ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゾイドジェネシス


ヨミ: ゾイドジェネシス
掲示板をミル!
430カキコ!

[画像を見る]

ゾイドジェネシスとは、2005年4月2006年3月テレビ東京系で放映されたアニメ作品。全50話。
ゾイド』『/ZERO』『フューザーズ』に続く、「ゾイドシリーズTVアニメ第4作である。
なお、前三作とのストーリーの直接の連続性はなく、未見であっても本作から問題なく視聴できる。


概要


ストーリー

地軸変動により高度文明が崩壊した惑星Zi。ルージ・ファミロンCV平田宏美)の暮らす沿いの小さな村、ミロード村は、突如銀色ゾイドに襲撃され、ジェネレーターが破壊されてしまう。ルージは発掘されたゾイドムラサメライガーに乗り、ジェネレーターを修理できる職人を捜すに出るが、そのはやがて、惑星Ziを支配せんとするディガルドとの全面戦争へと発展していく――。

放映時は、『ふたりはプリキュア』の裏番組だったこともあって、視聴率でも玩具販売の面でも苦戦した。また、固定の製作スタジオを持たず外の下請け会社を点々とする製作体制だったため、作画クオリティのばらつきが顕著であった。
シリーズ後半ではヒロインレ・ミィCVこやまきみこ)とコトナ・エレガンスCV伊藤静)をEDに起用し、いわゆる萌えソングで大きなお友だち層にアピールする方針を打ち出したのが一部で話題を呼んだ。

そんな調子子供向けアニメとしては不遇かつ迷走した印があるが、単体のアニメ作品としては決して低評価ではない。特にストーリー面では、『デジモンアドベンチャー』の西園悟シリーズ構成を担当。スポンサーの口出しがほとんどなかったらしいこともあってか、りめぐらせた伏線を1年かけて回収し、ひとりの少年英雄へと成長していく戦記物としてきっちりとまとめあげた脚本はアニメファンから高い評価を得た。
主人公ルージの宿敵ザイリンを筆頭に各キャラクターたちの人気も高く、また、放映開始当初は手探りの様相を見せていたCGによるゾイドバトルも、回を重ねるごとに洗練されていった。

OPテーマは全話を通じてDo As Infinity夜鷹の夢」。本来この曲にそのような意図はないのだが、OPの部分だと映像歌詞の編集によって本来の歌詞とは正反対の印に聞こえてしまう。そのためOPで知ってからフルを聞いた際のギャップはしい。
また、後半からEDテーマを担当したレ・ミィ×コトナのユニットは、放映終了後もキャラクターソングの発売などを介してプロモーションに携わっている。

2009年、『スーパーロボット大戦K』にゾイドシリーズから初めて参戦。


主な登場人物


ルージ・ファミロンCV平田宏美
主人公ミロード村に暮らす13歳の少年ゾイド乗りの一家の中、ひとりだけその適正がかったが、村がバイオゾイドに襲撃された際に、発掘されたばかりのムラサメライガーを起動、バイオゾイドを撃退。以後、ムラサメライガー機として、ラ・カンレ・ミィとともにジェネレーター修理のためのを続ける中、ゾイド乗りとして、そして乱世の英雄として成長していく。
乗機ムラサメライガーは「エヴォルト」と呼ばれる変形機構により、後にハヤテライガームゲンライガーへと進化する。
レ・ミィCVこやまきみこ
ヒロイン。ラ・カンの姪で12歳。全裸を捕まえる、という初登場シーン然一部視聴者層の注を呼んだ。ルージに対して好意を抱きつつも素直になれないツンデレ料理は苦手で丸焼きしか作れないことを作中で散々ネタにされている。
機はの形見であるランスタッグ(後にトゥインクルレイカーを装備したランスタッグブレイク)。
ラ・カンCV松山鷹志
レ・ミィ叔父50歳。元々はディガルドに征されたキダレ・ミィと流浪のを続けていた中でルージと出会い、彼のに同行。のちにディガルド討伐軍の中心人物として決起することになる。
機はソードウルフ(後にバイオクラッシャーを装備したソードウルフクラッシャー)。
コトナ・エレガンスCV伊藤静
ルージたちがの中で出会った女性17歳。名前は本名ではなく、本名が本編中で明かされることはなかった。の中で徐々にルージに惹かれていき、ミィとともにダブルヒロインポジションに収まる。お姉さんとしてルージをからかっていることが多い。
機はレインボージャーク(後にウィンダンサーを装備したレインボージャーウィンド)。
ガラガ(CV三宅健太
反ディガルドゲリラ組織を率いていた男。組織がディガルドに壊滅させられ、ロンとともにルージたちのに同行することになる。放磊落な性格で、ルージを分として可がっている。コトナには猛アタックを続けているが、適当にあしらわれ続けている。
機はデッドリーコング。他のメンバーの機体が強化改造を受けた際、デッドリーコングにも大きなが追加されたが、機体名には変化がなかった。
ロンマンガンCV谷山紀章
ガラガのゲリラ組織で参謀を務めていた男。肩書きは交易商。飄々とした性格で他人に意を掴ませない。その正体は物語終盤で明かされる。中盤から番組の最後に「ロン先生ゾイド講座」というコーナーを担当していた。
機はバンブリアン(後にグランドスターを装備したバンブリアングランド)。諸般の事情で機体が失われてしまったため、メンバーの中では劇中で一機体の乗り換えを行なっている。
セイジュウロウCV津田健次郎
最強ゾイド乗りと言われる青年。寡黙。士としても卓越した技量を持つ。子を誤って死なせてしまった過去から隠遁していたが、ルージの師としてそのに同行することになる。重病を患っており、「存在自体が死亡フラグの塊」とまで言われていた。が、終盤で見事にフラグをへし折り生き残った。
機はソウルタイガー(後にソウルブースターを装備したソウルタイガーブースト)。
ザイリン・ド・ザルツCV松本保典
ディガルドの軍人で、総司令官ジーンの直属である四天王のひとり。強さをめ、高いプライドを持つゾイド乗り。ルージとを交えた際にそのに惹かれ、ライバルと認め幾度とく戦うことになる。シャワーシーンを披露足元に伏せているルージに気付かずスルーなど序盤はネタキャラとしてされていたが、ストーリーが進むにつれてライバルキャラとして覚醒。自らの為していた侵略戦争真実を知る第47話の決別の場面は作中屈の名場面である。
機はバイオラプター(小隊長機)→バイオメガラプトル→バイオヴォルケーノ
ゲオルグ(CV石井康嗣
ディガルド四天王のひとり。的の為には手段を問わない。決起したラ・カンをあと一歩まで追いつめるがルージに敗北。戦死したものと思われたがまさかのメカでの復活を果たし視聴者を驚かせた。
機はバイオトリケラ。
フェルミ(CV兵藤まこ
ディガルド四天王のひとり。自らの愉しみを最優先する女ゾイド乗り。入浴シーンがやたらと多く、ザイリンジーンとの会談中ですら入浴していた。EDでも入浴した姿で登場する。ネタキャラのようだが、物語の根幹に関わる重要キャラでもあった。
機はバイオプテラ
ソウタ(CV深水由美
ディガルド四天王のひとり。好戦的でわがままな少年ルージに敗れ、記憶を失っていたところを反乱軍に保護され、以後反乱軍の一員となる。レ・ミィに頭が銀髪なのでギンちゃんと言う称でよばれていた。
機はバイオケントロ→バイオケントロのビーストスレイヤーを装備したランスタッグ
ジーンCV中村秀利
ディガルド軍総にして国王の養子。のちに王位を継ぎ武帝ジーン一世となる。として人間を支配するという野心のもと、ディガルド軍を率い侵略戦争を繰り返していた本作のラスボス物語の終盤で圧倒的な破壊のをもってルージたちの前に立ちはだかった。
機はバイオティラノ

関連動画



■sm4718811[ニコ動]

■sm5883439[ニコ動]
■sm908205[ニコ動]
■sm6314455[ニコ動]


関連静画


■im797664(静画)
■im2816033(静画)
■im4787881(静画)


関連生放送


lv228268535 lv228270025 lv228270131 lv228270410


関連商品


■azB00THXSTYU
■azB000C1YXEG
■azB000BB6GL0
■azB000DN4XS4
■azB000XA44UY


関連コミュニティ


■co4591


関連項目



最終更新日: 18/11/03 00:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ