ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダイハツ・コペン


ヨミ: ダイハツコペン
掲示板をミル!
31カキコ!

コペンとは、ダイハツが製造していた軽オープンカーである。
名前の由来はコンパクト+オープン(Compact + Open=Copen)である。
なお、当初は軽自動車+オープン(K car + Open)でKopenだったそうだが、途中で上記へ変更になったそうな。ちなみに「KOPEN」はコンセプトカー名前でもあった。


概要



初代(2002年〜2012年)


近年ではしい軽自動車オープン2シーターで、製造初年は2002年から。

外見は、円をつないだような柔らかいタッチのボディデザインに、円形のヘッド・テールランプがおごられ、何とも可らしい雰囲気を漂わせる。

が、そのスペック冷式直列4気筒DOHCエンジンをターボ過給とし、軽自動車故にこそ64にとどまるが、4速ATのほか5速MTラインナップするなど、何ともアグレッシブなのだ。
インパネにおごられるタコメーターも10000回転スケールの物で、レッドゾーンはターボ過給エンジンとしては驚異的な8500回転を誇る。
電動で開閉するアクティブトップも、おおよそ軽自動車の装備とは思えないほどである。

しかし、軽自動車としてみると190万円以上という価格がネックで、ちょっと取っ付きにくいではあるかもしれない。 

2012年8月に生産終了する。


2代目(2014年〜)



主なグレード(初代)



アクティブトップ


コペンのベーシックグレード。
価格はMT1715000円/AT:169万5000円北海道地区はMT172万3400円/AT1703400円。

ベーシックといっても装備に差異がある程度に留まり、論このグレードでもコペンの魅を十分に味わう事が出来る。
また、2010年に行われたマイナーチェンジにより、これまでオプション装備となっていたシートヒーターやプロジェクター式ディスチャージヘッドライト、イモビライザーが標準装備となった。
この仕様変更により、オプションパッケージのGパックは止されている寒冷地仕様は元々シートヒーターが標準装備されている。

これまでMT/AT共に同じ希望小売価格で販売されていたコペンであったが、MTLSDを標準装備としたことで2万円の価格差が生じている。


アルティメットエディションS


専用パーツを数多く採用した特別仕様
価格はMT:2075000円/AT2055000円北海道地区はMT2083400円/AT2063400円。

アルカンターラ生地を用いた専用RECAROシートか本革製スポーツシートを選択可になっているをはじめとして、レザー/ウッド&レザーのMOMOステアリングを選択可となっている。

他にもBBSアルミホイールやビルシュタイン製ショックアブソーバーなど、オプションにも設定されていないパーツをふんだんに取り入れた「究極」の一台である。

また、ホワイトメーターやフロントグリル、更にはテールレンズに至るまで専用のものを採用している。
2010年7月を以って止されたアルティメットエディションIIアルティメットレザーエディションを統合する形で、2010年8月から発売開始。


関連動画



■sm8104698[ニコ動]

■sm2346662[ニコ動]


関連商品


■azB005F2VTVC
■az4904760239


関連コミュニティ


■community
 


関連項目



外部リンク



最終更新日: 14/06/17 20:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ