ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゼンガー・ゾンボルト


ヨミ: ゼンガーゾンボルト
掲示板をミル!
140カキコ!

に断てぬものし!」

ゼンガー・ゾンボルトとは、スーパーロボット大戦シリーズに登場するキャラクターである。
CV小野健一ゲームアニメ等全ての媒体で共通)。作中の会話から、ファンからの称は親分など。


概要


初登場はスーパーロボット大戦α外伝。巨大な斬艦刀」を操る正体不明のロボットスレードゲルミル」を駆る戦士
その正体は地球滅亡から逃れる為の人工冬眠施設「アースレイドル」の防衛戦として眠りについていた地球連邦軍のゼンガー少佐が、マシンセルによって洗脳された姿であった。スレードゲルミルも、マシンセルによって変異したグルンガスト参式の成れの果てである。
ハードルートのみ洗脳が解け、最終決戦仲間に加わる。

とにかくその性格は一本気の武人、であり、本人も言うとおり問答用。ダイナミックゼネラルガーディアンダイゼンガーと名づけてしまう問答用な勢いはスパロボファンの多くを虜にした(しかも頭に武神装攻とかつけちゃったりする)
日本語的に見ると、どう略しているのか分かり辛いが、実際にはDynamic General Guardianでダイゼンガーと略している。
と言うか、ぶっちゃけ見たそのまんまに『大ゼンガーと言っても過言ではないが。

一意専心、二の太刀要らずの示現流を修めたの達人。
様々な特機(グルンガスト系列のスーパーロボット)に乗るが、取り合えず斬艦刀一本あればどうにかしてしまう。
前述のダイゼンガーに至っては、各種兵装が壊れていたので本当に参式斬艦刀一本でどうにかしてしまった。
また、悪を断つを初めとして、自分を○○剣、○○を断つと自称し、様々なモノを一両断している。
更に、神様の前にしてを断つを自称するすごい漢凄い侠である。

彼にを教えた師匠はリシュウ・トウゴウ
このリシュウ先生スパロボOG2にてゾルオリハルコニウム製の仕込みを以てバイオロイド兵のマシンガン弾を全て切り払い、そのまま一両断にり捨ててしまう程の腕前の持ち
後にOGs外伝第2次OGではグルンガスト零式にまで搭乗して戦う。子が子なら師匠師匠である。

時々忘れられそうになるが、生ドイツ人である。
年齢は29で、現時点のスパロボオリジナル主人公経験者としては最年長の部類に属する(次点はスパロボZランド・トラビスで27歳)。
作中の印から年齢より老けて見えるともっぱらの評判。

そんな彼の最大の弱点は実はアルコール紅茶の応用で隠し味としてコーヒーに混ぜられた一滴のブランデーで倒してしまうほど弱い。

ちなみにゼンガーの名前の由来は、第二次大戦中のドイツ航空機開発者オイゲンゼンガー博士と、ハインツ・ゾンボルト技師から。
ゼンガー』とは本来はファーストネームではなくファミリーネームなのである。

ステータスに関しては、経歴からも解る通りあらゆる作品で高めに設定されている。
特に格闘値と技量値がかなり高めで、乗機の破壊と相まって正に「に断てぬ物し」状態である。

初登場のα外伝では、当初は敵のボスキャラであるがその状態からかなりブッ飛んでる。
ラスボス較してさえ引けを取らない機体性パイロット、加えて特殊技ガッツ」(HP低下と共に防御、命中、回避、クリティカル率が上昇する。「底」の上位版)を保有している恐ろしい相手である。
機のスレードゲルミルインパクトと相まって、初見驚愕しなかったプレイヤーはまず居ないと思われる。
上記の通りハードルートでは最終話一歩手前でスレードゲルミル共々仲間になる。
ステータスは何一つ低下せず、回避値が大幅に増強されて仲間になる(も、敵の時の彼一の欠点が回避値の異様な低さなのだが)。
その上スレードゲルミルは味方仕様スペックダウンしながらも改造HP12000もあり、機体HP回復(大)・EN回復(大)もそのままというチートっぷり。ガッツもそのまま所有しているものの、先述の機体性のお陰でそれが生かされる事はい。
しかしそんな事が気にならないくらいに強で、改造でもラスボスタイマンできるし、時間はかかるがそのまま1機で勝つ事も不可能ではない。フル改造してパーツ補強なんてした日には、最終面間近にも関わらずスレードゲルミル単機で無双プレーが可な程で、まさに「悪を断つ」状態である。

続編の第2次スーパーロボット大戦αでは、まさかのスーパー系男主人公に抜された。
冬眠に入って間もない現代のゼンガーは邪魔大帝国アースレイドル侵攻を受け、グルンガスト参式で出撃する。
スーパー主人公となった彼は、総合的に見て4人の主人公の中で文句しに最高クラスステータスを誇っている。
グルンガスト参式も、飛べない事と長距離攻撃出来ない事以外に立った欠点のい優良機である事と併せ、序盤はクスハルートに次いで楽である(ただ、最初期の数話はスポット参戦的な扱いになっている)。
小隊は「格闘武器の攻撃20」。最高クラスの格闘値+乗機の攻撃+この補正が叩き出すダメージは尋常ではなく、中盤以降にダイゼンガー乗り換えて更に高い破壊を得るも、敵の小隊全体にダメージを与える「全体攻撃」がくなり、使い勝手が若干低下してしまう。しかしボス戦を始めとする1対1のタイマンとなるとαナンバーズの強なアタッカーとなる。先述の攻撃増強効果を上手く使えば、援護攻撃や小隊攻撃を併用して同作38話のサザビーを撃墜(HP50000以下にすると撤退する)するのも夢ではない程強い。
これだけみるとゼンガールートは終始楽というイメージを持たれるかも知れないが、実際には他の主人公ルートは中盤以降で良さが出てくる(自機に複数人数で乗る、主人公クラスの機体が増える、ステータスアップする等)ので、実際にはそれほど差はい。

続編の「第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ」にも出演。主人公同期アラドアイビスはそれぞれ新しい同性のリアル主人公ルートのみの出演、クスハスーパー女主人公続投する中、全ルートに必ず登場し、スーパー系男主人公ルートではキーパーソンとして立ち回り、更に相方であるレーツェルとの強合体攻撃の追加もあるという、ある意味破格の待遇である。

OGシリーズにおいては連邦軍特殊戦技教導隊の一員として、パーソナルトルーパー剣術モーションの構築に貢献した経歴を持つ。
後にキョウスケ・ナンブらの上官、ATチーム指揮官としてグルンガスト零式零式斬艦刀を振るうが、旧知であったエルザム・ブランシュタインの意を知って地球連邦軍を離反する。ビアンの死後、腐敗したDC上層部を一掃すると同時に自軍に復帰。以後はレーツェル・ファインシュメッカーとなったエルザムと共にクロガネ隊を率いてインスペクター事件、修羅の乱、封印戦争に至るまで鋼龍戦隊を陰から支え続けている。

更に『PROJECT X ZONE』にて、スパロボOGソロユニットとして生身参戦した。
ムゲフロキャラを除くスパロボオリジナルキャラとしては、アクセル・アルマーアルフィミィに次ぐ3人の生身参戦である。
ゼンガー本人も今までのスパロボに登場した際にはの達人に相応しい相当の実者として描写されており、例えば第2次αの時には同じの達人キャラである夕月四郎(闘将ダイモス)と互の勝負をしていたり、ノヴィス・ノアに乗り込んでクマゾーを人質にしたジョナサン・グレーンブレンパワード)に奇襲を仕掛けたシーン等がある。また、αシリーズでは主人公の一人、ブルックリン・ラックフィールドの師(OGシリーズでは兄弟子)と言う設定も持っている。
 
今作にいては、等身大にダウンサイジングされたダイゼンガーを思わせる意を施された霊式斬艦刀ゼンガーの元々持っていたの霊で変化したもの)を装備している。
劇中にける一連の攻撃動作は、画面外から斬艦刀大車輪斬艦刀を投げ付け、戻ってきた斬艦刀を掴んで一文字りで切り抜けながら相手の背後に回り込み、斬艦刀りでの切り上げて耀太刀の一両断でフィニッシュと言う、ゼンガーの歴代搭乗機の演出を再現している。グルンガスト零式アレはリシュウ先生の機体になったから…。
また、ユーリ・ローウェルテイルズオブヴェスペリア)と戦う際に一度敵に回るのだが、その際に繰り出してくる斬艦刀・一文字りはカットインこそいもののモロスレードゲルミルのモーションを模している。

なお、たまにロリコン扱いされるが、幼女に対して優しいのではなく、女性子供に対して等に優しいだけである。(第2次OGでは周りからこのことを意外な一面と評されていた。)だが、本人が不器用すぎるのと、よりにもよって優しい微笑みを向けた相手が本人の本命であるソフィ博士ではなく、当時全てを失っていたゼンガーにとってのただ一つの希望であるヒロインイルイに対してだった為、このような評が立ったものと思われる。


搭乗機体



 関連動画


親分の雄姿


■sm121217[ニコ動]

■sm13307739[ニコ動]
■sm19517424[ニコ動]

親分のBGM

■sm6424686[ニコ動]
■sm13524688[ニコ動]
■sm16929399[ニコ動]

親分のネタ動画

■sm6625145[ニコ動]
■sm892729[ニコ動]
■sm68043[ニコ動]


関連項目



ゼンガーの影響を受けて製作されたとされるキャラクター



最終更新日: 17/09/30 14:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ