ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タケミカヅチ


ヨミ: タケミカヅチ
掲示板をミル!
47カキコ!

タケミカヅチとは

  1. 日本神話における古事記では建御雷神日本書紀では武槌などと表記される。(本項で概要を記載)
  2. ペルソナ4の登場人物である巽完二ペルソナ(本項で概要を記載)
  3. 機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するオーブ軍の空母。(本項で概要を記載)
  4. 架空戦記紺碧の艦隊」に登場する戦略空母。表記は「建御」。(発表は3.より速い。これが元ネタ?)
  5. ゲームマブラヴシリーズに登場する機体。詳しくは武御雷(戦術機)の項で。
  6. アニメソ・ラ・ノ・ヲ・ト」に登場する高性多脚戦車
  7. 漫画アニメ神様ドォルズ」に登場する案山子(からくり人形)の一つ。表記は「武未禍槌」。
  8. 漫画銀魂」に登場する兵器の一つ。表記は「武御雷」。
  9. 日本競走馬2009年ダービー卿チャレンジトロフィー優勝

1.日本神話の神として


鹿島宮でられる、戦いのとして知られる。
伊邪那岐命が火之具土を殺した際、火之具土をった之尾羽から滴り落ちた血から生まれた
この為、之尾羽の子とされており、天津中津侵略戦争を仕掛ける際、之尾羽から「自分の子を向かわせると良い」と言ったため、経と共に船に載って地上を侵略した。
そこで譲りに反対した々を打ち倒し、武御名方の両の腕をもいで諏訪からでて来ないという約定を取り付け、達から中津を奪うことに成功する。

このように天津最強武神として名高いが元々は鹿島海蛇であったとされ、船の守りにして他の侵略を防ぐ塞のとしての側面も持っていた。
しかし、後に鹿島大和朝廷に併され、そこが大和朝廷にとって戦略上の要所となると、武御雷日本神話の中でも重要なとして組み込まれてゆくこととなる。


2.”ペルソナ”として



!注意!


この記事は「Persona4 the ANIMATION」第7話「Suspicious Tropical Paradise」のネタバレが含まれています。
主人公の名前はアニメ版にあわせて「鳴上悠」としてますが、これは原作でのデフォルトネームではありません。


Persona4


鳴上悠のひとつしたの後輩に当たる巽完二ペルソナ属性は【皇帝
に耐性を持っているがに弱い。

物理系とジオ系のスキルを使いこなす。


Persona4 the ANIMATION


第7話「Suspicious Tropical Paradise」のネタバレが含まれており、内容も「アッー!トラス」なものなので各自でドラッグ

5月17日[/曇]

その日のマヨナカテレビに映っていたのは完二…だったが…

「皆様、こんばんわ。本日は性別のえ、崇高なめる人々が集うある施設をご紹介しむぁーす。レポーターはこのんーまっ。巽完二君どぇす。」

「ないわぁ…。」

「あぁ~ん。あつい、熱いよぉ~こんなに熱くなっちゃったの体。どうしたらいいのぉ~?んもう、こうなったら、もっとまで…突入!しちゃいまぁ~す!!」

「録画したけど…。」
陽介「いらねーよ!!!」

5月18日[]

たちが飛び込んだテレビの中の世界ダンジョン
その最深部には、完二と、完二シャドウがいた。

「男がいい!”男の癖に”って言わないしさ、だから男がいいんだ。」
「違う…!」
「違わないよ。君はは君だよ。」
「ふざけんな…!」
「だめだ!止せ、完二!!」
てめえみてぇなのが、なもんかよ!!!!」
「んふふふふふ、うふふふふふは君、君さぁ!!!」

たちは完二を救うために完二の影と闘うも、苦戦してしまう。
ふと、完二は、床に落ちている自分が作ったぬいぐるみを見つける。

「あれは…!」
お前が作ったんだろ?」
「なんだ?悪ぃのか?男の癖に、こんなもの作っちゃ…」
「…いや、かわいいとおもうよ。」
「はぁ…?」
「…かわいいよ。」
「か…!!!」

これが完二への大きな励ましとなり…

は…かわいいもんが好きなんだよ!!!!」

自分の手で自分のシャドウを倒し、自分のシャドウを受け容れた。

彼の名誉のために書いておくが
完二シャドウは、「”男の癖に”可愛いものが好きである」というコンプレックスが「(陽介く)たち悪く暴走した」ものである。
完二自身も、「男だ女だってんじゃねぇ、拒絶されんのが怖くてビビッてよ、自分から嫌われようとしているチキン野郎だ!!」
といっているわけであるので、決して、決して、完二ゲイではないのである。


Persona4 the ULTIMATE In MAYONAKA ARENA


公式サイトによると、投げを体とした押しのパワータイプとなっており、HPや攻撃も高めであるようだ。
シャドウの件もあってか、PVでは「バラ体の狂い咲き、戦慄のガチムチ皇帝」紹介されていた。


3.オーブ軍の空母として


元々オーブ永世中立国で、「他侵略せず、他侵略を許さず、他の争いに介入しない」を理念としていた。そのため外洋航行を持つ空母を持っていなかったのだが、その理念を貫いた故に地球連合軍に侵攻され土を焼いてしまった。この事から防戦略に変化が生じ、外洋航行を有した大空母の建造に着手した。航空機ではなくムラサメなどのモビルスーツ運用に重きを置いた空母「タケミカヅチ」が完成した。
艦長にはトダカ一佐、副官にはアマギ一尉が就いた。
それから2年後、オーブはかつての敵である大西連邦と同盟を結んだ。ザフト軍艦ミネルバを討つ為、地球軍はオーブに対し増援の派遣を要請。オーブ本土から大きく離れたスエズ基地に増援を送るため長期航行に耐えるタケミカヅチと護衛艦6隻がオーブより出港した。その後、地球軍と合流するがネオ・ロアノークに言いくるめられたオーブ軍の指揮官ユウナ・ロマ・セイランによって地球軍の前面に展開、艦載機のムラサメ護衛艦とともにミネルバと交戦する。での戦闘では決着が付かず、次にクレタミネルバと対峙。ムラサメ隊の猛攻でミネルバ煙を噴かせ、満身創痍にした。が、トダカがタケミカヅチを前面に押し出した事で、今度は逆にミネルバの猛攻を受けるようになり被弾で船体が傾き始めた。護衛艦シン・アスカの駆るソードインパルスガンダムによってズタズタにされて全滅、決死で止めようとするムラサメ隊も壊滅。ついにはタケミカヅチの艦に対艦が振り下ろされ撃沈された。
しかし事前にトダカが乗員に退艦を命じていたため撃沈時に戦死したのは艦と運命をともにしたトダカのみだった。

タケミカヅチ撃沈後、生き残った乗員やムラサメ隊はアークエンジェルと合流。その後はアークエンジェルの戦として運用され、オーブザフト軍の侵攻を受けた際には救援に向かった。


関連商品



関連項目



最終更新日: 18/05/02 22:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ