ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タブレット閉塞


ヨミ: タブレットヘイソク
掲示板をミル!
3カキコ!

タブレット閉塞とは、鉄道における運行システムのことである。かつては全鉄道で見られたが、電気・電子による閉塞が一般化した現在ではしい存在となっている。


概要


鉄道を運行するにあたって、列車間の安全を確保するための方法として、間などの一定の区切った区間に列車が存在する場合、他の列車は進入できないようにする必要がある。これが「閉塞」である。

タブレットはいわば通行票(通行)であり、これを持っていない列車は閉塞された区間に進入することは出来ない。簡単に単線のAからBまでの一だけの路線があったと仮定して言えば、タブレット金属製の輪で作った器具に収め、これをA駅員列車運転士または機関士に渡すことで列車が閉塞区間に進入することを許され、次のBに発する。対向の列車タブレットを持っていないため閉塞区間に入れず、Bで待機することになる。タブレットを持った列車はBにつくと運転士または機関士がB駅員タブレットを渡す。すると駅員は確認の後そのタブレットを今度は対向列車運転士または機関士に渡す。すると、AからBの間には列車がいないことが確認され、対向列車は安全にAへ向かって閉塞区間に進入することを許可され、出発することになる。

信号システム電気化されていない時代では、一般的にこの方法の応用がされて安全運行が図られていた。実際には、通票器と呼ばれる機械タブレットを鍵のようにはめることによって、別の列車に渡すタブレットが排出され、閉塞区間に列車がいる間は、別の列車が進入できない仕組みであった。

よく、その金属の輪自体をタブレットと誤解している人がいるが、実際は金属の輪に取り付けられた小さな収納容器にタブレットが収められている。金属の輪は駅員運転士または機関士との間の受け渡しを容易にするためのものである。各駅停車の場合は直接渡し合えばいいが、通過する優等列車貨物列車の場合、走りながら受け渡しをすることがある。最初は運転士または機関士が直接腕を伸ばして駅員から受け取る、あるいは渡すという方法が取られていたが、速度が上がってくると危険なため、列車側にタブレットキャッチャーという腕木を設けての設備にブラ下げられたタブレットを受け取る方式が一般化した。そして、に渡す方のタブレットは別途ホームに受け取り器が用意されており、運転士または機関士はそれに走り去りながら引っ掛けていくのである。

タブレットと似たものとして、棒状のスタフというものがある。


関連動画



■sm23426084[ニコ動]

■sm19557143[ニコ動]
■sm18951248[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/04/28 23:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ