ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ソハヤノツルキ(刀剣乱舞)


ヨミ: ソハヤノツルギ
掲示板をミル!
6カキコ!

ソハヤノツルキ(刀剣乱舞)とは、ブラウザゲーム刀剣乱舞」の登場人物である。

イラストレーター三輪士郎 CV浅利遼太


概要の写しだ。よろしく頼むぜ。


無銘であるが、三池典太世作と伝わる太刀
坂上田村麻呂の佩であった「ソハヤの」(坂上)の写し。

徳川家康が所持し、死後霊として一緒に葬られたと言われている。
強い霊を持つために長く仕舞われていたことを少々根に持つ。
公式Twitterより)

種は太刀は三池。
ソハヤノツルキと書いて「そはやのつる」と発音する。
審神者たちからの称は「そばや」「そはやん」など。

2016年8月5日に「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket 150ダウンロード突破記念 RTキャンペーン」において、実装が発表。その後8月16日23日14時期間限定で、大典太光世(刀剣乱舞)と共に鍛による入手が可刀剣男士として先行実装された。
1週間の制限時間に加え、レアリティの高さゆえに入手は難しく、実装されたその日から、貯めに貯めた資松竹梅富士の御札をここぞとばかりに投入しても入手できない審神者が続出した。入手できた結果も様々でALL950、ALL324、「411/611/611/411」など、鍛レシピも多岐に渡っている。
中でもALL324レシピ較的出やすい、という結果が出ているとされた(「みつよ」の語呂合わせか?)もちろん高確率の鍛成功を保するわけではなく、少なからぬ審神者が討ち死にした。ちなみにこの鍛レシピ大典太光世(刀剣乱舞)も入手可だった。
時間は4時間。たとえ三日月宗近や小丸が出ても「お前じゃない!」と叫んではいけない。初入手の感動を忘れてはいけない(め)
2016年12月20日から始まった期間限定イベント「連隊戦」の報酬として入手可で、敵を倒したりステージクリアする事で拾える「御歳魂」50000個集めると入手できた。また同イベントでは難易度難のボスマス大典太光世(刀剣乱舞)が稀にドロップする仕様だった。
イベント終了後、現在は入手不可能。新たなイベントを待とう。

リーゼントめいた特徴的な髪型、胴当を留める紐をだらけさせて装備するなど、だいぶヤンキー味の入った青年
戦装束、内番衣装ともに同じの大典太とデザインが共通。また首のチョーカー具は、担当絵師三輪士郎氏によると「家康の兜飾りと同じ感じ[外部]」との事。

写しの先輩としては山姥切国広(刀剣乱舞)がいるが、色々とこじらせている彼とは異なり、ポジティブな性格。
また元の由来もあり、霊がかなり高いという設定で「霊、じゃんじゃん出しますよって!」り切って出する。負傷しても「写しだからって!の霊なめんな!」と叫び、敢然と敵に立ち向かう。勘が鋭いらしく、資マスでは「待て、そこに気配がある……いや、敵じゃねぇ」と発言。
一方、振るわれる事なく霊として墓に納められていた事を根に持っているようで、放置していると「また仕舞われてるだけに逆戻りか……」とぼやく一面も。人の身を得ての世話や仕事をするのを楽しんでいる様子も見受けられる。

前述の関連性もあり、山姥切国広(刀剣乱舞)と共に出すると回想が発生。写しである身に拘泥する山姥切に「生きた物語よ。お前物語をつくりな」と呼びかける。
また、元の繋がりで物吉貞宗(刀剣乱舞)つながりで大典太との間にも回想や特殊会話が発生する。徳として共にあった物吉とは気心の知れた戦友といった趣で、また幕府の守りとして共にあった兄弟とは、幕末会津の地にあって思う所がある様子。

としては、統率と機動が高めな一方で必殺の値が控えめな仕様
レアリティは3、スロットは2つなので、装の吟味は重要である。


史実か、いいねぇ。置物じゃ味わえねぇからなぁ。


平安時代の後期に、筑後三池の刀工三池典太世(みいけでんたみつよ)によって作られた一振とされる。
正式名称は「銘 妙純伝持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ」。長んい。
名については銘の通り、坂上田村麻呂「騒速の(そはやのつるぎ)」こと坂上(さかのうえのたからのつるぎ)」写しである事に由来する。

平安時代の武官である坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)は、桓武天皇の御代、夷(えみし)との戦に当たり、征夷大将軍に任ぜられた。
21年(802年)に胆沢を築き、夷の首である弖流為(あてるい)(もれ)を降伏させ、都に凱旋する。その後病を得て没すると嵯峨天皇はこれを悼み、彼の佩の中から一振を選んで天皇御剣とした。これこそが坂上であるという。
ちなみにこの坂上は、京都鞍馬寺にて重要文化財定を受け、現在も所蔵されている。若干ややこしい話だが、ソハヤノツルキはこれを写したものと伝えられている。

時期は不明ながら、その後徳川家康に献上される。
存命中の家康はこの太刀を最も用して片時も離さず、ともなると元に守りとして置き、たびたび中でも佩したという。
そして死の直前、家康は遺言によって、自らと共にの永世の護りとなす為、ソハヤノツルキを久山東照寺に納めるように命じた。家康もまた久山東照寺に置かれ、一周忌の後に日光東照宮に移され、東照大権現(とうしょうだいごんげん)として国家と子孫を鎮護する要となる。
更に、家康が臨終するその日に江戸城内でソハヤノツルキによる試しりを行わせたという。これは罪人の死体を使っての試となっているが、生きた罪人を使って生き試しを行い、血を拭う事なくに納めさせ、これを臨終の元に置いて家康の御魂を霊として留め置いたという、壮絶な異説が残っている。
※ただしこの異説、出展元が『明良洪範』(江戸時代に成立した逸話見聞集)である。若干フカシこいてる可性もなくはないのでご注意。
またソハヤノツルキもただ納めるだけではなく、大坂の役の後もなお不安要素の残る西方中国九州地方)に切先を向ける形で安置したと伝えられている。

明治44年1911年)、旧宝に定。
現在は重要文化財定を受けて久山東照宮に所蔵されている。

また、更にややこしい話ではあるが、坂上の写しであるソハヤノツルキの写しが存在する。
これは昭和35年1960年)に、重要形文化財保持者(人間国宝)の刀匠・宮入昭平氏の手によって打たれたもの。こちらも久山東照宮に納められており、2016年8月1日から山東照宮博物館企画展にて開された。

この写しとは別に、ニトロプラスのでじたろう氏がソハヤノツルキの写し(磯部一貫斎広作)を譲渡された事をTwitter上で発表[外部]。今後はイベント展示などでお見えする予定とのこと。


関連動画は重要だよな。



■sm29461157[ニコ動]

■sm29461760[ニコ動]


いざという時に備えて、倹約も必要だからな。


■azB01N0758BY


この関連コミュニティ……俺の霊力と相性がいい……!


■co2674429


この関連項目は……気を引き締めろ!



最終更新日: 17/02/21 22:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ