ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ソーラーセイル実証機「IKAROS」


ヨミ: ソラーセイルジッショウキイカロス
掲示板をミル!
94カキコ!

ソーラーセイル実証機「IKAROS」とは、宇宙航空研究開発機構JAXA)の工学機である。

正式名称は小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」。
IKAROSInterplanetary Kite-craft Accelerated by Radiation Of the Sun)


概要


IKAROS

2010年5月21日H2Aロケット17号機で金星探査機「あかつき」の相乗り小衛星のひとつとして打ち上げられた。 

「ソーラーイルのみで宇宙空間を航行できること」「ソーラーイルに取り付けられた薄膜太陽電池によって発電ができること」の実的としたJAXAの機体である。

所属・運用はJAXA惑星プログラムグループJSPEC)、プロジェクトマネージャー略称:PM)は治(同グループ助教・工学博士)、本体製造はNEC東芝スペースシステム他(「はやぶさ」や「あかつき」でもおなじみ)。

ちなみに、名前の由来は「勇気一つをともにして」から。(森リーダーからのメッセージ[外部])  

なお、火星探査機「のぞみ」からの伝統で、「君も太陽系ヨットに乗ってしよう!」というキャンペーンが行われ、応募した15万人余りの名前が先端マスに、メッセージDVDに入れられ搭載されている。

ミッションの目標

JAXAではIKAROSミッションにおいて、ソーラーイルの展開と薄膜太陽電池による発電の実現までをミニマムサクセス、ソーラーイルによる加速と減速、軌制御の実施までをフルサクセスと位置付けている。

私たちは、このソーラーイルによって、太陽系大航海時代を先導します。

JAXA 惑星プロジェクトチームJSPEC)のIKAROS将来計画[外部] [外部]より

またエクストラ実験としていくつかの工学/理学ミッションを実行する予定である。


ソーラーセイルについて


ソーラーイル太陽帆)とは宇宙空間で薄膜状の帆に太陽を受けて反射することにより、その際の太陽圧で推進する仕組みのことである。構想自体は100年以上前から存在していたが、その開発はかなり困難であり、宇宙空間に至った実機としては世界初となる。

ソーラーイルの開発で苦労したのは、宇宙空間の過酷な環境に耐え得る軽量かつ薄い帆に使用する素材の開発、および宇宙空間での帆の展開方法の2点である。IKAROSの帆には厚さ0.0075mmのポリイミド脂が採用され、打ち上げ時には本体に折り畳まれて収納された。打ち上げ後に先端にを付けた一辺14mとなる正方形の帆を本体をスピンさせることで生じる遠心力を利用して展開している。


ソーラー電力セイルについて


ソーラーイルとは、日本独自の手法として研究されている推進手段である。ソーラーイル太陽圧を用いて機体を駆動するが、太陽から離れるにつれ太陽は弱くなり推進効率が低下してしまう。そこでセイルに貼付けた軽量の薄膜太陽電池で電を起こし、その電イオンエンジンを駆動することで機体を加速するという「合わせ技」が考えられた。これがソーラーイルである。

日本は今後トロヤ群小惑星木星などの深宇宙にソーラーイルを使用する計画を立てており、IKAROSはそのために不可欠な画期的薄膜太陽電池の技術実を行う機体でもある。太陽電池を使うことで、これまで深宇宙に使われてきた原子力電池(放射性同位体の崩壊熱を用いる電池。打ち上げ失敗時のリスクに抵抗が強い)に頼らなくてよいというメリットも生じる。なお、IKAROSイオンエンジンは搭載されていない。


公式マスコットキャラクター


JAXA公式マスコットキャラクターとして「イカロス君」がおり、金星探査機「あかつき」の「あかつきくん」「きんせいちゃん」と共に公式サイトblogに登場している。JAXAでは子供向けの解説なども用意しており、そちらでも活躍している。

また、「イカロス君[外部]」によるTwitterでの実況も行われている。2010年6月14日頃の搭載カメラの分離から前後して、2台のカメラDCAM2くん」(DCAM2kun[外部])と「DCAM1ちゃん」(DCAM1chan[外部])もTwitterを始めている。

参考記事 → 広報実証機「IKAROS」

ちなみに、JAXA関係のtwitterにおいては、はやぶさに次いで2番にフォロー数が多い。

[画像を見る]

[画像を見る]


公式曲


http://www.jspec.jaxa.jp/ikaros_channel/bn019.html[外部]


■sm17209563[ニコ動]

■sm17265175[ニコ動]


航行履歴・ニュース











これにて、IKAROSは予定されていた全ての実験を終えた


エクストラミッション(後期運用)


フルサクセス達成から2012年3月までの1年間、引き続き新たなテーマで帆の挙動を試験する他、追加観測機器によるのダスト観測やガンマ線偏の初観測をして運用中。運用の継続是非は状況を見て適宜判断するとのこと。

フルサクセス達成時点で既に通信可な範囲を出始めており、姿勢制御に必要な燃料も半分を切っている。サブチームリーダー津田氏は、「通信が出来なくなるまでの間、帆が大きく変形するような思い切った姿勢変更を試してみたい」と話している。

通信が出来なくなった後のIKAROSは、いわば人工惑星となって、地球金星の軌間で太陽を周回し続けることになるという。そのままの軌で行けば2015年地球に再接近すると予測されており、その姿を拝むことが出来るかもしれない。期待して待とう。






次へ»
最終更新日: 13/04/01 00:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ