ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


タボール


ヨミ: タボール
掲示板をミル!
40カキコ!
銃器の一覧 この記事のほかにをお探しの場合、こちらを参照してください。
銃の一覧銃器の一覧

[画像を見る]

タボール(Tavor)とは、イスラエルのIWI(イスラエル・ウェポンインダストリーズ)社が生産する、土地柄故に多忙なアサルトライフルである。

名称(シリーズ名)はイエス・キリスト昇天したと伝えられるガリラヤ地方に存在するタボール山から取られた。単自体の意味は「変貌」。パレスチナ人を○○るのに忙しいから…って付けた訳ではない。

概要

旧式化したガリルM16/M4カービンの代替品として開発されたブルパップ方式の次世代アサルトライフルである。

見たステアーAUGイスラエルエッセンスを足して、ゴツく・メカメカしく・更に戦闘向けにしたようなスタイルだが、そんな外見に似合わず(基本仕様TAR-21)自体の重量は2.8kgと、初期M16並の軽量さを誇る子。近年流行のポリマーやアルミを多用したお陰である。ダンボール製だからではない。

だが、基本のオプションを取り付けたら3.6kgとM4HK社のG36辺りと同程度になっちまうのが悔しい(いや、十分だとは思うけどさ。つーかG36自体も結構軽いんじゃない?)。

なお、TAR-21(Tavor Assault Rifle - 21st Century)とも呼ばれるが、こちらはIWI社の現行カタログでは機種名(基礎モデル)の名称として扱われている模様。TAR-21という呼称の場合、シンガポールSTK社のSAR-21と案外間違えやすい。見たから内部構造までマジクリソツだから困る(内部機器に関しては一応SAR-88ベースだけど)。

混同を避けたいと思う人は“タボール”の呼称を推奨します。
と言うか、そっちの方が格好良いと感じるのは自分だけ?

詳細・スペック

スペック
製造 イスラエル / IWI
全長 725mm
身長 460mm
重量 2800g (2.8kg)
機構 ガスピストン方式
(ロングストローク)
口径・弾薬 30
5.56mm NATO弾
有効射程 300500m

口径・使用弾薬は5.56mm×45 NATO弾、ライフリングは6溝一回転7インチ仕様で、SS109M193の双方に対応する。フルオート発射速度700-1000発/分。

マガジンM16の物をそのまま流用、基本装弾数は30発となる。しかしガリル専用マガジン35発)もアダプターを併用する事で使用可としているところはイスラエルらしい。なお、後述のX95では9mm×19(9mmパラベラム)への口径コンバージョンも可にしている。こちらはウージーマガジンを流用する。

ブルパップ方式ではアイアンサイトによる照準は難しいため、タボールではドットサイトが標準装備となっている。乗せられる機種はイスラエルITL製のMARSマーズ)や同プロライト製のM21などがある。
このうち、MARSレッドドットレーザーサイトを併用したハイブリッドシステムだが、高機の結果として相当な値段になるらしいのでイスラエル軍ではリフレックス式のM21の方が多く採用されている模様。

万一のドットサイト故障に対応するため一応アイアンサイトも非常用として備されている。ドットサイトの後ろに暗視スコープITレーザートラサイトX3)やグレネードランチャーサイトも簡単なネジ込み式で取り付け可とし、一々面倒な作業しであらゆる状況に対応出来る。

トリガーセミフルオート切り替えセレクターの位置は、M16と大体の位置を合わせている。
これはイスラエル軍ではM16ライフルが多く使われているため、違和感なく扱えるよう対応した為である。

AUGと同じく左右対称アンビデクトラウス)の設計であり、ボルトなどのパーツを簡単に交換する事で両利き対応としているが、その場で即座に交換する事は出来ない。一応イスラエル軍はこの設計にOKサインしてるはずだから、彼らにとってはまだまだ許容範囲内と理解しても良いのかしら。

内部機器はAK-47そのままであったガリルの長ガスピストン方式から一新し、AUGと同じくAR-18系からのである短ガスピストン方式を採用した。ボルトAK-47M16ボルトを混ぜたような奇異なデザインの4本のボルトロッキングラグとなっており、より悪条件に耐えやすい設計となっている。X95の口径9mm×19の場合は単純なブローバックに変更される。

軽量化のため、要機器のあるストック後方部分に重量が集中してしまっているが、これはバーティカルグリップバイポッドM203ランチャーの併用で善出来るらしい。なお、口(先端)部分は軽量であった方が撃ちやすいという意見もあるため、重量配分に関しては一概に欠点とは言えないようだ。

少なくともヒズボラとの戦闘やガザ地区へ投入されているため、それなりの実戦経験はある(まぁ当たり前か)。

余談だが、某高性能ハゲ氏はイスラエル軍に広く採用されるコマンダー仕様を用い、300m先の標的の頭と肩に命中させている。この場合、タボールの方が凄いのかハゲ氏が凄いのかぶっちゃけ訳わかんねぇや。要はどっちも凄いってこったね。

バリエーション

採用状況

初期のタボールは故障しまくったためM4A1に制式突撃銃の座を奪われてしまったと伝えられているが、これは初期の頃の試作品は工作精度が安定せず、しかも悪条件下でのテストであったことが原因だったらしい。

そうしたテスト甲斐あって良され完成、その後ようやくイスラエル軍に制式採用されている。なお、同じIWI社のガリルやネゲヴ軽機関銃も、やはり最初は故障しまくり→良→完成・採用のプロセスを経ている。
こうした完成までの経緯はイスラエル伝統の通過儀礼とも言えるので、あまり重要視すべきではない事柄であろう(と思う)。

イスラエル軍では、にギバティ/ゴラー団(Givati/Golani Brigade)、および特殊部隊エリートであるサイレット・マトカル/ゴラーニ(Sayelet Matkal/Golani)などを中心に試験採用後、現在では様々な部隊の新兵や士官補生を中心にCTAR-21GTAR-21を配給、配備している。
ちなみに部隊内では旧式のM16M4を宛がわれるベテラン兵士達がコイツを欲しがり、盗もうとする程の人気があるらしいとか。

イスラエル軍のほかに13ヶで採用されている。この内インドブラジルウクライナではライセンス生産での供給となっている。
同世代のSAR-21F2000べて、イスラエル製なこともあってか売り上げはかなり好調なため、ブルパップの中ではAUGFA-MASP90に続いて商業面でも成功したと言えるである。

関連動画


■sm5251064[ニコ動]

■sm22608222[ニコ動]

ゲーム

■sm9537680[ニコ動]
■sm6033789[ニコ動]

関連静画

■im3577957(静画)
■im2708209(静画)
■im2945095(静画)
■im3498717(静画)

関連項目


最終更新日: 17/05/23 04:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ