ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダークマージ


ヨミ: ダークマージ
掲示板をミル!
69カキコ!

ダークマージとは、ファイアーエムブレムにおける異端の禁呪の魔法の使い手である。
魔法の系統は作品によってばらつきがある上この系統はクラス名が一定しないが、いわゆる「異端魔道士」について、他の魔法系と較しながら扱う。


概要


魔道士同様魔法で攻撃する者であるが、若干異常な性を持っている者たちが多く属する。
原則として直間両用のユニットであり、やや打たれ弱い事が多い。

シリーズ初期では魔法の種類がまだ分化しておらず、僧侶魔道士の上級職すら同じであったが、闇の祭ガーネフのような悪の魔道士やマフーのような暗黒魔法と言うべきものは存在していた。
その後、聖戦の系譜魔法の系統が分化し、暗黒魔法を使うロプト教団、及び敵専用のロプトマージが登場した。
このとき、シャーマンというクラス名も登場したがクラス的には魔道士で、戦士ヘイム直系の者のみという特殊なポジションであった。

封印の剣以降は秘の古代魔法いは未知の魔法と言うような扱いで登場し、闇魔法使いとしてのシャーマンを本格的に仲間として使用できるようになった。
宗教色が強い魔法魔道士王道である理魔法べるとやはりすこし捻られており、ひねくれ者、隠者、いは学者のようなキャラが多い。
GBA時代の三すくみ上では理魔法に強いため魔法の打ち合いで有利だが、素さが低めだったり闇魔法自体が重かったりで結構扱いには難儀する事も多い。闇魔法に特殊な魔法が割り振られている場合もあり、その際は非常に強い。

敵としては非王道魔法として西方三島やサカなどの異文化地域に登場したりすることも多い。
当然だが、単純に悪の魔道士として敵にもかなりの数がいる。


強さの変遷


不思議なを持つ魔道士だが、使うかは好みの問題である。


暗黒竜と光の剣


クラスとしては「暗黒魔道士」と言えるものは登場していないが、物語黒幕として闇の祭ガーネフが暗躍する。
彼が操る暗黒魔法「マフー」はあらゆるダメージ効化する恐ろしいを持ち、一マフーに対抗できる魔法スターライト」がないと倒すことができない。
倒せなかった場合ファルシオンは手に入らないが、それでも詰みにはならない。


外伝


敵限定のクラスで妖術師と祈祷師がいる。敵専用の魔法「妖術」で攻撃してくる。
特筆すべきは「メデューサ」と「メサイヤ」か。
メデューサは当たるとHPが1まで減る妖術で、妖術師のヌイババとガネフが使用する。
メサイヤは祈祷師全員が標準装備している妖術で、モンスターを召喚できる。ゾンビからビグルまで、術者により召喚されるモンスターは変わるが、いずれも頭数が増える点で厄介な代物である。基本的に召喚元を倒せば全て消滅する。
また妖術師は魔法「リカバー」か「リザーブ」を使える。リカバーは大したことはないが、全員回復の効果を持つリザーブを毎ターン回復床の上からかけられてはたまったものではない。早急に処理したほうがいいだろう。ちなみにリザーブ持ちの妖術師が登場するのは、プレイヤーがリザーブを覚えているユニット仲間にするよりかに前である。

祈祷師のジュダはターン数が4の倍数にしか攻撃が通らない。
賢者の里」で対ジュダ攻略ヒントが聞け、「4、8、12…」というのがヒント。これは禁句になっているらしく、ヒントを話した村人はジュダの呪いにより死んでしまう。


紋章の謎


敵専用
ダークマージ(魔法)

暗黒竜と光の剣に続き、復活したガーネフが再び暗躍する。
第一部のガーネフは祭だが、第二部では敵専用のダークマージとなっている。
相変わらずマフーでスターライト以外の攻撃が効化されるため、ぜひともスターライトは用意しておきたい。


聖戦の系譜


敵専用
ダークマージ(闇B・B)
ダークショップ(闇A・炎A・A・A・A スキル「追撃」)
ダークプリンス(闇・炎A・A・A)

この作品から一括りになっていた魔法属性別に分けられ、クラスによって使用できる魔道書属性が制限されるようになった。
本作の闇魔道士系は敵専用で、マンフロイを中心として暗黒神ロプトウスを異端教団、ロプト教団の一員として暗躍している。
今作のラスボスダークプリンスユリウス(皇族マイラ直系・魔法戦士ファラ傍系)は「暗黒魔法ロプトウス」を持ち、その効果でナーガ以外の攻撃を半減する。
魔法はロプトウス含めて4種と少ないが、序盤で遠距離魔法フェンリル、後半は当たると強制的にHPを1にするヘル(+スリープ)が脅威。

なお本作にもシャーマンが登場するが、他の魔道士と一線を画する魔法の使い手となっている。
僧侶(ファイアーエムブレム)


トラキア776


下級 CC 上級
ロプトマージ(闇・炎・) ダークマージ(闇・炎・)
ダークショップ(闇・炎・) ※敵専用

5作にして初めて味方ユニットとして闇魔道士が味方として使えるように。元ロプト教団で、現在は盗賊団「ダンディライオン」に身を置く魔道士セイラムが味方になる。

闇の魔道書は店には売っていないが、システム上敵からいくらでも奪えるので在庫には全く困らない。
取り分け遠距離魔法フェンリル」の入手が容易なのが嬉しいところである。
セイラム本人は下級職から魔法が使えるもののスキルなし・ステータスはそこそこと他の魔道士べると見劣りする部分があるので、この点で差別化を図りたい。
また、通常戦闘では闇魔法の重さが欠点となり、本人の幸運の低さもあって使いづらい事もある。
フェンリル的に闇魔法を鍛えるのか、普通魔法ユニットとして他の魔法メインで行くかはめに決めた方が良い。
なお、使いとしてはクラスチェンジ後のレベルBが保障されており、技の伸びもそこそこあるので非常に優秀。

敵が使うとステータス異常が発生する魔道書「ヨツムンガンド」「ポイズン」もあるが、こちらが使うときは効果が削除されていたり、魔道書自体が変わってしまったりといった措置が取られているのが残念。


封印の剣


下級 CC 上級
シャーマン(闇) ドルイド(闇・)

今作での闇魔法秘の古代魔法に近く、闇魔法を使う「シャーマン」が味方として使用可になった。
味方としてはルゥである少年魔道士レイ、ナバタの里の預言者ソフィーヤ、山の隠者ニイメが仲間になる。

上級の闇魔法重いため使いにくいが、HPを吸収できる「リザイア」が便利。重さが6であるため攻速がほぼ落ちないことも良い。
距離魔法では「イクリプス」がある。これは命中10ととてつもなく低いが、当たれば相手の残りHPを1にするという戦に登場した「ヘル」の遠距離版。しかし、技と幸運をカンストさせても命中は73(支援効果をフル活用しても98)が限界なため、敵ユニットに向けてよりも壊れるの破壊に使われることが多い。
また、将器「黙示の闇アポカリプス」は作中最強の攻撃と魔+5の補正により作中最強の破壊を誇る。特に系相手なら一撃必殺レベル

余談だが、闇魔法の演出はかっこいいけどムダに長いため、戦闘アニメーションオンにしているとプレイアビリティを損なうのも難点と言えば難点。


烈火の剣


下級 CC 上級
シャーマン(闇) ドルイド(闇・)
災いを招く者(闇・理・) ※ネルガル専用

味方として仲間になるのは学者系魔道士のカナスのみ。
(最終章で仲間になるアトスも闇魔法を使えるが大「賢者」であるためここではく)
味方一の闇魔道士ということで最終盤以外で闇魔法を使うなら必ず彼を用いることになる。

重要なのは闇魔法0だが敵の魔防を視する月光のような魔法ルナ」が登場したことで、重さこそ12と重いが、それを差し引いても高い命中率と必殺補正を備え、魔20あればどんな敵でも即死させうるという文字通り「キチガイじみた」性を誇っていた(一部ボスHP60以上だが)。
ナスはこの魔道書が使えるというだけで一軍当確と言えるが、本人のステータスもなかなか高く、支援相手に癖があること以外は非の打ち所がい強さ。魔法故に耐久面こそちょっと頼りないが、積極的に戦わせれば大きく伸びてくれるキャラである。
以上のようにルナは使い手の性と相俟って非常に頼りになるが、道具屋で買えるのは最下級魔法である「ミィル」のみなのでご利用は計画的に
封印で出た「イクリプス」も登場するが、命中が30になっている代わりに、当たった相手のHPを半分減らすという仕様に変更されている。
また、前作では遅すぎて不評だった闇魔法エフェクトが速くなりストレスが減った反面、重量が重くなっており(ミィルですら5→8、リザイアは6→14)度々攻速を下げる原因となった(カナスの体格が7→8なため、ミィル以外では大幅に攻速が落ちる)。ストーリー時系列的に考えると18年の間にずいぶん軽量化されたものである。

敵としては、ヘクトル編第19章異伝でい牙の『夕影テオドルなどがいるが、実は敵としての登場は意外と少ない。
また今回の首謀者であるネルガルは、アトスの大賢者に対してドルイドとでもいうべきクラス『災いを招く者』(英語版でのクラス名はDarkdruid)となっており、専用魔法「エレシュキガル」を用いる。

その他、八神将の『多き者』ブラミモンドがチョイ役で出てくるが、彼(彼女?)は(「すぐ行く」と言ってはいたものの)作中で死んではいないため、生きたままロイの活躍を眺めていた可性があったりもする。


聖魔の光石


下級 CC 上級
シャーマン(闇) ドルイド(闇・理・)
マナー(闇・ スキル「召喚」)
ネクロマンサー(闇・ スキル「召喚」) ※リオン専用
見習い CC 下級 CC 上級
魔道士見習い(理) 魔道士見習い2(理) 魔道士見習い3(理・・闇)
賢者(理・光・杖)
魔道士(理)
マージナイト(理・杖)
シャーマン(闇) ドルイド(闇・理・)
マナー(闇・ スキル「召喚」)

今作では複数武器が使える上級職が多くなり、ドルイドも理魔法が使用できるようになった。
それと共に、HP1,守備魔防0でオトリとして使用できる「亡霊戦士」を召喚できるサマナーが追加された。
また、ビグルやゴーゴンなどの魔物魔物専用の闇魔法を使用してくる。ちなみにあるマップ魔物専用の武器を入手できる裏技があり、これを応用して本来闇魔法を使えないユニットに闇魔法を使わせることができるようになる。
なお、前作で将器と揶揄されるほど猛威を振るったルナはさすがに強すぎたからか、命中が95から50と大幅に弱体化。魔防視と必殺はそのままなため、若干ロマン砲っぽい感じになっている。

見習い魔道士であるユアン、グラド帝国リオンと共に闇魔法を研究していたノール仲間になる。


次へ»
最終更新日: 19/08/22 07:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ