ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダライアス外伝


ヨミ: ダライアスガイデン
掲示板をミル!
109カキコ!

ダライアス外伝とは、1994年タイトーが発売したアーケードゲームで横スクロールシューティングゲームである。アーケードゲームとしてはダライアスシリーズの第3作となる。


概要


筐体だったアーケード前2作とは違って1画面構成になり、新システムとしてボンバーを採用した。これにより、新規ユーザープレイしやすくなっただけでなく、筐体の流通がしやすくなり、より多くの筐体が稼動できるようになった。

ゲームシステムゲームバランスグラフィックBGM難易度、ボリューム、演出など、全てにおいて一級品の出来となっており、ダライアスシリーズ最高傑作との呼びも高い。一部からは全STG最高傑作とまで言われることがある程で、94年にはゲーメストシューティング部門の大賞に選ばれている。そのため、格ゲー全盛期STGの時代中であったにもかかわらず大ヒットとなった(ちなみに94年には他にもレイフォース雷電DXなどがヒットしている)。また、本作を紹介する個人サイトブログも多く、特にアーケードSTGを扱っているサイトでは必ずといっていい程紹介されている。

ちなみに、タイトルダライアスⅢとならなかったのは、多画面が特徴だったダライアスシリーズの続編となることを避けるためだったという。後に後付け設定としてダライアスストーリー正史に加えられた。

また、中よりもボス戦が重視されている点や、BGMゲーム画面のシンクロ演出などのゲームデザインは後続の他作品にも多大な影を及ぼした。


ストーリー


概要
惑星ダライアスからプロコとティアットが脱出したのに続いて、他の輸送艦隊も脱出を行い、2人とは別の惑星に逃げ延びた後の物語
時は流れ、惑星ヴァディスでは惑星ダライアスへの帰還計画が開始されていた。惑星ダライアスへの航路を築くため、前線基地の建造、大規模移民船団の編成が行われる。
しかし、その前線基地が次々とベルサーの艦隊に破壊される事件が発生。迎撃に向かったシルバーホーク部隊も壊滅させられてしまう。
軍はシルバーホーク部隊の生き残りであり、トップガンであるケイス・アーディンアンナ・シュタイナーに戦局打開のためのを下し、ベルサー艦隊の撃退及び惑星ダライアスまでの強行突破作戦を敢行する。
インスト
ダライアスでの戦いの後、死のと化したダライアスを脱出し、他の惑星へと移住した人々がいた…
時は過ぎ、移住した人々は再び故郷ダライアスへ帰る決心をした。その準備が着々と進行中、中継ポイントステーション上のプラントが、何者かによって次々に破壊されていった。
ダライアスを引き上げる輸送船団のあとを追って、その破壊者は、ついに移民ヴァディスにも魔の手を広げ始めた。立ち向かうシルバーホーク隊も残にも倒れていった。
そして人々の望をかけて、最後の2機となったシルバーホークが戦いに向かっていった。
SCITRON CD
それは、プロコとティアットの戦後惑星ダライアス物語である。
死のと化したダライアスの生き残りの人々がたどり着いた辺惑星ヴァディス。
日は流れ、人々は平和を取り戻したが、故郷の惑星ダライアスを忘れる事は、できなかった。
綿密な調の結果、ダライアスは、人の住める環境を取り戻していると判明した。
こうして、故郷ダライアスへの移民準備が開始された。
そんなある日、移民の為の施設が何ものかによって次々と破壊されていった、
かってのベルサーとの戦いの記憶がり、人々の不安を掻き立てた。
破壊者ダライアスからヴァディスへ引き上げる輸送船団を襲い、ついにヴァディスに攻撃の手をのばしてきた。
敵を確認した者の報告によるとその中に以前、ダライアスで戦ったベルサー攻撃機の姿があるらしい。
ヴァディスを守るべくシルバーホーク隊が向かったが、敵の前になすすべなく、ほぼ全滅状態に陥った。
最後の望みをかけて、急遽改造されたシルバーホーク二機が出撃した。
敵の巨大戦艦が襲いかかる。まったく未知のものに交じって、確かに見覚えのある、しかし、不気味さの増したベルサー巨大戦艦が立ちはだかる。
ヴァディス内に散らばった敵を一掃することに成功し、今回の問題の発端であるダライアスへ向かうことにした。
宇宙へ出ても、眼前に広がるのは、襲われ、破壊された移民用のコロニー等の残骸ばかりだった。
残骸に潜む圧倒的多数の敵の攻撃をかわし、ワープに入った。
そこも決して例外ではなく、次々と敵が出現してくる。敵は小機にいたるまでワープがあるのか。
まるで行く先を知っているかのような敵の動きに、すっかり当惑してしまうが、決死の思いで切り抜けダライアスにたどり着いた。
大気圏に突入すると特別な郷愁の思いが、胸に込み上げてきた。
故郷の惑星はすっかり姿を変え、まったく知らない表情で帰還者を迎えた。
ここは既に他の者の惑星となっているのか、違うエネルギーの存在を強く感じた。
そして、惑星の内部深く突き進むにつれ、この戦いの真実が少しずつではあるが、見えようとしていた。
深く、暗い、惑星の底にそれはうごめいていたのだ。
セガサターン
この物語は「ダライアス」のW-ZONEエンディング以後の物語である。
ダライアスでの戦いの後、死のと化したダライアスを脱出し、他の惑星へと移住した人々がいた。
時は過ぎ、移住した人々は、再び故郷ダライアスへ帰る決心をした。
その準備が着々と進む中、中継ポイントステーションや、上のプラントが、何者かによって次々に破壊されていった。
ダライアスから引き上げる輸送船団の後を追って、その破壊者はついに移民ヴァディスにまでその魔の手を広げはじめた。
立ち向かうシルバーホーク隊も惨にも倒されて行った。
そして、人々の望みを賭け、最後の2機となったシルバーホークが戦いに向かっていく。
ゲーメストムック
この物語ダライアスWゾーンエンディング以降の物語である。
時は過ぎ、移民した人々は再び故郷ダライアスへ帰る決心をした。
その準備が着々と進む中、中継ポイントステイションや、プラントが、何者かによって次々に破壊されていった。
ダライアスから引き上げる輸送船団の後を追って、その破壊者はついに移民ヴァディスにまでその魔の手を延ばしはじめた。
立ち向かうシルバーホーク隊も残に倒されて行った。
そして、人々の望みをかけて、最後の2機となったシルバーホークが戦いに向かっていく。
プレイステーション
ダライアス」のW-ZONEエンディング以後の物語
死のと化したダライアス。時が過ぎ、このを脱出し他の惑星へ移住していた人々は、 故郷ダライアスへ戻る準備を進めていた。 しかしそこにび寄る魔の手。容赦なく続く攻撃に、 平和への願いは燃え崩れようとしていた。 脅威にさらされてしまった移民ヴァディス。
この惨劇に立ち向かえるのは2機のシルバーホーク、 そうキミたちしかいない…
PC
セガサターン版と同じためそちらを参照。

システム



パワーアップ


、ツインフォースと、今までパワーアップシステムが初代とは違うものだったが、本作以降では初代と同じパワーアップ形式に統一された。ただし、ショットのみ他とは若干違ったパワーアップを行う。

ショット

本作はアイテム紋章)を取る度に毎回違ったパワーアップが行われる。攻撃の種類とパワーアップの仕方は以下の通り。

ミサイル(通称:白玉
ノーマルショット。貫通性はないが威が高い。
レーザー
敵を貫通(貫通しない敵もいる)。
ウェーブ
地形と敵を貫通(貫通しない敵もいる)。
大ウェーブ
のウェーブ。
ウェーブ
大ウェーブの強化版。
オプション
自機の上下に附随し、近くの敵に向かって弾を発射する。威は低い。
白玉 白玉×2 白玉×3
レーザー×2 レーザー×3 レーザー×4
ウェーブ ウェーブ+白玉×2 ウェーブ×3
大ウェーブ 大ウェーブ+白玉×2 大ウェーブ+ウェーブ×2
ウェーブ+オプション×2 ウェーブ+白玉×2+オプション×2 ウェーブ+ウェーブ×2+オプション×2

文字で表示されているのはそれぞれのショットパワーアップランクの初期レベルにあたるもので、ミスをすると前ランクの初期レベルにまでパワーダウンする。例えば、5段の「ウェーブ+白玉×2+オプション×2」でミスすると前の段の「大ウェーブ」に、2段の「レーザー×2」なら1段の「白玉」にパワーダウンする。

ショット白玉の威がかなり高く、敵によってはウェーブ耐性があるため、最終段階の「ウェーブ+ウェーブ×2+オプション×2」よりも、その1つ前の「ウェーブ+白玉×2+オプション×2」の方がはるかに強い。誤って最後の紋章を取ってしまうと、ゲームランクが上がる上に威が大幅に下がってしまい、結果的に白玉時よりも難易度が上がってしまう(連射装置があるとさらに顕著)。具体的に例を挙げると、グレートシング戦では連射装置付きでもヤズカと出くわしたり、ストームコーザー戦だと発狂パターンに入る前に速攻で倒すことが困難になる。楽にクリアしたいなら(稼ぎプレイをしたい場合でも)最後の紋章はスルーした方が良いのだが、アイテムは大きく円を描く上に動きが速いため避けづらい。そのため、ダライアス外伝最強の敵紋章とよく揶揄される。

ボム

紋章を3個取るとランクアップ。ナパームになると着弾時に爆が発生し、高いダメージを与える。ランクアップするごとに爆発範囲と威が上がる。ホーミングになると、前方2発のボムに追尾性が付加される。ランクアップの仕方は以下の通り。ちなみにミスしてもパワーダウンしない。

ノーマルボム ナパームボム ナパームボム
インナパームボム インナパームボム インナパームボム
マルチナパームボム マルチナパームボム マルチナパームボム
マルチホーミングナパームボム マルチホーミングナパームボム マルチホーミングナパームボム

アーム

本作もアーム、スーパーアーム、ハイパーアームの順で強化。紋章を5個取るとランクアップ耐久の高さとアイテム取得時の耐久の回復量は下表参照。ハイパーアーム時は地形の接触にも耐えるが地形に潜ることはできない。ミスするとランクはそのままにレベルが初期値に戻る。

アーム回復量表
アーム状態 アームがある時 アームがい時 最大値
ノーマル +1 +3 3
スーパー +2 +3 4
ハイパー +3 +3 5

勲章を取る時に、アームがノーマル時で残り1枚の時には、被弾して勲章を取った方が回復量が大きい。


ブラックホールボンバー


初期状態では3個保有。最大5個。発動すると約4間画面全体の敵にダメージを与え、敵の攻撃に対して無敵状態になる。ただし地形ダメージは防げない。なお、ボタンを押して画面中央にブラックホール出現まで、非常にわずかだがラグがある為、厳密な無敵ではない。紋章を取ると補充し、最大5個保有時に勲章を取ると5000点。


中ボスとキャプチャー


ゾーンには強中ボスが登場し、それぞれコントロールボールが埋め込まれている。4面とXゾーンは例外で、4面では大量のプリックリィアングラーが登場。中ボス普通に倒すこともできるが、コントロールボールダメージを与え続けると外れ、回収すると一定時間こちらの仲間にできる。特定コマンドを行うと必殺技を行う(コマンドは下表参照)。キャプチャーした中ボスで倒した敵は得点にならない。なお、コントロールボールゲームが進むと耐久がかなり高くなるため、ショットの状態が「ウェーブ+白玉×2+オプション×2」でないとキャプチャーは困難。ちなみに「キャプチャーボール」という名称が有名で通っているが、「キャプチャーボール」という名称はGダライアスから付けられており、ダライアス外伝では「コントロールボール」が公式名称。

中ボスコマンド
中ボス 動作 コマンド 動作 コマンド
バルデェエホシノエソ 右飛ばし 236+ショット 左飛ばし 214+ショット
コブダイ レーザー 646+ショット
コウモリダコ レーザー 47896+ショット

ゲームランク



次へ»
最終更新日: 17/01/19 17:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ