ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セルアニメ


ヨミ: セルアニメ
掲示板をミル!
99カキコ!

セルアニメは、セル画を撮影して作られるアニメーション


概要


セル画セルと呼ばれる透明シートこの名称はかつて素材として用いられていたセルロイドに由来する。素材にはのちにアセテートが使われるようになった。キャラクター等の絵を描いたもの。背景の上にセル画を重ね、セル画の差し替えにより動きを付けていくのがセルアニメの制作手法の基本である。

透明な素材を用いるため、演技するキャラクター背景を別に描き、コマごとにキャラクターのみ動かして背景を流用することができる。加えて、キャラクター自体も動く部分(や口、髪の毛など)を動かない部分と分けて作画することが可となる。このため、セルアニメは素材を用いたアニメーションの中でも性に優れ分業に適するという利点があり、日本においては商業アニメーション制作手法として流になった。

内のアニメスタジオでは、1997年ころからセル画を用いる工程のデジタル化(後述)が進んでいた。テレビ作品としては最後のセルアニメとして制作されていた『サザエさん』が2013年10月デジタル制作全移行し、セルアニメはテレビから姿を消した。


制作工程


セルアニメの制作工程のうち、セル画に関係する部分を略述する。


トレス


動画に描かれた「動画」の線をセルに写し取る工程。トレスする線は鉛筆で描かれた線と、色鉛筆で塗り分けを示した色トレス線の2種。はじめは手描きによるハンドトレスを行っていたが、熱で鉛筆の描線に含まれるを焼き付けるトレスマシンの導入により、線に関しては転写の自動化が実現した。


彩色


アニメカラーと呼ばれる塗料をセルに塗る。この工程と、エアブラシ等による特殊効果をもってセル画完成する。塗料はセルの裏面に塗られるため、表からは動画の線が塗りつぶされずに残る。アニメカラーの色数は限られており、既成品にない色が必要な場合はスタジオでの混合やメーカーへの特注が行われた。


撮影


撮影台に背景セルを重ね、カメラを用いて1コマずつ撮影する。背景セルカメラの移動により、実写映画で用いられるような種々のカメラワークを実現する。また、多重露等の学的手法により、発、透過などの視覚効果を加える。

撮影台の仕組み、撮影の方法については以下のWEBサイトにて図付きで解説されている。


デジタル化


前述のとおり、現在テレビアニメ劇場アニメデジタル制作されている。

デジタルアニメ制作では、動画スキャンしてデジタルデータにする作業に始まり、色、撮影から完成にいたるまでの工程をコンピュータ上で行う。デジタル化に伴い、セル画にまつわる様々な作業が不要になり、工程全体の大幅な化が実現した。

加えて、3DCGによるキャラクター背景デジタルペイントによる背景活用されるようになった。作画工程は今なお紙鉛筆による作業が流だが、液晶ペンタブレットを用いたデジタル作画も取り入れられつつある。

デジタルアニメ制作セル画そのものは用いられないものの、「セル」という用デジタルデータとしての素材として用いられている。


関連動画



■sm5738253[ニコ動]

■sm5738467[ニコ動]


関連商品


■azB0041NIX74
■azB002EL46G2
■azB003ZUM7R6
■azB002EL46KI


関連項目



最終更新日: 15/03/31 23:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ