ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タカラ


ヨミ: タカラ
掲示板をミル!
7カキコ!

タカラとは、

  1. かつて存在した日本玩具メーカートミーと合併してタカラトミーに。 → タカラトミー
  2. 日本メーカー宝酒造のこと。
  3. ユーザー生放送配信者。 → タカラ(生放送主
  4. 多人数で行くカラオケのこと。ヒトカラの対義

1の概要


1955年に創業。社名の由来は、所在地であった葛飾区本田宝木塚町から採っている。後に地名は宝町となった。

1960年に「ダッコちゃん」がブームになり大な利益をもたらし、タカラを躍進させるきっかけとなった。その後タカラのコーポレートマークとしてもダッコちゃんが使われるようになったが、のちにダッコちゃんは差別につながるとして外されるようになった。21世紀になると、宇宙人という設定の元で「ダッコちゃん21」が発売、色もカラフルなものにされた。

1967年にはビニール加工の技術を応用して「リカちゃん」を発売。タカラトミーとなった現在も続くロングセラーとなっている。
かつてはマテル社のバービーが競合製品だったが、売り上げで逆転してマテル社が撤退、その後マテル社と提携して1980年代和製バービーが登場、のちにジェニー名して独自路線へ変更された。1990年代後半にマテル社が再度バービーの販売を始めている。

1970年代には「ミクロマン」「ダイアクロン」が登場、それら後期の変身ロボットシリーズアメリカのハズブロ社が統合し、「トランスフォーマー」となった。トランスフォーマー1985年より登場し、幾度のリニューアルをしつつ現在人気を呼ぶ。後にこれらのを流用して1990年の「勇者エクスカイザー」を皮切りにした90年代サンライズ制作アニメ勇者シリーズ」として一時代を築く。

1980年には「チョロQ」を発売、数年後にブームをもたらす。21世紀には1/1のチョロQ電気自動車、Q-CARを発表するが売れなかった。

ヒット商品が出なくなった1990年代から業績が低迷、さらには創業者による放漫な業務拡大や経営によってさらに悪化、コナミインデックス下に入るも善されず、2006年に競合他社のトミーに吸収合併される(日本の商号はタカラトミーとなるが、英語の商号はTOMYのままである)。


最終更新日: 17/05/18 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ