ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダイハツ・ミライース


ヨミ: ダイハツミライース
掲示板をミル!
4カキコ!

ダイハツ・ミライースとは、ダイハツ2011年より製造をしている5ドアハッチバックの軽乗用車である。


概要


名の由来のイースは、ダイハツが開発した新技術である「Energy Saving Technology」の頭文字から。ダイハツ・ミラベースにしながらも、重の軽量化をし、ダイハツの燃費テクノロジーを駆使して「第三のエコカー」として燃費重視に絞った種でもある。先代モデルでもあるダイハツ・エッセの弱点でもあった内外装の質感も向上された。

元来は2009年東京モーターショーで出品されたコンセプトカーダイハツイースで、コンセプトはミライースの基礎となった。なお、コンセプトカー版ではボディは2ドアだった。

ミッションCVTのみで、ボディも5ドアのみ。駆動方式はFF4WDが用意される。

TVCMで、デビュー当初にはアメリカ俳優ブルース・ウィリスが起用がされるほどでもあった。後に俳優堤真一が起用をされている。

低燃費を売りにした結果、2012年には軽自動車の年間販売台数1位を獲得をした程で、ミラシリーズの売り上げにも貢献をしている。

2017年フルモデルチェンジし、フレームにLA400系コペンで先行採用されていたD-baseを採用。一部の外パーツを使用し、体の更なる軽量化と運動を向上させた。上位グレードではオートエアコンとLEDヘッドライトが標準装備され、最廉価グレードであるBグレードでは後席のが嵌め殺しになる。LA300系で不評だったステアリングとペダルの配置関係は見直され、多少運転姿勢が楽に取れる様になった。ラジオアンテナは感度で勝るものの洗機等での破損率の高かった伸縮式から、コンパクト耐久性に優れる可倒式に変更され、から腕を出した際に、丁度上の位置になる様に配置変更された。


モデルの流れ


2011年 LA300系が登場。

2012年 一部良。装備の追加がされる。同時にトヨタOEM供給が開始。また後にスバルへのOEM供給が開始される。

2013年 マイナーチェンジ。燃費の向上と予防安全装備「スマートアシスト」がメーカーオプション設定される。

2017年 LA350系にフルモデルチェンジ


余談


LA300系前期の中でも、駆動方式がFFかつ初期の個体はリアアクスルの形状が異なっており、トレッド幅が異なる他、リアスタビライザーのボルトオン装着が可である。これは、兄弟種であるLA100Sムーヴ前期リアアクスルを流用していた為である。細かい所では『ショックの製造メーカーが異なる(ミラバンの流用)』『テールランプの内部構造が異なる(LED部が透き通った赤色クリアレンズではない)』等の差異がある。ムーヴマイナーチェンジ時にリアアクスルは変更されており、それに伴い部品を共有するミライースもリアアクスルの形状等が変更されている。

LA300系後期では、製造年でKF-VE3を搭載する個体と、KF-VE4を搭載する個体が存在する。KF-VE4はエアクリボックス上部がらに成形されており、見分けるのは容易である。

関連動画



■sm21667679[ニコ動]

■sm22100548[ニコ動]


関連商品


■az4779612926


関連リンク


ミライース公式サイト[外部]


関連項目



最終更新日: 18/06/16 03:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ