ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チャック・イェーガー


ヨミ: チャックイェーガー
掲示板をミル!
11カキコ!

チャック・イェーガーとは、アメリカ合衆国の軍人である。世界で初めて飛行で音速をえた人として知られる。


概要


 本名はチャールズエルウッド・イェーガーチャックニックネームである。アメリカ軍戦闘機パイロットとして第二次世界大戦欧州戦線でP-51"グラマラス・グレニス"を駆って活躍し、スコアは11.5機で内訳はBf109が6.5機(.5は共同戦果を意味する)、Fw190が4機、Me262が1機である。
 戦後アメリカ軍へ移籍し、ロケット飛行機ベルX-1による音速突破実験テストパイロットとして参加。1947年10月14日世界で初めて飛行で音速をえた人物となる。この実験後も軍務を続けながら数々の実験テストパイロットを務め、多くの記録を打ち立てた。1975年准将で退役し予備役に編入される。その後予備役少将に昇進。2012年10月14日には音速突破65周年記念としてF-15Dで再び音速飛行を行った。現在(2013年10月)も存命である。


生涯


 1923年2月13日ウェストバージニアマイラ農業を営む両親のもとに生まれる。ロイハルJrリスアンチャックが4歳の時、ロイ父親ショットガンで遊んで暴発させ、弾があたってわずか2歳で死亡している。パンシー・リーの五人兄弟の次男。少年の頃は好奇心旺盛で、祖からハンティングや釣りを教わり、勉学よりもこちらを好んだ。また、10代の頃にはの手伝いから機械興味を持ち、ピックアップトラックエンジンバラしたりしている。

 高校卒業から3ヶ後の1941年9月アメリカ陸軍航空軍(USAAF)に入隊し、航空機メカニックとして配属された。この時は年齢や学歴からパイロットに適さないと判断されての配属決定だったが、その直後にアメリカ合衆国第二次世界大戦に参戦し状況が一変する。パイロットの選定基準が緩和され、イェーガーは視の良さも相まって戦闘機パイロットとしてのを歩むことになる。
 P-39での訓練を受けたのち、19439月イギリス本土へと移動し、P-51B(イェーガーはグラマラス・グレニスと命名)に機種転換して訓練を行う。1944年2月から戦闘任務に従事するようになり、々にBf109を1機撃墜するが、3月5日における8回の任務で撃墜され、フランス本土に一人降り立つ。何とかマキフランスレジスタンス組織)の助けを借りて中立スペインへと脱出、5月15日イギリス本土へと帰還する。ちなみにマキと一緒に行動する間、爆弾作りでマキを手伝ったとか。なんというリアルエネミーライン。その後、「レジスタンスに助けられたパイロットは再びパイロットとして復帰できない」という規定の問題で一着があったが、なんとか戦闘機パイロットとして復帰、1944年9月6日には着陸直前のMe262を撃墜、同9月27日には4機のFw190を撃墜してエースパイロットとなる。極めつけは1944年10月12日、1度の任務でBf109を5機撃墜して“Ace in a day”の称号を得た。これ以外にも、共同戦果としてBf109を1機撃墜している。最終的な第二次世界大戦での彼の撃墜スコアは11.5機である。

 1945年2月26日ガールフレンドのグレニスと結婚戦後航空機メカニックの知識がある点を買われ、テストパイロットとしてアメリカ軍へと移籍する。そこでベル社の開発したロケット航空機X-1(当時はXS-1)に搭乗、複数回の実験を行った後、1947年10月14日X-1の4基中3基のロケットエンジンを使って高度13,700mをマッハ1.07で飛行することに成功。世界で初めて飛行で音速をえた人間となるちなみにこの時、イェーガーは2日前の落事故折していた。。その後も同年11月6日マッハ1.36、翌1948年3月26日にはマッハ1.44を達成するなど順当に音速の記録を更新し続けた。1953年にはマッハ2を突破する実験に参加。残念ながら同年11月20日に初のマッハ2突破を他人に達成されてしまうが、12月12日X-1Aマッハ2.44を達成し再び最速の男となる。

 軍人としてのキャリアも重ね続け、1954年に第50戦闘爆撃航空団第417戦闘爆撃飛行隊の指揮官となり、1957年までドイツフランスに駐留した。ちなみにこの部隊、F-86Hセイバーで構成され、最初は防任務を担当していたが、イェーガー指揮官として率いている間に任務が変更され、戦術核攻撃が任務となっている。その後はアメリカ本土に戻り、1960年まで戦術航空軍団(TAC)でもエリート部隊の1つである第1戦闘飛行隊の指揮官となる。当時、第1戦闘飛行隊では長距離展開のための空中給油獲得をしていた最中であり、ナビゲートミス空中給油機とのランデブー失敗など問題も多かった。イェーガーはこの部隊を訓練・揮し、1958年にはTACとしては初となるアメリカから大西洋を越える長距離展開を行い、スケジュール通りに第1戦闘飛行隊に所属する全てのF-100をスペインモロ軍基地に着陸させた。この璧な成功は「初めて音速を突破したのと同じくらい良かった」と彼は後に回顧している。部隊はこの成功から4ヶ後には再び大西洋を渡ってアメリカに帰還した。

 1961年中佐に昇進。同時に再び飛行試験に関わるようになる。1962年イェーガーアメリカ軍宇宙飛行を行うテストパイロットを養成する学校校長となり、既存のテストパイロット向けカリキラム物理学や軌力学も取り入れた新しいカリキラムをもって、厳しい入学を通った学生たちを鍛え上げた。この学校1961年から1971年までの10年間で素晴らしい功績をあげ、37名の卒業者がアメリカ宇宙プログラムに選抜され、26名がジェミニアポロスペースシャトルプログラムに従事して宇宙飛行士であることを示すアストロノートバッジを得ている。
 1963年12月10日学校のカリキラムで使用するNF-104イェーガーが試験飛行している際にトラブルが発生。機体がきりもみ状態となり、イェーガーはリカバーしようとするが最終的にはじき出され、生還するも重傷を負う。が、わずか6週間で飛行可なまでに回復して復帰を果たし、1964年1月29日には前年12月3日からテストパイロットに任命されていたリフティングボディではなく胴体で揚を得ようというコンセプト飛行機。この飛行機の開発で得られたデータは、スペースシャトル設計において参考の1つとされた。実験機のM2-F1(通称「飛ぶバスタブ」)で試験飛行を行っている。

 1966年、第405戦術戦闘航空団の指揮官となってベトナム戦争に従軍。414時間、127の任務をこなし、その大半はB-57の機上で過ごした。1968年3月から6月まではF-4ファントムIIで構成された第4戦術戦闘航空団の官として韓国に駐留し、この航空団を素晴らしい部隊に育て上げる。同年6月22日には准将に昇進。以降、退役までその階級であった。1969年7月イェーガーは第17軍の副官としてヨーロッパに戻り、西ドイツ軍との合同軍事演習合同訓練の構築のため働く。1971年から1973年にはパキスタンで勤務、パキスタン軍にアドバイスを行う。その後はアメリカ本土に戻り、ノートン軍基地で航空安全局長として勤務する。1975年エドワード軍基地でF-4Cでの最後の公式飛行任務を終えたのち、ノートン軍基地で退役する。退役までに殊勲十字章、シルバースター、ブロンスターパープルハート等幾多の勲章を授与され、搭乗した軍用機のモデルはおよそ180種類にのぼり、総飛行時間は10,131.6時間であった。しかし、退役後もエドワード軍基地で軍とNASAテストパイロットとして時たま飛行することがあった。

 1983年には自分が主人公の一人となっている映画ライトスタッフ」にバーマスター役でカメオ出演。1997年10月14日の音速突破50周年記念式典において、F-15D"グラマラス・グレニスIII"で再び音速突破を果たし、これがアメリカ軍における彼の最後の公式飛行記録となった。2005年にはテストパイロットからも全に引退する。同年、2004年の議会決定に基づいて予備役少将に昇進する。2012年10月14日、音速突破65周年記念式典においてF-15で再び音速を突破、ちなみにこの時御歳89。元気すぎだろ。


関連動画



■sm819324[ニコ動]

■sm19179621[ニコ動]


関連商品


■azB0006NGNQG
■azB004S5SLAE

■az4383025625
■azB004JF5RMS


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 13/10/13 21:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ