ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チビ太


ヨミ: チビタ
掲示板をミル!
32カキコ!

チビ太とは、漫画おそ松くん』に登場するキャラクターである。
CV:田上和枝垣洋子→沢田和子(白黒)、田中真弓(カラー)、國立幸(おそ松さん)


概要だぁてやんでぇバーローちくしょう!



ケケっ、『おそ松くん』における概要だい!


見たは幼い男児でもありながら、頭には某国民的アニメのお父さんよろしく毛が一本しか生えていない。実年齢は大抵は六つ子たちと同じぐらい。口癖は「ケケ」で口は悪いが、性格は純で心優しい。大好物はおでんで、どんな時でも常におでんを手に持っている。

エピソードによって立ち位置は異なり、初期の頃は両親が登場する話もあるが、捨て子や孤児(ホームレス)として描かれる場合もある。六つ子たちと絡む話も多いが、原作中期以降やアニメ第2期ではイヤミコンビを組んで行動することが多かった。そのためアニメ第2期ではイヤミと合わせて実質役状態であった。

なおアニメ第2期でよく聞かれた「てやんでぇバーローちくしょーっ!」はを当てた田中真弓氏のアドリブであり、原作ではべらんめぇ口調では喋らない。ただし、『おそ松さん』ではべらんめぇ口調が受け継がれている。

更に余談だが、藤子不二雄漫画オバケのQ太郎』にゲスト出演したことがある。また、赤塚不二夫との共作で『オハゲKK太郎』という作品も残している。


『おそ松さん』における概要だいバーロー!


見たはあまり変わらないが六つ子たちと同じく大人になっており、色々な仕事を掛け持ちしつつもは大好きだったおでん屋台を営んでいる。六つ子たちは常連客だが、毎回ツケといわれて代を踏んだくられている。

それでも第5話を除いて六つ子たちに対して怒ることもなく、また拗ねたおそ松の相談相手になったりに負けたカラ松に同情してご飯を奢る(ただし元はチビ太)など、友情に熱い性格。ニートでおちゃらけた六つ子たちに振り回されることも多い苦労人でもある。

ただし、おでんのことになると話は別であり、第9話で勘違いでおでん屋の子に理やりされたカラ松に対し、哲学的なおでん理論り、挙句の果てには全裸おでんに入るなど一気にぶっ壊れキャラと化した。また第10話ではアニメ第2期のように、イヤミと共に六つ子たちからお金を強奪するべく動いている。


知っての通り、おでんはチビ太の象徴と呼ばれてたんだ!


チビ太と言えばおでんおでんと言えばチビ太である。

チビ太がこよなくするおでんであるが、彼がこんなにおでんする背景にはキャラクター設定と原作の描かれた時代がある。
チビ太はいわゆる浮浪児である。今でこそ見なくなったが、おそ松くんの描かれた昭和30年代の日本には浮浪児がまだたくさんおり、もない彼らにとって屋台で売っているおでんはご馳走であった。
チビ太がおでんする理由は、その身の上が強く影している。

「チビ太のおでんとよく称される、案山子のように具が刺しになっているおでんであるが、その具は上からこんにゃく、がんもどき鳴門巻き公式設定ではされている。しかし、鳴門巻き自体がおでんの具としてはマイナーな存在であるため、サークルKサンクス1990年代以降に「おそ松くん」とタイアップして販売している「チビ太のおでん」は鳴門巻きの代わりにごぼうちくわぶなど代替品になっている。よって、正確なチビ太のおでんとは具が異なる。

ちなみに、幼少期に「おそ松くん」を読んでいたデーブスペクターは、チビ太のおでんを見て食べ物ではなく武器か何かに違いないと勘違いしていたそうである。


よーく聞け。てめぇのとこの関連動画を誘拐した。返して欲しければ…


「いえ、違います。」


■1446617967[ニコ動]

■1449037884[ニコ動]


あの馬鹿どもに分からせてやるんだよぉ。こんな最高の関連静画がもし本当にいなくなったら、どんだけ寂しいかをね!


■im5390104(静画)
■im5350555(静画)


水臭えぞカラ松!おめえ関連商品になりたかったのか!


■azB00PJRGS6O
■azB000HFXQ9K


水飲んでもう帰りやがれ。長男が関連項目を心配させてんじゃねーやい!



最終更新日: 16/01/22 00:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ