ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ソードスキル


ヨミ: ソードスキル
掲示板をミル!
85カキコ!

 ソードスキルとは、川原礫原作小説ソードアート・オンライン』に登場する一部のVRMMOゲームにおいて使用される技である。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいるかもしれません。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

SAOにおけるソードスキル


 最初は小説タイトルになっている同名のVRMMOゲームソードアート・オンライン》(原作文庫1・2巻および『プログレッシブ』各巻ほか)のギミックとして登場する。

 武器スキルを習得したプレイヤーが所定の準備動作を行うことによって発動し、発動したあとは体が勝手に動いて攻撃動作を行う。その速度および威は、ふつうに武器を振るったときのものを上回る。さらに、手なライトエフェクトサウンドエフェクトも発生し、使用者の中二心を大いに満足させてくれる。
 発動すればあとはシステムが体を操縦してくれるため、自分では何もしなくても一連の動作を終わりまで行うことができるが、それに合わせて自らも体を動かすことによって速度や威をさらに上乗せすることもできる。

 ソードスキルごとに武器の種別が決まっており、規定の種類の武器以外ではソードスキルを発動させることはできない。たとえば、両手片手剣用のソードスキルを使うことはできない。
 さらに格闘ゲーム必殺技のように発動終了後に硬直が発生し、動けない時間ができる。また一度発動したソードスキルを途中で止めた場合も硬直時間が発生する。ただし技後硬直の時間は、使用者の技量いかんで短縮される(原作文庫プログレッシブ1巻13ページ)。

 ソードスキルには技ごとにクールタイム(一度使用したあと次に使用できるようになるまでの時間)が設定されており、同じ技を連発することはできない(原作文庫プログレッシブ1巻226ページ)。
 武器スキルの熟練度を上昇させると新しいソードスキルが使えるようになる。また、発動速度や射程も上昇する(原作文庫8巻395ページ)。

 そのほかに、武器スキルの熟練度がある程度上昇するとスキルModというオプションを取得することができる。要するにスキルカスタマイズである。スキルMod武器スキル以外のスキルにも存在するものであり、武器スキルにおいても必ずしもソードスキルにだけ適用されるわけではないが、なかにはクールタイムを短縮する等ソードスキルの性に大きくかかわるものもある(原作文庫プログレッシブ1巻383ページ)。


他のVRMMOにおけるソードスキル


 VRMMOソードアート・オンライン》がクリアされた後も、他のゲーム舞台を移して物語は続くが、それらのゲーム内でもソードスキルは引き続き使用されている。ただし、その扱いにはさまざまな違いがある。

 VRMMOアルヴヘイム・オンライン》においては、当初はソードスキルは実装されていない(原作文庫3・4巻)。VRMMOガンゲイル・オンライン》でも同様で(原作文庫5・6巻)、これらのゲーム内では《ソードアート・オンライン》出身のプレイヤーが自でソードスキルの動作を再現している場面はあるが、ゲーム上「すごく洗練された技」という以上の意味はない。
 しかし、《アルヴヘイム・オンライン》には後に《ソードアート・オンライン》のソードスキルが移植された(原作文庫7巻および8巻「キャリバー」)。この際に、各ソードスキルに炎や氷などの属性ダメージをあてはめたり、自分で新しいソードスキルを考案・登録できる「オリジナル・ソードスキル(OSS」のシステムを導入したりといった変が行われた。

 原作文庫9巻以降の舞台である仮想世界アンダーワールド》においても、技の名前は変わっているものの、ソードスキルが実装されている。この世界では、連撃数の多いソードスキルを発動するには優先度の高い(つまり質の良い)武器が必要である点が《ソードアート・オンライン》とは異なっている。また、ソードスキルの性が《心意》の影で大きく違ってくるという《アンダーワールド》特有の現も起こる。

 原作文庫21巻以降の要な舞台となるVRMMOゲームユナイタル・リング》にもソードスキルのシステムは存在している。武器スキルの熟練度との関係など、基本的には《ソードアート・オンライン》や《アルヴヘイム・オンライン》の仕様を継承していると思われるが、OSS二刀流のソードスキルが存在するかといった細かい点については不明。

 なお、小説ソードアート・オンライン』の作者川原礫の別の小説アクセル・ワールド』でも、登場人物であるブラック・ロータスグラファイトエッジVRゲームブレインバースト》の中でソードスキルと同じ名前の技を使う場面があるが、双方の作品世界の関連は不明である。当初、同名のスキルに関しても特性が異なっていると思われていたがSAOアリシゼーション編の文庫化の際、心意によってスキル特性が変化するという属性が追加され、ヴォーパル・ストライクが遠距離攻撃になる等アクセル・ワールドとほぼ同一の特性を持って発動したことがある。

SAOAWに関連性はいような発言を行っていたがAW20巻以降では露SAOと同一世界線であることを匂わせており、挿絵にどうみても二刀流キリトさんが描写されていたりされなかったり。


二刀流について


 特殊な事例として、両手に片手剣を一振りずつ装備した状態でソードスキルが使用できるかどうかという問題がある。特殊ではあるのだが、主人公キリト二刀流使いであるため、作中でたびたび描写がある。
 VRMMOソードアート・オンライン》では、原則としてこの状態ではソードスキルを使用することができない(原作文庫2巻151ページ)。ただ、二刀流スキル保持者はその限りではなく、二装備状態で片手剣ソードスキルを使用した実例がある(原作文庫1巻191ページ)。
 ソードスキル実装後の《アルヴヘイム・オンライン》では二刀流スキル削除されているが、二装備状態で片手剣ソードスキルを使用することは可で、そのうえ難易度は高いものの両手ので交互にソードスキルを放つことによって技後硬直をキャンセルする「スキルコネクト」という裏技が見られる。《アンダーワールド》でも二装備状態で片手剣ソードスキルを使うことは可であり、スキルコネクトも使用できる。


ソードスキルの一覧


 ここでは原作文庫版において名称が判明している物のみ掲載する。
 ソードスキルの名称の表記にはやや揺れがあり、たとえば同じソードスキルであっても、英単2の名称では間のナカグロがあったりなかったりする(ヴォーパル・ストライクヴォーパルストライクなど)。また、一部のソードスキルの名称は漢字で表記されたりカタカナで表記されたりする。(/ツジカゼなど)。
 登場巻は原作文庫版に準拠する。『プログレッシブ』は巻数の前に「P」を付けて示す。
 片手武器のソードスキルの動作については、右手で使用した場合のものを記載する。
 同一のソードスキルであっても場面によって描写が違っているものがあるが、この場合は両者を併記する。


次へ»
最終更新日: 21/04/21 22:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ