ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダイハツ・ムーヴ


ヨミ: ダイハツムーヴ
掲示板をミル!
2カキコ!

ダイハツ・ムーヴとは、ダイハツ工業1995年より発売をしている軽トールゴンの軽乗用車である。


概要


名の由来は、英語で「動かす」「感動させる」という意味から。1993年に登場をしたスズキ・ワゴンRが大ヒットを飛ばしていたが、それに対抗をするために登場をする。本来はムーヴが先行開発をしていたが発売のタイミングを逃していて、会社・トヨタ自動車から赴任をしてきたばかりの当時の社長から「何故出さない!」と言われて一気に登場の運びとなった。

登場をして以後は、日本での軽自動車での乗用車部門では、ワゴンRと共に軽自動車の定番としての地位にある。

また、ライバルワゴンRとの較は、リアハッチが跳ね上げ式ではなく横開き式が標準となる。ただし2002年登場の三代目モデル以後には跳ね上げ式のリアハッチもグレードによって設定される。グレードも標準グレードと、走りを意識をした「カスタムシリーズ」が初代モデルより用意される。

駆動方式はFF4WDが用意されるが、初代モデル4WDの5速MTのみ切り替えが出来るパートタイム式が用意され、二代以後はすべてフルタイム式となる。

ミッションは初代から四代目までは5速MT&3速&4速ATが用意され、二代以後にはCVTも設定されたが、2010年登場の五代CVTのみとなる。初代モデルと二代モデルには燃料電池自動車仕様も特別に製作がされていた。

また、CMも相当に作られているのも歴代モデル共通の特徴でもある。


初代モデル(1995年~1998年)


1995年に登場。ミラベースに登場。当時大ヒットをしていたワゴンRの対抗として登場をし、ワゴンRに対して上級感溢れる内外装の質感を与えている。またスタイリングイタリアデザイン会社との共同開発となっており、スタイリッシュさを全面に押し出しワゴンRシンプルな雰囲気を敬遠をしているユーザーの支持を受けてヒットを飛ばした。

エンジンは新開発の3気筒DOHCエンジンと、ターボ仕様には4気筒のDOHCが用意される。ミッションは廉価グレードには3速ATと5速MTが用意され、上級グレードのATは4速となる。駆動方式はFF4WDだが、廉価グレードの4WDパートタイム式となり、後はフルタイム式となる。

1996年に一部良。エアバックパワードアロックが標準装備となる。またグレード整理が行われた。

1997年に一部良。同時にスポーティバージョンの「カスタム」が登場をする。これが現在でも続く二本立ての路線となる。同年には、マイナーチェンジで、一部に残っていたエンジンのキャブレター方式が止され、すべて電子制御式のEFIとなる。

TVCMには、当初ピアニスト・山下が起用をされたが、翌年に音楽ギタリスト高中正義の曲が使用され、「カスタム」登場時にはロックバンド黒夢の楽曲が使用された。


二代目モデル(1998年~2002年)


1998年軽自動車規格の定に合わせて初のモデルチェンジが行われる。バリエーションも標準とカスタムの二本立てとなる。装備も軽自動車では初の運転席&助手席エアバックシステムグレードにより用意された。メーカーオプションで横滑り制御装置まで用意されるほどの充実ぶりであった。一部グレードではミッションCVTが用意される。

1999年には特別仕様サンリオとのコラボをした『ハローキティー』バージョンが登場をする。

2000年マイナーチェンジ。衝突安全性の向上と前後デザインの変更が行われた。

2001年には一部良で、排ガス規制クリアさせた。

この代からカスタムの方を全面的に押し出すようになる。ミュージシャン貴水博之の楽曲と本人が登場をしている。


三代目モデル(2002年~2006年)


2002年モデルチェンジ。この代より、標準カスタムリアデザインが異なり、ナンバーの位置が標準バンパー部分になり、カスタムリアドア部分となる。また先代同様にリアドアは横開き式となるが、一部グレードでは一般的な跳ね上げ式となる。ATも3速式が止され4速式となる。またシャーシもムーヴ専用シャーシとなる。

2003年には特別仕様を次々と投入をする。

2004年マイナーチェンジ。内外装を変更をし排ガス規制クリア、また全グレードにセキュリティアラームシステムを標準装備化がされた。

2005年に発売10周年特別仕様が登場。

登場時にはツインボーカルユニットケミストリーを起用をしたが、2004年マイナーチェンジ時にはロックバンドL'Arc~en~Cielの楽曲が起用をされ、2005年にはロックバンドポルノグラフィティーミュージシャンGacktの楽曲が起用された。


四代目モデル(2006年~2010年)


2006年モデルチェンジ。従来の直線的なデザインから曲線を生かしたデザインとなる。またエンジンも新開発の直列3気筒エンジンに統一化がされる。ミッションCVTと4速ATと、廉価グレードに5速MTが用意された。

2007年ダイハツ工業創立100周年記念モデルが登場。

2008年マイナーチェンジ。従来はメーカーオプション品であったカスタムのディスチャージヘッドランプが標準装備となった。ターボ仕様ミッションCVTに統一化がされた。

2009年に一部良で装備の見直しと排ガス規制クリア

2010年には福仕様以外の4速AT止をされ、CVT仕様に統一化がされる。

イメージキャラクターには当初、女優仲間由紀恵が起用をされ、室内スペースを強調をするためコミカル演技となった。後に女優柴咲コウとなった。


五代目モデル(2010年~2014年)


2010年モデルチェンジ。ボディの軽量化を図り燃費を向上。またミッションはすべてCVTのみとなった。上級グレードにはアイリングストップを追加をし燃費がカタログ値でリッター27キロを実現をした。

2011年スバル側にステラとしてOEM供給を開始。同年には燃費向上の一部良が行われた。

2012年マイナーチェンジ。大進化をした五代ワゴンRに対抗をするために、デザインを大幅に変え、軽自動車初の「CVTサーモコトロラー」を採用をして燃費向上に貢献、また軽自動車初のレーザーレーダーを利用した低速域衝突回避支援ブレーキ、誤発進抑制制御機、先行発進お知らせ機VSC&TRCの4つから構成される軽自動車初の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用をした。その進化ぶりを強調をするためTVCMも相当となった。

このといえば、『ニコニコ動画』ではMADが作成される程のキャッチコピーTNPが有名である。俳優遠藤憲一俳優岡田准一とのやりとりは、話題となった。

マイナーチェンジ後は、舞台裁判所で、弁護士役に俳優役所広司と検事役に俳優八嶋智人が法廷で対決をするという設定となっている。


六代目モデル(2014年~)


2014年12月モデルチェンジ。先代モデルの良さを残しながらも、ボディの軽量化と燃費性を向上させ、歴代の特徴であった横開き式のリアハッチがついに止となった。カスタム系のグレード名も「ハイパー」の名称となる。

TVCMは、俳優長谷川と、女優小松菜奈が起用され、あるサラリーマンアンドロイドムーヴを説明をするという設定となっている。


関連動画



■sm15195184[ニコ動]

■sm15213454[ニコ動]
■sm13899274[ニコ動]
■sm19732702[ニコ動]


関連商品


■azB00564YECA
■azB001B1UMZK


関連リンク


ムーヴ公式サイト[外部]

ムーヴカスタム公式サイト[外部]


関連項目



最終更新日: 14/12/15 21:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ