ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゾルフ・J・キンブリー


ヨミ: ゾルフジェイキンブリー
掲示板をミル!
73カキコ!

ゾルフ・J・キンブリーとは『鋼の錬金術師』の登場人物である。(うえだゆうじ/吉野裕行)


ぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいい良い概要だ!!!


キンブリー 「錬金術師」の二つ名を持つ国家錬金術師。軍属でイシュヴァール殲滅戦時の階級は中佐。口調と態度は紳士だがその実態は悦楽で殺戮を行う狂人で変態戦場において下級兵の存在意義は、上官を守るための替えの効く駒だとでも言わんばかりに、弾が飛んできた時は自分の部下を生きたままにしていた。しかしただイカレているだけではなく、独自の美学美意識を持っており、命を賭けてでも意志を貫く人間には、敵味方問わず敬意を表したりもする。その独特の考え方で、殲滅戦の休憩時間には殺戮をマスタングホークアイに説得のある正論っぽい事を言って説き伏せたりもしている。また、記憶が途轍もなく良く、仕事の範囲で見かけた顔は大抵憶えており、頭も相当キレる。これで人格がマトモなら・・・

 触れた物を爆弾に変える錬金術の使い手であり、「~」の二つ名以外に、「爆弾狂のキンブリー」とも呼ばれ恐れられている。イシュヴァール殲滅戦では軍上層部から借りた賢者の石を使って多大な戦功を挙げるが、終戦後、素晴らしいを持つ賢者の石みすみす返すのが嫌になり、上官を爆殺。上官殺しの罪で刑務所に投されるが、ホムンクルス達の根回しによって出する。なお、出所後はスーツを着用している(作者スーツ変態イメージがあるらしい。)
 
 最終決戦では戦いに敗れた後に「始まりのホムンクルスプライド」に取り込まれて物語から退場・・・かと思いきや、実はプライドの中で魂だけの存在となって存命していた。本人はプライドに取り込まれたまま人間vsホムンクルスの決着を見届ける傍観者するつもりでおり、エドとプライドどちらにも肩入れはしていなかった。だが、人間のことをホムンクルスより下等な存在と蔑視しながらも、その下等生物体を乗っ取って己の延命を図ろうとする、プライドの一貫性のない矛盾した行動が気に入らず、「見苦しく、美しくない」と断罪。体を喰われ、魂だけになってもなお、プライドの妨をしてエドに助する。最期は賢者の石の中で蠢く嗟の魂の群れの中へ、颯爽と背を向け去って逝った。
(※エドの錬成によってプライドの残機を支えていた賢者の石が「分解」されたので、キンブリーの魂自体もここで消失したと思われる)

名前の「J」の由来は作者く「ジャジャジャジャーン」のJらしい。人のセンスによっては笑える由来。

鋼FA」のオリジナルシーンでは探偵のような推理スカーを追跡したり、グラマン中将女装を看破したりしている。

03年版アニメではこれといって美学や理念く、狂喜しながら人間を爆破するただの危ない人になっている。


んんーーー・・・いい関連動画だ 強い意思のぶつかりあいとはかくも美しき関連動画を再生するものか・・・!



■sm14057003[ニコ動]

■sm2713843[ニコ動]


これは交渉ではなく関連静画です


■im1387716(静画)


つまらない関連商品です お子様にでもプレゼントしてあげてください


■az4757535058
■azB005NM539S


なんと充実した関連項目か!!



最終更新日: 13/01/21 23:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ