ニコニコ大百科モバイル

フィーチャーフォン向けニコニコ大百科は11月30日で終了します。長きにわたりご利用ありがとうございました!


ソーカル事件


ヨミ: ソーカルジケン
掲示板をミル!
232カキコ!

ソーカル事件(ソーカルじけん)とは、物理学アラン・ソーカルによって引き起こされた学問上の事件である。


概要


1996年4月に、ニューヨーク大学教授であった物理学者のアラン・ソーカルが、「界を侵犯すること―量子重力の変形解釈学に向けて」という論文を作成し、それを「カルチュラルスタディーズ」の論集として知られる『ソーシャル・テクスト』誌に投稿したところ、その論文が同誌に掲載された。

内容は、フランスの現代思想関連の学者の文章を引用しつつ、そこに自然科学の用を用いて論述したものであり、そのデタラメの内容も、自然科学系の高等教育を十分に受けた者なら摘できるようなお粗末なものであった。

この事件の発覚により、当時のフランス現代思想に対して批判が浴びせられることとなった。

しかし、ソーカル自身は、現代思想の批判自体が的なのではなく、批判の対は、浅薄な知識と理解に基づいて専門用を用いて権威づける行為であり、ポストモダンのみならず、その他の分野においても批判している。

1996年には『ソーシャル・テクスト』誌の編集者に対してイグノーベル賞が授与された。


ソーカル論文


論文の概要

概要は以下のようなものである。

「・・・量子重力においては、時連続体はもはや客観的な物理実在としては存在せず、幾何学は関係的かつ文脈依存的になり、既存の科学根本的な概念範疇は―存在そのものも含めて―問題化され相対化される。このような概念的な革命は、将来のポストモダン科学、解放の科学の内容に深遠なを持つことを議論したい。」

論文の経緯

ソーカルの論文は、科学の「客観性」を全面的に否定し、物理実在は「社会的で言的な構築物」にすぎず、科学的知識は「文化の支配的なイデオロギーと権関係の反映」だとしている。これは、ポストダニズム営の言を用いて、数学自然科学底的にこき下ろした内容である。

この論文で、ソーカルは、特にフランスで流行している社会学者や精分析学者の文献を109カ所にわたって参照しながら、科学が「何ら特権的な認識論的地位を有すものではない」ことを繰り返し例示している。これらの例示の中には、例えば“choice”(選択)という用の解釈が、公理集合論における“axiom of choice”(選択公理)から“pro-choice”(中絶賛成論)へ飛躍するような「馬鹿げた関連をでっち上げた」部分もあったが、『ソーシャル・テクスト』誌の編集委員会は、この論文をそのまま掲載した。

その数週間後、ソーカルは『物理学者がカルチュラル・スタディーズで実験する』という論文を発表し、彼が『ソーシャル・テクスト』誌に投稿した論文が実は全な「パロディ」であり、ポストダニズム系学者の数の「意味を成さない表現」を引用して組み合わせたパッチワークに過ぎないことを暴露した。この事件は、学界ばかりでなく、『ニューヨークタイムズ』の第一面に報じられたことにも表れているように、ジャーナリズムや出版界の反を呼び、その後「サイエンス・ウォーズ」と呼ばれあるようになった賛否両論の一大論争を巻き起こした。

この論争の後、ソーカルは、ベルギールーヴァン大学物理学ジャンブリクモンと共に事件後の賛否両論総括し、特に数学科学の乱用の甚だしい著者のテクストに具体的な批判コメントを加えて表した。

批判の目的

ソーカルとブリクモンは、彼らの批判的について以下のように述べている。

々の的は、まさしく王様は(そして女王様も)裸だと摘することである。しかし、はっきりさせておきたいのだが、々は、哲学、人文科学社会科学一般を攻撃しようとしているのではない。それとは正反対に、々は、これらの分野が極めて重要であることを認めており、明らかインチキだとわかるものについてのみ、この分野に携わる人々(特に学生諸君)に警告を発したいだけなのだ。特に、ある種のテクストが難解なのは、極めて深遠な内容を扱っているからだという評判を『脱構築』したいのである。多くの例において、テクストが理解不能に見えるのは、他でもなく、中身がないという見事な理由のためだということを知っていただきたいのである」


関連商品


■az462207558X
■az4000056786
■az4006002610


関連項目



外部リンク



最終更新日: 20/11/03 01:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ