すことでWii Fitトレーナーの「英雄ポーズ」のスピリッツ召還できる(※スマブラSPの設定上、召喚ではなく召還)。


FETCGにおいて


NTT出版で発売されていたTCGでは、歩兵の制圧ユニット(敵の地に侵入すればその時点で勝利だが撤退すると自分のユニットが全て後退するデメリットあり)として登場。
他の制圧ユニット魔道士だったり騎士だったりと攻撃範囲や機動に優れるユニットだったのにべて彼は機動打点も低く、おまけに下級職ということで非常に弱かった。
見切りスキルによる耐久や高い武器レベルは魅だったものの、当時打点・機動・制圧共に最強とされていた制圧ユニットトラバントも同じく見切りを所持していたのでメリットとしては今一歩。
制圧を失ったプロモ版も登場したが、こちらは打点ソードファイター以下になっていたのでファンデッキでしか彼に出番が回ることはかった。

そんな不遇な扱いを受けていた彼に活躍の機会が回ってきたのは、3弾パックから。
念願のクラスチェンジ版とティルフィングがついにカード化されたのである。
クラスチェンジ条件としては相手に一太刀浴びせるかサプライズカードを使う必要があるため活躍させるには下準備が必要だが、その分クラスチェンジの恩恵は大きい。
まずに乗ったことで機動が大幅にアップし、トラバント並の制圧が得られる。
見切りのコストが減るのも嬉しく、効率的に身を守ることが出来るようになるのも見逃せない。
他にも反撃時の打点が上がったり三すくみ打点が上がったりといったメリットもあるが、やはり制圧ユニットとして欲しいを手にすることが出来るようになったことが最大の売りと言えるだろう。
後に素でレックリングを装備している騎兵並の機動を持つセリスなども出たが、打点が低くユニットとしては貧弱だったのでクラスチェンジの足がかりとして使われていた。 まとめると、『デッキ圧迫するので専用デッキを作る必要があるものの、秘められたポテンシャルは高いユニット』といったところ。
底的に切り詰めたガチデッキに対抗するのは難しいものの主人公ということでファンは多く、彼を使うために熱心にデッキを組む人も当時は少なくなかった。

ここで、親子三世代で使うことが出来るティルフィングの性についてもっておく。
戦士の武器共通の特徴としては『一撃で大剣に勝る打点叩き出せる』『サプライズカードによる防御を不可能とする(こちらからの強化も基本的に不可能だが)』『手札からデッキに戻すことでコストとして支払ったチップを一部回復』
が挙げられるが、この武器ならではの特性として、『相手の反撃ダメージを大きく軽減する』というものがある。
これらの特性から信頼性が非常に高く、高いコストを払って使っても反撃で倒れるということが少なく戦士の武器の中でも癖のない武器であった。
打点で勝るミストルティンや持ちと相俟って凄まじい攻撃範囲を持つスワンチカにべればやかさには欠けるものの、使い手が3人ともそれなり以上の性を持っていたので腐りにくく、シアルフィデッキセリスデッキでは歓迎されていた。


雑記



次へ»
最終更新日: 19/08/27 23:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ