ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チェインバー


ヨミ: チェインバー
掲示板をミル!
334カキコ!

私は、パイロット支援啓発インターフェイスシステム

官がより多くの成果を獲得することで、存在意義を達成する。

チェインバーとは、アニメ翠星のガルガンティア』に登場するロボットである。

杉田智和


当機の概要を提示する。


人類銀河同盟が宇宙生命体「ヒディアーズ」と戦闘するために作り上げたマシンキャリバー略称MC)。
量産型で、作中に登場する機体(機体ナンバーK-6821)は主人公レドが搭乗する。
上位機種としてレドの上官であるクーゲル中佐が搭乗する「ストライカー」が確認されている。

パイロット支援啓発インターフェイスシステム」を搭載しており、人工知能により自して行動することが可パイロットを育成・支援する。パイロットの生命の危機に対して人工冬眠などの適切な処置を行い、様々なデータを基に現状を正確に解析する、非常に優秀なインターフェースである。レドにとって未知の惑星地球」に不時着して、さらに全く言が通じない中で、周囲を分析でき言も片言ながら解析して応答できるため、チェインバーはよき相談相手にもなっている。
あくまで戦闘用であり軍事的で作られているためか、性格(と言えるかどうかは不明だが)はやや攻撃的で、ガルガンティアの武制圧をレドに進言している(レドには却下された)。また、パイロット支援的なので、その職域を逸脱した言動をレドがとろうとすると制止する場面もある。公式twitterの解説ではヒディアーズに対する攻撃は自動的なもので、発見次第殲滅するようプログラムされている模様。

一人称は「当機」、もしくは記事冒頭の定文においては「私」。レドのことは「レド少尉」「官」と呼ぶ。劇中では機体ナンバーで呼ばれることはほとんどなく(ストライカーのみが機体ナンバーで呼称)、「チェインバー」と呼べばほぼ彼のことをす。ピニオンからは「ブリキ野郎」(調子がいい時は「ブリキ大将」)と呼ばれる。どう考えたってブリキではない。

は太股後ろ側に設けられた『量子インテーク』という吸入口から間中の物質を吸入して稼動している。公式サイトのインタビュー[外部]を参照すると、吸入さえ出来ればどんな物質でもエネルギーとなり得る模様。 チェインバーにとって足は飾りではなく、重要な存在であるようだ 。
装甲材質は明示されていないが、劇中の地球においてオーバーテクノロジーと呼べるものらしく、第1話でベローズらにサルベージされた直後のチェインバーを調していたピニオンは、手許のどんな工具を用いても傷一つ付けることができなかった。
人間である理由については劇中で明言されているわけではないが、第9話での描写からある程度推測可ネタバレにつき各自で確認されたし)。

地上での発進時には頭上に薄暗い球体とリングを合わせたような形状のフローターが出現、重力制御(漫画版のセリフより)により地上でもかなりのスピードで飛行可中でも問題なく活動できている。なお宇宙空間での限定解除時にはリングのみが出現している。
装備は手持ちのビームライフルファランクス」と、全身に備えたディフレクタービーム漫画ではデブリスイーパー)、部の大口ビーム兼バリア発生装置など。レドは第1話でライフルを放棄しているため、地球では全身のビームを除き素手になっているが、第9話では自作した銛を装備。第12話ではクーゲル船団から奪取した旧文明の装備を使用している。他にもMC隊は量子次元反応弾の運搬などの作戦を行っている。
またパイロットの「限定解除」命により、一時的にパワーアップが可

このようにかなりの性を誇る人兵器なのだが、人類銀河同盟にとっては一兵卒の装備に過ぎず、第1話でのヒディアーズとの戦闘では何十・何という大量のMCが投入されたがほとんどが撃墜されている。
しかし(ガルガンティア世界における)地球科学が衰退しているため、ガルガンティア船団が有する工具では分解どころか装甲に傷をつけることすらかなわず、第2話での海賊との戦闘ではたった一機でわずかな間(搭乗から約2分、敵捕捉から約50)に海賊を殲滅している。「敵勢の船と構成員の場所を時に把握し、ビームで正確にそれらだけを狙撃、命中した相手は断末魔も上げず文字通り蒸発する」という戦闘描写に度肝を抜かれた視聴者も多いだろう。3話においては、海賊船の艦首を「両腕であっさりともぎ取る」、ワイヤーでとりついた敵ユンボロ・ロブスターおよび2隻の随伴艦をジャイアントスイングで丸ごと遠投するといった、機体単体の出の強さも見せつけた。


仮定推論。当機は本作におけるマスコットの地位を獲得している疑いあり。


と、ここまでの解説だと純戦闘パイロットのためだけに動く残虐なマシンという印しか受けないかもしれない。

しかし、その優秀なAIによる言動は機械的でどこかずれており、視聴者からはネタにされる。
具体例を挙げると、

という感じで、劇中におけるギャグのほとんどを彼が担っているといってもいい。

デザイン面でも、上で述べたような強大なを持っているとは想像がつかないほど全体的に丸っこい。特に前述の理由から太ももが大きく、コクピットが頭にあるという構造上頭も大きい。フローターが出現すると頭上に巨大な球体が浮かぶという、よりアンバランス曲線の印が強い見たになる(フローターもその位置と形状から「エナジーボンボン」とか言われる)。
前述のインタビューでは「チェインバーはロボットというよりキャラクター」「丸っこくして可らしさを出した」としており、チェインバーも成長段階の子供のように話している(それと対照的にストライカーデザインシャープ)。

以上の点から、ヒロインエイミーよりもチェインバーに萌えるという人も。金元寿子ボイス褐色娘より杉田智和ボイスロボットの方がヒロインっぽいってどういうことなの

デザイン面についての発言からわかる通り製作スタッフも彼をキャラクターとして意識しており、公式ショートムービーぷちっとがるがんてぃあ」では自らを「カッコイイ」と紹介したり、レド戦闘シミュレーションや睡眠学習の描写などもデフォルメされレドのおかんっぽくなってたり、「当機もしんぱ~い」という砕けた口調や、サブカルチャーエロ萌え関連の偏った知識の修得など妙に人間臭くなっていたりするというかこれただの杉田智和じゃね
公式ブログでは着ぐるみのチェインバーが全イベントを回る姿を映した「チェインバーくん日記」なるコンテンツまであり、『ガルガンティア』という作品のマスコットとして定着しているフシがある。さらにイベントで1/1スケールのチェインバーの頭部が作られ開された(なおコピット内は本当に乗れる)。

ネット上では前述のズレた翻訳から「チェインバー!彼は何と言っている?」「~と言っている」というネタが広まった。


当機の発言を「チェインバー語録」として記録する。


ネタバレとなる重要なセリフ反転して記載。


本編



ぷちっとがるがんてぃあ



当機に関連する動画である。超、カッコいい。



■1366181961[ニコ動]

■sm21189732[ニコ動]
■sm23655266[ニコ動]


当機に関連する商品である。超、すごい。


■azB014U7HXDU
■azB00OIDEH86
■azB00K750PTO
■azB00C2L1810


こちらは、当機登場作品の視聴者支援啓発インターフェイスチャンネル。


■channel


当機への理解を深めるための関連項目を提示する。



当機の情報や活動記録を閲覧可能な外部リンクである。



次へ»
最終更新日: 15/09/15 23:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ