ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ダービースタリオン


ヨミ: ダービースタリオン
掲示板をミル!
50カキコ!

ダービースタリオン』とは、エンターブレイン(旧アスキー)が発売する人気競馬ゲームシリーズである。

略称は「ダビスタ」。ニコニコ動画タグではこちらのほうが多い。


概要


オーナーブリーダーになって強いを作ることを標とし、GIをすべて制覇することによってエンディングに辿り着ける。調教や繁殖の管理も自分で行う必要があり、だけでなく生産者、調教師としての仕事も兼ねているといえる。海外重賞については凱旋門賞など一部レースのみが採用されており、一定条件を満たすことで出走を勧められるようになる。交流重賞はない。は自分以外には存在せず、レースに登場する自分以外の競走馬はすべて固定であり、それが何回もループするかたちとなる。

ニコニコ動画においては、ゲームプレイ動画流の一つであった初期(βγ)において人気シリーズとなったものもある。
なお、ニコニコ動画におけるダビスタプレイ動画は何故かダービースタリオン98(ニンテンドウパワー専売)を使用するものがどである。


作品一覧



ベスト競馬・ダービースタリオン (1991年12月21日 FC)


続編が「全版」であるように関東舞台であり、関西はGIが関東に組み込まれる形となっている。

インブリードは4x4まで可で、産駒はのみである。そのため限定重賞は存在しないためG1レースは12レース

は全て実名だが、繁殖モデルがいるものの全て変名、というよりモデルから連想した別名であった。
容量の都合もあってか、血統で重視されていないものは「・」で済まされてしまっており当時種リストの一番下を守っていたグランパズドリームに至っては、ひたすら「・」が並ぶ中シカンブルがぽつんとあったのみであった。

レースは最大8頭立て、ライバル騎手日本のものだけ変名で、バレないと思ったのか海外勢は実名であった。
リスト入りしている騎手が少なく、全員出払ってしまってレースに出られない状況を解決するためモデル騎手でなく部の友人であるためおがいない、おがわ騎手ランクEとして登場していた。(ちなみに部を競馬場に連れて行って10万円大敗北させたのも、ダビスタの血統関係を仕切っていたのも彼である)


ダービースタリオン 全国版 (1992年8月29日 FC)


東トレセンと関西競馬場が追加され、関西レースが本格的に加わった。

しかし関西レースが追加といっても厩舎は関東関西に1つづつしかなく、所属厩舎の概念がないためレース後は輸送先にとどまることになる。血統の欄もある程度埋められた。

この頃まではパドックがなく、牧場や厩舎では管理リスト形式で表示されていた。自分が出ていないからと会社に苦情電話を入れてきたえど騎手[外部]など、リスト入り騎手が増えたことによりも乗ってくれないという状況が解消されたため、おがわ騎手がその役割を終え、引退した。 


ダービースタリオン (1993年5月28日 PC-98シリーズ他)


当時は家庭用ゲーム機にべ、処理速度や容量に優れたパソコン用のソフトであることを生かしたソフト

血統はきちんと埋められ、インブリードは5x5まで可になった。
レースも16頭立てが可になり、凱旋門賞が追加された。
調教に坂路とプールが登場した。
ダビスタ競馬四季報という、所属の戦績などをテキストファイルに出できる機があったり
騎手リストテキストファイルでそのまま置いてあり、書き換えれば騎手を自で実名にすることができたり
ライバルたちの名前はバイナリであったが、書き換えプログラムが有志の手で配布されていたりしていた。

大きな変化の一つとして、が生まれるようになった。
自前で血統を繋げられるようになり、もちろん限定戦も登場した。 

もう一つの大きな変化として、対戦要素のステークスレースが初登場した。
東京2400mのブリーダーズカップ京都ダート1800mのダートチャンピオンシップの2レースのみ。
パスワードテキストファイルで出され、パソコン通信でやり取りするなどして遠隔地でも対戦が行われた。

後に部が独立した際の社名にもなった最高額繁殖パリティビットのデビュー作。


ダービースタリオンII (1994年2月18日 SFC)


スーパーファミコン参入第一弾。

レースは12頭立てまで、インブリードは4x4までに縮小したものの
生産ではニックス配合、調教ではウッドチップ調教レースでは第4コーナーシーンが追加された。
ステークスレースはブリーダーズカップとしてほぼ今の形となり、公式ブリーダーズカップが行われるようになった。

ちなみに無料としてプレイヤーに親しまれたマチカネイワシミズが初登場したのも今作から。


ダービースタリオンエキスパート (1994年9月30日 PC-98シリーズ)


単体版と前作バージョンアップ用のエキスパートキットが存在する。
HDD専用に変わり、データ更新、ステークスレースをブリーダーズカップに変更、その他細々とした
バージョンアップがなされた。


ダービースタリオンIII (1995年1月20日 SFC)


牧場では温泉や功労システムが登場、インブリードが庭用でも5x5までになった。

厩舎ではおまかせ厩舎が初登場し、本命育成以外を稼ぎに使うことが自動でできるようになった。
また去勢装具による矯正も可になった。

レースでは裏開催が本格的に加わったことで、7月デビューが可になった。見習い騎手も登場した。


ダービースタリオン96 (1996年3月15日 SFC)


配合が初登場。この頃から配合理論が複雑化の一途をたどるようになる。

2歳や繁殖パスが登場し、競争だけでなく、繁殖の高い開する喜びが生まれた。

サテラビュー対応ソフトであり、データの配信を行なっていた。
実は裏技の条件にもなっていたが、普及度の問題もあってか部が自ら明かすまでも発見できなかった。

騎手名が実名となり、ファンファーレも実際に中央競馬で使われているものに変わった。

ちなみに、今作まではBCパスワードは基本的に過去作のものを使うことができた。


ダービースタリオン (1997年7月17日 PS)


育成ではおまかせ厩舎と自調教の切り替えが可になり、ある程度の口出しができるようになった。

レースハードウェアの向上により、最大16頭立てを庭用で初めて実現した。
勝負が実際に使われているものとなり、キングジョージ、アーリントンミリオンが追加された。
前作で日本騎手クラブと揉めたこともあってか、日本人騎手のみ変名に戻された。

生産では牧場長のコメント父親似、母親似が加わり、多くのプレイヤーを悩ませた。
また、4作に渡り無料としてリストの最後を守ってきたマチカネイワシミズ引退
引退時に種として売却したがセリに登場することがあり、限定的ながら系を伸ばせるようになった。 

周辺事情ではあるが、専門誌であるダビスタマガジンが創刊。CD-ROMを添付してデータの配布を行なっていた。


ダービースタリオン98 (1998年9月1日 SFC)


ニンテンドウパワー書き換え専用として発売。
96バージョンアップ版ではあるが、パスワードPS版と互換性を持つようになった。


ダービースタリオン (1999年3月15日 SS)


BCに大井競馬場がある


ダービースタリオン99 (1999年9月30日 PS)


優香おっぱいでキュッキュッ♪ PS版バージョンアップ版。ポケットステーションにも対応。

システムの関係で元々横幅が広かったために結果そうなることがあったPC-98版と違い
大逃げとまくりがシステムとして正式に組み込まれた。

高嶺のとして長く君臨していたパリティビット、サヨナラの両最高額名引退


ダービースタリオン for Win (2000年5月26日 Windows98以降)


PS版ベース移植された。
ひとつの大きなの中に複数の小窓が存在する、当時のPCゲーによくあった作り。


ダービースタリオン64 (2001年8月10日 N64)


ノミネーションセール初登場


ダービースタリオンアドバンス (2002年12月6日 GBA)


調教画面スキップが可


ダービースタリオン04 (2004年4月22日 PS2)


種馬システム初登場


ダービースタリオンP (2006年7月27日 PSP)



ダービースタリオンDS (2008年6月26日 DS)



ダービースタリオンGOLD (2014年12月4日 3DS)


近作で問題にされていたレースバランス善が図られた

BCの止、インターレースの追加


ダビスタ用語・小ネタetc



次へ»
最終更新日: 15/02/16 18:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ