ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


セレナ(ポケモン)


ヨミ: セレナ
掲示板をミル!
1136カキコ!
ポケットモンスター > ポケモントレーナーセレナ

セレナとは、ポケットモンスターX・Yにおける主人公女の子)である。

基礎データ
名前 セレナ 性別 女性
英語 Serena 年齢 10歳(アニメ)
使用タイプ 不定 特徴 オシャレ好き
地方 カロス 分類 主人公/ライバル
声優 牧口真幸 世代 6世

[画像を見る]


概要


[画像を見る]

アサメタウンに住む女の子主人公女の子を選ぶとプレイヤーキャラクターとなり、男の子(カルム)を選んだ場合は主人公友達ライバルの一人となる。「セレナ」はライバルキャラになったときの名前。プレイヤーキャラクターの場合、ロングで後ろの先端を結んでいる。ライバルキャラになった場合、帽子を脱いでポニーテール姿になる。

なお、プレイヤーキャラクターは後から髪型装を自由に選べるのだが、初期状態ではライバルキャラのようなポニーテールにすることが出来ない。髪型を変えられるミアレシティサロン・ド・ロージュは、主人公スタイリッシュ度を上げて初めてポニーテール髪型ラインナップに加えてくれる。 

ついでに言うと、女主人公の洋髪型ラインナップは男主人公の倍もあり、着せ替えを楽しむために敢えて女主人公を選ぶ男性プレイヤーもいるという。男主人公しかいなかった初代からすれば考えられないような状況である。更に、お金をためにくい殿堂入り前の時点で次から次へと洋お金をつぎ込み、ポケモンアイテムを買うのに苦労する人もいるとかいないとか…。

主人公としてのセレナ

物語開始前にカロス地方アサメタウンに引っ越してきた女の子で、元サイホーンレーサーとして有名なサキ母親。引っ越し々、サキと引っ越してきたと言う話を聞きつけたプラターヌ博士興味を持たれ、博士ポケモン図鑑を託す相手として選ばれた。

共にトレーナーとして歩み始めるカルムサナ、少しだけトレーナーになったティエルノトロバと共に5人で立つことになる。


ライバルとしてのセレナ


御三家プレイヤーが選んだポケモンに有利なタイプを選択する。不利なタイプポケモンを選択するサナとは対照的である。セリフ背景で写される。

ベテラントレーナーの両親に色々教わっているため、ストーリー序盤ではアイテムをくれたり助言をしてくれたりする。

歴代の主人公と違う性別の友達は、行き当たりばったりの展開でも淡々として明るい性格だったが、セレナは冷静な面が多く、対戦することも多いのでライバルポジションというような感じとなり、主人公含む5人の中で知恵袋的な存在となる。

冷静な態度をとる彼女でも、主人公とタッグを組んだイベントバトル勝利すると、ニコニコ笑顔を見せながらガッツポーズをするという負けず嫌い性格もあり、ギャップ萌えを見せる。


使用ポケモン


ニャオニクスの性別が違う他は、カルムの手持ちと同一である。

1回目(マスタータワー)

2回目(ヒヨクシティ)

3回目(14ばんどうろ)

4回目(ヒャッコクシティ)

5回目(チャンピオンロード)

6回目以降(キナンシティ)


アニメ版のセレナ


XY編第1話にサトシよりも先に登場。実家にはゲーム本編主人公同様、サイホーンヤヤコマがいる。
母親ゲームと同じく元サイホーンレーサーで、セレナサイホーンレーサーになるためのトレーニングを行っていたが、当の本人はあまり乗り気ではない模様。しかし、あることをきっかけにポケモントレーナーとして立つことを決意する。

その後第5話ハクダンティにてジムリーダービオラに挑戦するサトシに合流。ヒロインの合流としては最も遅く、レギュラーメンバーとしても無印編5話のタケシに並ぶ。また、ジム挑戦一回が敗退に終わったサトシにハンカチを差し出したセレナは不安そうに「覚えてる?私のこと・・・」と尋ねるが、多くの視聴者の予想通りサトシはその場では思い出せなかった。しかし第6話でサトシに幼い頃サマーキャンプで怪した所を助けてもらい知り合いになったことが判明。当初からセレナサトシ幼馴染か?と視聴者間でも噂されており、サトシセレナとの会話の中で「あの時の女の子セレナだったのか!」と思い出していた。また、この回より正式にサトシ一行に加わることとなり、母親にも応援されている。

行動自体は高く人当たりもいいが性格は少しおとなしめ。注してほしいとき「ジャジャーン」と言うのが口癖。ただしラップ兄弟に対して「ラップのつもり?」と言って彼らを凍り付かせるなど、時々さらっとキツいことも言う。自分の本当に好きなものを見つけるべくサトシ達に同行しを続けていたが、サナの影トライポカロンというアニメオリジナルポケモンコンテストのようなもののパフォーマーをすことになった。

お菓子を作ったり自分でワッペンを付けたりと歴代ヒロインの中でも高い女子力を持つ。
中でもサトシには好意に近いものを抱いているのか、サマーキャンプの時のお礼として赤面しながらクッキーを手渡したり、自作ワッペンを付けた作業着を着た際に「どう?サトシ」と言ったものの当のサトシはそれに気付かず一ムッとした表情→その後笑顔など様々な表情を見せている。

60話、ヒヨクシティ大会でトライポカロンデビュー。遂に夢のスタートラインに立ったセレナであったが、小さなミスが災いしてあえなく1stステージ敗退。初戦とはいえ配慮が足らなかったと悔やむものの、を切って決意を新たにし、カロスクイーンへと続く長いのりを歩み始めた。感動の神回


ゲーム版との相違点


初期衣装はサトシ過去ヒロイン達と同様に、ゲーム版の容姿に若干の変更が加えられている。

60話からは新衣装にチェンジショートヘア系でまとめたノーリーブワンピースジャケット、中折れハットに色のブーツ、胸元にはサトシから貰ったリボンをあしらっている。アニメスタッフが知恵を寄せ合って考えたオリジナルデザイン[外部]らしい。

なお、ゲーム版の女の子主人公ヒロインとなるのは「ダイヤモンド・パール」のヒカリ以来である。


手持ちポケモン



お絵カキコ


[画像を見る][画像を見る][画像を見る]


関連静画


■im3342680(静画)
■im2737211(静画)

タグ「セレナ(ポケモン)」でニコニコ静画を検索[外部]


関連動画



■sm21866799[ニコ動]


関連商品


■azB00B20AG3S
■azB00B20ANYK


関連項目



最終更新日: 16/04/16 11:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ