ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゼルダの伝説 スカイウォードソード


ヨミ: ゼルダノデンセツスカイウォードソード
掲示板をミル!
1419カキコ!

ロフトバードに乗り、大空を飛ぶリンク(byはやしゅー氏)

ゼルダの伝説 スカイウォードソードとは、2011年11月23日任天堂より発売されたゼルダの伝説シリーズアクションアドベンチャーゲームである。
対応ハードWii。また、Wiiモーション+専用ソフトでもある。2016年9月2日にはダウンロード版がWii Uで配信されている。


概要


2008年開発中と言及され、2009年に一枚のイメージイラスト開、2010年E3にてPV開され、会場で体験版プレイすることが出来た。
トワイライトプリンセス」と「風のタクト」を足して2で割ったような、リアル等身のアニメ調なグラフィックと、モーション+を生かした体感操作が特徴。グラフィックは他にもディズニーっぽいとも、「神々のトライフォース」を3Dにしたようだとも形容される。
発売時にはWiiリモコンプラス25周年オーケストラコンサートスペシャルCDが入った同梱版が発売された。
リモコンの色はゼルダ仕様色である(実際は土色に近い)。
Wiiリモコンプラス付きセットは数量限定、CD同梱版も年内出荷のみ。


世界観


天空に浮かぶスカイロフトとその下にある地上を舞台とする。スカイロフトの下は地上が全く見えないほどのに覆われており、周りには小さなや岩が浮いている。地上は魔族が支配している模様。
にあるということか、人々は巨大なを使って移動している。その乗り方が命知らずで、何との端にある崖からタイブし、それをがキャッチする。失敗すれば命を落としかねない明らかな危険行為であり、人々はそれだけのコトを信頼していることが伺える。(ちなみににキャッチして貰えなかった場合はの周りを巡回している人たちに救ってもらえる。)
これだけならいつものゼルダ(?)なのだが、E3 2010の時点で「時オカより数年前の話」「マスターソードの誕生が明かされる。」「遊びの密度を高めたい。」とられており、ユーザーの期待は高まっていった。
そして『ニンテンドードリーム2011年8月号のインタビューで衝撃の事実が判明した。
何と今回のゼルダは「学園物」の要素が入っているという。
「悪の親玉を倒し、世界を救うストーリー」が基本のゼルダで、「学園物」ということに衝撃を受けたユーザーは多いのではなかろうか。
さらに「フィールドが狭い分、ゲームの進行でフィールドが変化していく」「スカイロフトでは様々なイベントが発生する」とられている。


評価


ゲーム雑誌などのレビューではかなり評価が高い。どれぐらいかというとIGNやファミ通を始めとするサイトや雑誌で満点を連発、挙句には「時オカえた。」と評価するレビュアーまで出てきた。

そのあまりにも高い評価を受けて「社長が訊く 何時間も『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』を遊んだ人達編」が出来たほどである。

ただ、このゲーム、進行不能になるバグが存在する。詳しくは任天堂の公式サイトで。[外部]
普通にプレイしていればまずこのバグは発生はしない、万が一進行不能になったらリンク先のやり方で対処を推奨


ストーリー


騎士学校に通うリンク学校の課題試験でもあるイベント、「乗りの儀」に参加する。この試験はとのが試され、優勝すればゼルダからプレゼントを貰える大事な日であった。しかし、大いなる運命が2人に訪れる。
なる精霊ファイに導かれ、リンクはまだ見ぬの下の世界へと向かうことになる。


登場人物


リンク
ご存知主人公。念の為に言っておくがゼルダという名前ではない。
スカイロフトに住む少年であり、騎士を養成している寄宿学校に通っている。
ある日、失踪したゼルダを探すために存在すら知らなかった地上に降り立つことになる。
ゼルダ
ヒロインシリーズ初のお様でないゼルダであり、これまでの幼馴染ポジションに当たるリンクの友人。
髪型前髪パッツンで、これまでのゼルダと容姿の共通点が少なく、最初はなのかわからなかった人もいる模様。
ニコニコ動画ではカワイイともっぱらの評判。「トワプリ」と同じくスタイルも抜群である。
リンクと同じく寄宿学校に通っている。クラスメートにも好かれているが、本人はリンクのことを好いている模様。ある日、竜巻に巻き込まれて失踪する。
ファイ
シリーズ恒例のナビゲーター。リンクの持つ精霊
感情も性別も存在せず、いかなる状況でも物事を機械的に判断する。
2009年イメージイラストに描かれていたのはこのファイである。
ギラヒム
今作の悪役であり、リンクライバル的存在。
詳細はギラヒムの記事を参考して頂くとして、一言で表すとキモくて強い。
カッコいいかどうかはプレイヤーの判断に委ねる。
ロフトバー
シリーズ恒例となりつつある乗り物スカイロフトの人々が使用する
その姿からニコニコ動画ではハシビロコウと呼ばれる。
リンクが乗るは幻の族と呼ばれるであり、地上とスカイロフトを行き来するを持つ。
正式名称は「ファミ通」のニコニコ生放送にて判明。
テリー
トゥーン系のゼルダでお染みの登場人物。まさかのスカイウォードソードに登場である。
今回も商人で喋り方も相変わらずだが、今までの3頭身から8頭身に変わり、更に舞台ということからか船には乗っておらず、代わりに飛行船を使っている。
自転車が動のようで、走りながらリンクの応対をする。
バド
リンクが通っている学校クラスメート。ゼルダリンクに好意を抱いていることと特別なを所有していることに嫉妬して、リンクに悪だくみを仕掛けてくる。「時オカ」のミドのポジションに当たる人物だが、かなりの悪人面である。
ゲポラ校長
リンクが通う騎士学校校長で、ゼルダ父親。顔が「時オカ」に登場したフクロウ、ケポラ・ゲボラにそっくりであるため、何らかの関連が予想されている。
女性
PVに出てくる女性ゼルダの身を守っているようだが…。
ボコブリ
本作の要なザコ敵。様々な場所で悪事を働いている。そのため出会う機会が非常に多い。かなり賢く、リンク攻撃を余裕で防いだり、リーダー格がいたり、リーダー仲間を集めたりする。……が、ファイからは知が低いと馬鹿にされている。ちなみにパンツに執着しているらしい。

本作のシステム


今作は従来の「ゼルダ」に存在しなかった要素が多い。
特にの操作性はモーション+により格段に上がっており、「スカイウォードソード」のタイトルにある通り、重要な要素になっている。

システムの変更点、追加点は非常に多岐に及ぶ(この項はかなり長いが、これでもまだ書ききれていない)が、

の三つが中心となっている。


剣を自由な方向に振り回せる


従来の「ゼルダ」にも縦り、横りとの方向を操作できたが、あまり重要な要素ではなかった。
今作ではを様々な形に構えられ、自由な方向でることが出来、相手もそれに合わせて防御してくる。
そのためる方向を考えてを操作する必要がある。なお、勘違いされやすいが「突き」も出来る。
一方、「トワプリ」のシステムはなくなっており、必殺技といえるのは以下の4つの剣技のみとなっている。 下記のアタックを含めれば5つ。

また、多くのアイテムがZ注中のオートエイムがなくなっている。これらの要素から多くのゲームに見られるような大量の必殺技魔法を扱う物とは全く違う、ファミコンゲームや初期の格闘ゲームのようにシンプルスッキリとしたものに仕上がっている。


ダウジング


ファイを利用してゼルダアイテムを探し出すことが出来る。使用する際は一人称視点になり、ポインタで探索対を探す。対が近くなるとポインタが点滅する仕組みである。


盾の耐久値追加


従来の「ゼルダ」ではは非常に強な防具であり、金属製ともなれば、一度構えれば一部の攻撃を除き、ほぼ全ての攻撃を防御できるほどであった。
しかし、今作では構えても敵の攻撃によっては仰け反って構えを解かれ、隙だらけになってしまう。
代わりにヌンチャクを使って相手の攻撃に合わせて振ることにより、敵の隙をすことが出来る。
(「月華の剣士」の弾きや「ソウルキャリバーシリーズガードインパクトに近い。)
ただし失敗した場合耐久値が減り、最終的には壊れる。だが、修理に出せば耐久値を回復することができる。
技の名称はアタックだが「トワプリ」と異なり敵の攻撃に合わせないと隙をさらすことは出来ず、
兜割りをすることもできない。代わりに成功した時に敵が隙をさらす時間は「トワプリ」よりかに長い。


モーション+を用いたメニュー


今作のアイテムを選択するメニューリング上に表示され、リモコンを傾けて選択する形になっている。
かなり便利だが、使用している間にも移動が可で時間も進んでいく。
そのため、戦っている最中に使うとダメージを受ける可性がある。
通常のアイテムを使用するメニュー空き瓶を使用するためのメニューの2つが存在する。
空き瓶を使用するためのメニュー改造したり、持てる持ち物を増やしたりすることが出来る(後述)


がんばりゲージ


わばスタミナゲージダッシュ回転斬りなどの行動で消費する、使い過ぎるとバテてしまう。
がんばりゲージは使用すると表示され、使用を止めるとすぐに回復する。


ダッシュ


今回の「ゼルダ」ではダッシュすることが出来る。
「今までもスティックを最大に倒せばダッシュしたじゃん。」と思ってはいけない。そんな遅い走りではないのだ。(そもそも従来作ではただスティックを最大に倒すだけよりい移動方法があったので、走っていたと思ってもいなかった人がどなのでは・・・。)
これを使うことで、通常では上がれない急な坂を上がることができる、普通では届かない少し高いを登る、それを応用し大きなを持った敵を踏みつけ背後に回る、などの特殊アクションが存在するのである。

なお2Dゼルダでもダッシュによる特殊アクションが存在したが、3Dゼルダでは今作が初となった。


精神世界 サイレン


ある場所にを刺すと行くことが出来る世界。「心の試練」という設定である。
通常のフィールドが薄暗くなった形である。この世界ではリンク防備で、攻撃が出来ない。
その状況で「ガーディアン」と呼ばれる敵を避けつつ、「精霊」というアイテムを集めなければならない。


鳥に乗っての飛行


リモコンを用いた操作でに乗ってを飛ぶことが出来る。の上を飛ぶことも出来る模様。
他にもミニゲームをしたり、を舞う敵を追いかける等、様々なシチュエーションを楽しむことが出来る。
スカイロフトと地上との行き来もを使うのだが、地上やスカイロフトにに降りる時はと共に降りるのではなく、から降りてスカイダイビングする。スカイロフトに戻る際は石像に来るのだが、戻ろうとすると突如何もないにぶっ飛ばされ、その状態でを呼ぶ。


アイテムの強化



次へ»
最終更新日: 19/11/01 21:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ