ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ソニックアドベンチャー


ヨミ: ソニックアドベンチャー
掲示板をミル!
43カキコ!

これがソニック!?

ソニックアドベンチャーDX CMセリフより

ソニックアドベンチャー(SONIC ADVENTURE)とは、セガハイスピード3Dアクションゲームシリーズ総称、
およびその第一作タイトルである。 


概要


ソニックシリーズ初の3D作品でありソニック達にCVが当てられた最初の作品でもある。
そのこともあってシステム完成されたものとは言い切れずカメラワークの悪さ、
後述のバグも多くあった(バージョンアップに伴いバグは少なくなった)。有名な(?)棒読みテイルスはこの作品が初出。 
しかしそのシステムも次回作には善され3Dソニックの基礎が完成されている。

またアドベンチャーフィールドを行動してアクションステージに行くというソニックシリーズでもしめのシステムを採用、
フィールドにはパワーアップアイテムやコレクションアイテムであるエンブレムが落ちている。若干解き要素もある。

DX以降にはアドベンチャーフィールドミッションを発見しフィールドまたはアクションステージクリア条件を満たして
ミッションクリアしていく「ミッションモードというアドベンチャーフィールドシステムならではのモード
搭載されている。 

数回に渡るバージョンアップ版の発売、移植をされており、現在プレイするならGCwiiを持っているなら後述のDXを、
PS3Xbox360を持っていてネット接続環境があるなら双方のダウンロード販売版がオススメ。 

続編であるソニックアドベンチャー2(以後SA2と表記)とは続編とありながらストーリー上の接点はあまりないが、
ソニックアドベンチャー上のストーリーでの出来事が少なからずSA2に影している部分がある。


バージョンによる違い


『ソニックアドベンチャー』(以下、無印)
発売日:1998年12月23日
対応機種:ドリームキャスト
ソニックアドベンチャーシリーズ第一作にあたる作品。

『ソニックアドベンチャー・インターナショナル』(以下、IN)
発売日:1999年10月14日
対応機種:ドリームキャスト
国語設定やランキングインターフェース善、新規SEなどの追加要素が加わった無印の調整版。
公式に言及はされていないが判定の変更により無印で可だったショートカット再現できないなどの違いがあり、
単なる無印バージョンアップではない。

『ソニックアドベンチャーDX』(以下、DX)
発売日:2003年6月19日(GC)
発売日:2003年12月18日(PC)
発売日:2004年11月18日(GC お買い得版)
対応機種:ゲームキューブ,Windows
アドベンチャー2の移植版、ソニックアドベンチャーバトルの好評を受け制作されたINのGC移植版。
後にwindows搭載PC向けにも発売。
ミッションモードが搭載された他「プチゲームコレクション」と呼ばれるゲームギアタイトルの収録、
および使用可キャラクターメタルソニック」などの追加要素が加わった。
移植にともなう部分的ながらも60フレームへの対応、原作の続編であるソニックアドベンチャー2に存在する
一部システムの逆移植など、移植時期が後発であることを活かした強化面がある一方で、
ネットワーク環境の必要となるランキング削除された。
なお、ゲームキューブ版は高解像度にこそ対応していないもののドルビープロロジックⅡプログレッシブ
ビジュアルメモリの代替としてゲームボーイアドバンスとの連動をサポートしており、環境次第ではハードによる恩恵を
大きく受けることができる。
また、IN移植の際と同じく判定の変更によりINで生き残っていたショートカット不可能になっているなどのバグ善が
施されている。

SONIC ADVENTURE(DX)Director's cut』
配信日:2010年9月29日
対応機種: プレイステーション3(PlayStation Network専売),Xbox360(Xbox LIVE アーケード専売)
DCタイトル復活プロジェクト第一弾として発表されたDXの移植版。
基本的にはPC版DXに準じた内容となっているが、ミッションモードメタルソニックは標準ではなく
追加コンテンツである「DXパック」を別途購入しなければ開放することができない。
移植にともなうランキングの復活、60フレームへの安定化(一部デモなどは除く)など強化面がある一方で、
容量の関係からかプチゲームコレクションは削除された。
また、深く言及はしないがDXまで生き残っていた一部の不具合が修正されている。ただ、それでも依然…?


ストーリー


ステーションクエアを走るソニックの前に謎の生命体カオス」が現れる。
その生命体はカオスエメラルドを吸収することで進化を滅ぼすという伝説の怪物だった。
その存在を発見したエッグマンカオスを手懐け、進化させてステーションクエアを破壊させ。
例のごとくエッグマンランドを建設する計画を企む。 
その企みを阻止するためソニックテイルスとともにエッグマンを追って動き出す。

その裏でこの一件に巻き込まれたことでナックルズエミービック、そしてガンマはそれぞれの思惑で動き出す。

それぞれの冒険の結末とは。そしてカオスとはいったいなんなのか。
カオスエメラルドが全てうときその真実が明かされる。


キャラクター



操作キャラクター


ソニック・ザ・ヘッジホッグ(CV:金丸淳一)

ステージタイプスピードアクションゴールに辿り着く)
カオスに遭遇することでこの一件を追うことになるおなじみの音速ハリネズミ
それまでのシリーズ同様にテイルスとともにステージを駆け巡る。
今作より現在の作品ではおなじみとなったホーミングアタックや、リングを走るライトダッシュが初登場。
ただしライトダッシュ仕様SA2以降と異なり、スピン溜めをしきった状態でリングの近くで開放するという
しくみだった。

今ではおなじみとなったスーパーソニックステージも今作でも健在。初期状態で出ている6人のエピソードを全てクリア
すると出現しプレイできる。 

マイルス "テイルス" パウアー(CV:林一樹)

ステージタイプハイスピード競争(相手より先にゴールに辿り着く)
 
ソニックを追いかけているメカニック。今作ではそのメカニックの部分を大きくらせ、
既存のトルネード号をカオスエメラルドにしたトルネード2に改造したりしてソニックサポートする。
前半ではやはりソニックに助けられてばかりだが、次第に一人で何とかしなきゃいけないと思い始め行動する。
ソニックアクションステージと基本は一緒だが、普通に走っては負けてしまうので用意されたショートカット
駆使する必要がある。アクションも基本は同じだが、スピンダッシュやホーミングアタックは出来ない代わり
中飛行が可。ただし長時間飛ぶと疲れて墜落してしまう。 

余談だが今作でのテイルスの行動は続編のSA2ストーリーにて影してくることとなる。

ナックルズ・ザ・エキドゥナ(CV:林延年【現:神奈延年】)

ステージタイプ:宝探し(3つのエメラルドのかけらを集める)
エンジェルアイランドに一人マスターエメラルドを守護するソニックの良きライバル
ストーリー時系列としては最もく始まり、マスターエメラルドからカオスが湧きでた事によりエメラルドが半分
粉砕され地上にばら撒かれてしまったのをきっかけにマスターエメラルドのかけらを回収するため立つ。 
今ではすっかりコミカル成分がついてしまった彼だが、エッグマンの口に乗るなどこの作品から既にその片鱗を
見せてしまっている。 
パンチ攻撃や滑、更には掘りなどパワフルアクションが特徴。それらを駆使しステージではかけらを探して回るのが的。SA2にも宝探しステージがあるが、2との相違点としてこの作品ではレーダーが複数のかけらに反応する仕様
であったりは掘れないという違いがある。 

エミー・ローズ(CV:川田妙子)

ステージタイプ:脱出(追ってから逃げつつゴールす)
ソニックに溺愛し追っかけている今ではすっかりお染みの女の子だが実は初登場のソニックCD以来2回の登場で
操作キャラになるのは初。以降の作品にはほとんど登場している。
退屈な毎日に飽き飽きしていたところにお守りのようなものを持った小鳥と遭遇。エッグマンから逃げてきたことを知ると
追手のロボットから守るため共に行動することに。
ステージでは追手のロボットZERO」から逃げつつ(捕まったらミスとなる)ゴールすのだが、
この作品での彼女は他のキャラべると遅く、追手から逃げるのに苦労する 。そのかわり強ハンマー攻撃を
扱えるので敵を蹴散らしつつ進んでいこう。追手ロボットボスステージ以外では倒せはしないが攻撃することで足止め
することが可

 ビッグ・ザ・キャット(CV:八代駿)

ステージタイプ魚釣り(カエルくんを釣り上げる)
この作品が初登場となったゆっくりした口調で話す大きな体を持った。親友のカエルくんとはいつも一緒。
ある日突然何者かに襲われたのをきっかけにカエルくんに尻尾がつき、そのままビックが見つけたお守り(どうみても
カオスエメラルドなのだが) を飲み込み逃亡してしまったのをきっかけに立つ。
持ちであり大きな岩を持ち上げることが出来る。その代わり速度ジャンプ最低浮き輪を見つけることで
泳ぐことも出来る。持っているルアーで攻撃したり文字通り釣りをすることもできる。
ステージでは他の疾走するキャラとは違い、ステージ上のどこかに居るカエルくんを見つけて釣り上げるのが的。
だがソニックシリーズの疾走感が売りのゲーム性とは違った方向性を持ったステージなので一部からは不満の
あり、続編では似たようなステージ本編上ではくなってしまった。
ちなみに本編登場はこの作品とソニックヒーローズのみで、他の作品ではちょい役程度の出演しかない。

E-102“γ” (CV:中田譲治)

ステージタイプシューティングアクション(最深部のボス撃破)
通称・ガンマエッグマンに製造されたロボットシリーズE-100系統の2号機。
期待はおざなりにされつつもエッグマンの命を忠実に聞き任務をこなすのだが、選抜隊の強制リタイアを
の当たりにしたりエミーとの出会いによりその意義に疑問を感じ、仲間ロボットを救うため行動を起こす。
ステージでは敵をレーザーロックオンして弾を発射して敵を倒しつつ最深部へ向かいボスを倒すのが的。
一制限時間があり、ラストステージでは敵をまとめて蹴散らしつつ急いで最深部へ向かわないと間に合わない難関。
制限時間は敵を倒すことで回復、まとめてたおすとコンボで回復量が増える。
このキャラクターの操作システムは後に続編のSA2テイルス/エッグマンステージに継承されている。 

他のキャラストーリーと一線を画し、重いストーリーが展開されるのが特徴。
特にこのエピソードをやる前かやった後かでエミーラストの解釈が異なってくる。
エミー編をやってからこのエピソードプレイするとその心に来る重みが違うので是非この順でやってもらいたい。 


他キャラクター


Dr.エッグマン(CV大塚周夫)

例によって例のごとく今回もエッグマンランドを建設し世界征服を企む天才科学者。
カオス伝説を聞きつけた彼はこの生命体を手懐けてカオスエメラルドを与えて強化しを破壊せんと企む。
巨大戦艦エッグキャリアジャングル地に建設した基地ファイナルエッグを構え各地を飛び回る。 

カオス(CVなし)

伝説の液状生命体。昔を1つ滅ぼしたとされる。
カオスエメラルドを吸収することで進化格が形成され、怪物へと変貌していく。 
実はチャオ突然変異体。本来は性格は温厚なのだが・・・

ティカル(CV:麻生かほ里)

ソニック達が過去に飛ばされた時に遭遇するナックルズによく似た姿の少女
今回の一件に深く係る事情を持っている。


チャオ


今作で初登場した可らしい姿をした謎の生命体。古来より存在し長く親しまれてきたが現在は各地に点在する
チャオガーデンなど限られた場所でしか見られなくなった。


次へ»
最終更新日: 13/10/09 21:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ