ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダークフォール


ヨミ: ダークフォール
掲示板をミル!
28カキコ!

ダークフォールとは、『ふたりはプリキュアSplashStar』に登場する敵組織の名称である。


概要


滅びのによって生まれた滅びの世界、それがダークフォールである。命あるものはいずれ滅びる。故にその存在に価値などく、すべての世界を滅びのによってに返すことを的としている。物語開始の時点であらゆる世界の生命を世界樹を手中に収め、さらに世界樹を支える7つののうち6つまでを手中に収めている。


ダークフォールの構成員



アクダイカーン


「生けとし生ける者、が全て滅ぼしてくれるッ」

担当声優五代高之

ダークフォールの支配者。三日月の兜をかぶり、羽織のような衣服った巨人。燃える炎の瞳とな口が特徴的で、絶大なを持つ。性格は冷酷無慈悲で、失敗を重ねる戦士問い詰めたり、戦士敗北してプリキュアを取り返されてはゴーヤーンに当たり散らしている。裏切者にも容赦はなく、離反の意思を示した満とを自分の意のままに動かない者は存在しないに等しいとして問答用で滅ぼそうとしていた。本編23話「ついに対決! 脅威のアクダイカーン」ではプリキュア2名の攻撃がまるで通じず、47話「大逆転!?黒幕ってのこと?」でもプリキュア2名()+満とを圧倒した。から放つ紫色な攻撃法で、一時はプリキュアスパイラルハートスプラッシュと、満薫が放った滅びの撃による合体攻撃すら上回るを見せつけるも、すべての命の応援を受けたことでパワーアップした4人に撃ち負けた。

その正体はゴーヤーンによって作られた偽の支配者であり、命の炎がっぽの体に宿っただけの操り人形に過ぎない。立ち上がった直後にダークフォール諸共滅ぼす勢いで暴走するというゴーヤーンの思惑をえた行動を取ろうとしたことで彼の怒りを買い、命の炎を握りつぶされて消滅した。


ゴーヤーン


「ゴーちゃんではなくゴーヤーンです!」

担当声優森川智之

アクダイカーンの側近で、ゴーヤを思わせる縦長の頭と緑色の肌を持つ怪人着物姿と揉み手、そして丁寧だが陰湿なり口調が特徴。物語の初期から登場し、幹部たちが失敗する度にネチネチと嫌味を言っていた。カレハーンいじりの時は最高に楽しそうであったが、モエルンバやミズ・シタターレ、キントレスキーといったを行くメンツには、逆に振り回されていた。の郷にアロハシャツで出てきたり、事あるごとにダジャレを言ったり、かなりひょうきんである。

口ばかりで弱い腰巾着と思われがちだが、実は相当の戦闘を持っており、23話「ついに対決! 脅威のアクダイカーン」ではプリキュアと和解した満とブルームとイーグレットが掴んでいるにもかかわらずダークフォールへと引き込むほどの腕を持つ。

アクダイカーンが居座る洞窟とは別に自分の隠れがあるが、そのアジトの形はゴーヤーンの顔そのものであるあるため、他の面子にはその存在を知られていたらしい。また、自分の髪型キュートだと思って大事にしている。

41話でフィーリア王女からキャラフェを奪い取り、命のと滅びのを使ってプリキュア敗北した幹部全員を『リサイクルバージョン』としてらせた。このとき復活した『リサイクルバージョン』の再生幹部達は、『再生怪人は弱い』というお約束など全に視し、プリキュア精霊を『滅びの(再生幹部の体についてるゴーヤーンマークのこと)』の全に効化にするという鬼畜仕様であった(『リサイクルバージョン』の再生幹部は『ドラゴンクエストシリーズ』に登場する『アストロン(対者をの塊にしてあらゆる攻撃を効化させる呪文)』がかかった状態で動いていると考ればよい)。『リサイクルバージョン』の再生幹部を倒すには満薫の『滅びのを破壊し消滅させる技』で精霊効化する『滅びの』を消し去り(そうすることによって再生幹部がいつもの状態に戻る)、その上でプリキュアが放つ精霊いつもの強化必殺技)で攻撃しなければならない。


カレハーン


「そう、中辛がオスス・・・カレハーンだ!」

担当声優千葉一伸

ダークフォールの幹部の一人でを支配する幹部。ダークフォールの幹部の中では一番手であり、咲と舞が最初に戦った幹部である。木に関連する物をウザイナー化させるのが特徴。人一倍でに常にクールに振る舞っているそれ故にプレッシャーに気圧されやすく、ゴーヤーンに嫌味を言われるたびに逆ギレしている。反面、意外とお茶な一面があり、咲に「カレーパン」と名前を間違えられてもノリツッコミもこなすうえに咲と舞の会話にしれっと割り込んで「『カレっち』と呼んでくれ」と自ら言い出す。第7話では周りの木々をウザイナー化させてそれを自らと融合させるという「の手」を用いることによって精霊を吸い取ったり、枯葉の噴射させたりしてプリキュア一方的に苦しめるも惜敗する。枯れ葉モチーフであるため炎属性のモエルンバが苦手なほか、ドロドロンとも相性がよくない。リサイクルバージョンとして復活した際にも、ドロドロンとの見解の相違で一人脱落するはめになった。

プリキュアオールスターズDX2では、深海の闇ボトムによって復活。フレッシュプリキュア!チームアラクネアと協して追い込むなど、TV版にべて更に強化されていたようであるがここでも名前を間違えられている。

中の人千葉一伸咲舞声優の演技導にあたって以来SSメンバー交流を交わしており、ライブでもいざ登場すると「カレーパン!」と間違われるのがお決まりである模様。


モエルンバ


「イッツショウターイム!・・・どうだい、セニョリータ!」

担当声優難波圭一

火のを支配する幹部。火をる幹部のくせに水の中から現れたり、水中生き物であるをウザイナー化させるなど、色々と規格外のお方。また、ウザイナーを一度の戦いで2体を使った一の人物でもある。男性だが立ち振る舞いは女性的。しかし、オカマというわけではないので更にややこしい。常に前向きでノリが良くダンスが大好きで、戦闘中だろうとアクダイカーンの前であろうと、まるで気にすることく踊っている。本人く「踊れば踊るほどテンションを上げて遊んでいるように見せておいて決める時は決める」とのこと。

手から発する高熱で捕らえたフラッピチョッピ太陽の在り処を尋問するなど一応の残さはあるものの、初登場々にの遊具のウザイナーに潰されかけたり、咲の駆け引きであっさり騙されるといった天然さもある。

初戦はいまいち振るわなかったものの、リサイクルバージョンとして再出現した時はカレハーンとの漫才を繰り広げたり、キントレスキーと共に満薫を倒す寸前まで追い込んだりと、かなりの活躍を示した。

カレハーンと同じくプリキュアオールスターズDX2に再生幹部として登場。体を炎に変化させるを持つようになり、プリキュア5チームをミズ・シタターレ、ハデーニャと共に壊滅寸前まで追い込むなど、カレハーン同様にかなり強化されていたようである。


ドロドロン


「あららん、どろんこになっちゃったねぇ~」

担当声優岩田光央

土のを支配する幹部。土に関連したものをウザイナー化させる傾向がある。ガタイがいい割に性格は子供っぽくかなりの根暗。から蜘蛛の糸を放ったり、と泥を吸収して巨大化パワーアップするを駆使してプリキュアを苦しめたりと実はなかなかのもの。満の話によると土からできたものを全にコピーできる芸もあるがそれは劇中で披露されることはなかった。その最大の特徴は中の人岩田光央アドリブ全開なセリフ回しで、独特のその喋り方は中毒性がある。キャラクターインパクトに対して頭は悪く、満薫アドバイスを棒に振ったり、巨大化してさらにウザイナーと融合させた影で動きが鈍くなってバランスを崩すという墓を掘るなど、劇中でも特に立った活躍がなかったうえに、他の幹部からも邪険にされるなどいいとこしなキャラクターであった。リサイクルバージョンではカレハーンとの見解の相違で彼を見殺しにしたり、人間態になれないにもかかわらずミズ・シタターレと共に動物園の清掃員に扮するというバレバレな変装をするが一人怪しまれなかった。また、プリキュアとの再戦時では歌いながら戦うという余裕すぎるアドリブを披露している。

プリキュアオールスターズDX2にSS幹部の中で一参戦できなかったキャラクターである。仮に再生されたとしても、一人で土の中に隠れて戦わなかったであろう。しかし、プリキュアオールズターズNewStage3えいえんのともだちでは念願の映画出演がい、後姿で一だけであるが咲の夢の中でパンパカパンに並ぶ行列の中に紛れている。


ミズ・シタターレ


「この私をどうにか出来ると思っているなら・・・大きな勘違いですわよ」

担当声優松井菜桜子

を支配するダークフォール五大幹部の紅一点高飛車な性格でその威圧的な口調と高笑い中の人の演技も相まって定評がある。変装術が得意で容姿が人間に近いこともあって瞳さえ出来れば怪しまれない。かなりの芸達者でヨーヨー芸には自信がある。咲からは度々「ハナミズ・ターレ」「鼻水・だあれ?」「ミズ・ハナターレ」「ハナタレターレ」「ミズ・シミッタレ」等と悉く名前を間違えられている(但し、一度だけ正しく言えた回がある)。ダークフォールでアクダイカーンに敗れ、満とを失った咲と舞の前に現れた。水球プリキュアインストリームスプラッシュをあっさり撃ち破り、キュアブルームキュアイーグレットを追い込んだが、スパイラルリングによってプリキュアパワーアップするきっかけにもなってしまった。また、ゴーヤーンがフラッピチョッピをさらった際には手柄を奪われることを恐れて故意に咲と舞をゴーヤーンの隠れに誘導し、結果的にプリキュアの新フォーム・キュアブライトキュアウィンディを生み出してしまう等、なにかと墓を掘っている。

カレハーン、モエルンバ、ドロドロンらとはレベルが違うと言われるだけあり、キントレスキーと同じくその気になればの郷=地球を滅ぼせるだけのを持つが同時に彼らに劣らぬ天然ボケも持ち合わせており、「使命」を名前の意味をす「氏名」と勘違いしたり、咲の腹話術という名の素人の芸で騙されたりしている。第32話では咲舞の担任の篠原先生を人質にとって彼女に変装し、太陽のありかを教えるよう脅迫するも、回答を拒否されたため最後の戦いに挑んで圧倒するが逆襲された末、敗れ去った。

リサイクルバージョンではドロドロンやキントレスキーとコンビを組んで戦ったが、いずれも咲に名前を呼び間違えられており、キントレスキーとコンビを組んだ時の死ぬ間際にが芽生えた。

プリキュアオールスターズDX2にも参戦。体をに変化させるなど、他の幹部同様にかなり強化されているらしく、プリキュア5チームを壊滅寸前まで追い込んでいた。


キントレスキー


「よくやった!それでこそプリキュアだ。私は最高に強いお前達と戦いたいのだ」

担当声優小杉十郎太

を支配する幹部にして、ダークフォール最強戦士プリキュアをただ倒すのではなく、鍛えあげた上で強くなった彼女たちと戦い、撃ち破ることを的としている。礼節を弁えており、咲と舞に会話を盗み聞きしたことと誤って文化祭のモニュメントを壊したことを詫びているが、それでも他の幹部と同様にすぐさま切り捨てるという傍若人さもある。強者と戦うことと勝つこと以外に興味がない故、戦いの邪魔になるからと堂々と和也を襲って気絶させたり、勝つため以外の努駄と断言したり、文化祭を軟弱呼ばわりしたり等、悪役らしく冷酷なところもある。しかし同時に戦う際にプリキュア二人うのを待ってあげたり、せっかく人質にとったフラッピチョッピをわざわざ解放させたりという正々堂々とした面や、絵のアドバイスまで咲にする面倒見の良さ。そして咲の父親が作ったチョココロネをこよなくするなど、コミカルな面も見せていることから、幹部の中でも特に高い人気を持つ。

大量のトレーニング器具を集めた異間「スペシャルマッスルトレーニングルーム」を持つが、これを理やり「私の部屋」と略している。

鍛えあげられた体による肉弾戦が得意で、咲と舞との決戦では彼女たちに対抗するために全身の筋肉を膨させ、最強フォームとなった。この際のキントレスキーの攻撃は驚異的で、殴りつけたが融解するほどの威を持つ。また一にしての郷を滅ぼせるだけのがあり、実際に彼との最終決戦の際に迷いを見せるプリキュアに対し、の郷が気になって勝負に集中できないのなら、一切合切全てを消し去ると宣言した。スパイラルリングを装着したキュアブライトキュアウィンディと互以上に戦い、プリキュアスパイラルスタースプラッシュを受け止め、なおかつ打ち消したが、負荷に耐え切れず最後の奇跡を二人に授けて消滅した。

その後他幹部と同様にリサイクルバージョンとして復活。モエルンバとチームを組んで満薫を追い込んだり、ミズ・シタターレといい雰囲気になったりした。最終的にはミズ・シタターレと共にプリキュアに倒され、ミズ・シタターレとを誓い合って消滅した。


次へ»
最終更新日: 17/12/17 00:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ