ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダイハツ・ムーヴコンテ


ヨミ: ダイハツムーヴコンテ

ダイハツ・ムーヴコンテとは、ダイハツ工業2008年より製造をしている軽トールゴン乗用車である。『カクカクシカジカ』の元ネタでもある。


概要


名の由来は、英語の「Continuity」の日本略称で「台本」や「コンテ」の意味から。
四代目ムーヴモデルとして登場。四代目ムーヴ較的曲線が強いデザインとなるが、ムーヴコンテは一転して直線的なデザインとなる。またベースのムーブと較して、前席の快適性を追求しているのも特徴的で2011年マイナーチェンジまでパワーシートが用意されていたほどでもある。そのためムーヴに用意される後席シートスライド機省略をされている。

エンジンはNA仕様ターボ仕様が用意され、駆動方式はFF4WDミッションデビュー当初から2010年の一部良までは4速ATCVTの二本立てだったが、後にCVTに一本化がされている。バリエーション普通の「コンテ」とエアロパーツを組み込んだ「コンテカスタム」の二本立てとなる。

また2011年よりトヨタへのOEMバージョンの「ピクシススペース」として供給されている。

TVCMデビューから一貫して俳優生瀬勝久が、ナレーションを担当をしている。「カクカクシカジカ」のキャッチコピーは強な印を残す。


モデルの流れ


2008年デビュー三代目ムーヴベースにした「ムーヴラテ」もしばらく併売をされていたが、後に「ムーヴコンテ」に一本化がされる。

2009年に一部良。グレード編成の変更と、排ガス規制の対応がメインとなった。

2010年に一部良。一部グレードに残されていた4速AT仕様止され、CVTのみとなる。

2011年マイナーチェンジ。五代モデルに移行をしていたムーヴに搭載をされていた、アイリングストップエコアイドル」が搭載。燃費向上が図られた。またパワーシート止された。またCMも「TNP」のセルパロディをしていた。同年にはトヨタOEM供給をする「ピクシススペース」が登場。

2012年に一部良。エンジンCVTが「ミライース」に採用されているに搭載され、燃費向上が図られる。またグレード整理とボディカラーの入れ替えが行われる。リアテールランプもLED化がされた。

2013年に一部良。燃費の向上及びボディカラーの入れ替えが行われ、防音性の向上で静粛性が向上や足まわりの善がされハンドリングが向上される。またシートのステッチがに変更される。


関連動画



■sm8192067[ニコ動]

■sm13742266[ニコ動]


関連商品


■azB001PIJ6E2
■azB001PIJ6EC


関連リンク


ムーヴコンテ公式サイト[外部]


関連項目



最終更新日: 13/11/06 16:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ