ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チャンピオンズカップ


ヨミ: チャンピオンズカップ
掲示板をミル!
19カキコ!

チャンピオンズカップとは、日本中央競馬会(JRA)が開催するGI競走のレース名で中京競馬場ダート1800mで行われる。

なお同じチャンピオンズカップと名のついた他のスポーツ競技の大会が存在し、また同じレース名のG1パート1南アフリカ7月下旬頃にグレイヴィル競馬場で行われているが、ここではJRA競馬レース名について述べる。


概要


2000年ダート路線の強化に伴って生じたダート流である中距離G1競走設置の要望に応えると同時に、海外ダート招聘による話題性のあるレース、そしてジャパンカップとの連結を通じてブリーダーズカップを切っ掛けに他でよく見かけられるようになったビッグレースを多数同時開催するお祭り的なイベントになることをし、ジャパンカップの前日土曜日に行われる際招待競走「ジャパンカップダート」(東京競馬場ダート2100m)として創設された。

しかし、ジャパンカップと異なり創設時の時点で日本レベル世界レベルに達していた、同じダートでもアメリカスピードが出る土であるのに対し日本パワーを要する砂であること、ブリーダーズカップのすぐ後に開催されるためローテーションがキツいなどの要因が重なり、外の苦戦・大物の不出走が続いたため、思った以上の盛り上がりを見せることはなく、2006年には外が1頭も出走しないという事態が発生した。

2008年JRAはより多くの出走を集めるため、施行距離を中距離マイル双方のが出走できる1800mに短縮。しかし、東京競馬場ではこの距離レースを行うことは出来ないため、施行競馬場阪神競馬場に移すことになった。さらに時期も別々に開催した方が全体の売上が良いということでジャパンカップの翌週日曜日に移されされた。この大幅な条件変更に対し、左回りのレースしか経験していないアメリカ右回りで行われるレースに出走してくるのかという摘もあった。

しかし、その懸念を払拭するがのごとく、2009年には同年のアメリカ最優秀3歳に選ばれたベルモントSサマーバードが出走を表明。レース創設以来最大の大物ということで盛り上がりを見せたが、なんと直前で右脚を折しレースを回避。しかもこの怪が原因で引退に追い込まれしまった。これがトドメとなって、2010年からは3年連続で外未出走という事態に。この惨状に対しファン及び関係者からは、リニューアルを機に左回りである中京競馬場へ移設することを望むが挙がった。

そのが届いたのか2013年10月21日に翌年から中京競馬場に移設することを発表。しかし、その一方で賞の大幅減額、外の招待取り止め、そしてレース名を現在のものにめられることが発表された。

なお2014年のチャンピオンズカップの通算施行回数はJRA公式ページには発表がなかったものの、地方競馬協会公式WEBサイトhttp://www.keiba.go.jp/index.html[外部]  「2014年ダートグレード競走の格付けについて」のページ http://www.keiba.go.jp/dirtrace/dirt_info_131202.html[外部] で配布されているPDFファイル称前のジャパンカップダート時代の通算開催数を引き継き、第15回として開催される事が表記されている。  


主な前走・前哨戦・近年の傾向


競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
JBCクラシック JpnI 年毎に変更 競馬場毎に変更 5週
みやこステークス GIII 京都競馬場 ダート1800m 4週 1着
武蔵野ステークス GIII 東京競馬場 ダート1600m 3週 1着

歴代優勝馬


チャンピオンズカップ時代

回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
第21回 2020年12月6日 チュウワウィザード 5 小崎 1.49.3 sm37924593[動]
第20回 2019年12月1日 クリソベリル 3 川田将雅 1:48.5 sm36027944[動]
第19回 2018年12月2日 ルヴァンスレーヴ 3 M.デムーロ 1:50.1 sm34259764[動]
第18回※5 2017年12月3日 ゴールドドリーム 4 R.ムーア 1:50.1
第17回 2016年12月4日 サウンドトゥル 騸6 大野拓弥 1:50.1 sm30165424[動]
第16回※4 2015年12月6日 サンビスタ 6 M.デムーロ 1:50.4 sm27739140[動]
第15回 2014年12月7日 ホッコータルマエ 5 幸英明 1:51.0 sm25073748[動]

ジャパンカップダート時代

回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
第14回 2013年12月1日 ペルシャザール 5 C.ルメール 1:50:4 sm22367541[動]
第13回 2012年12月2日 ニホンピロアワーズ 5 酒井 1:48.8 sm19488422[動]
第12回 2011年12月4日 トランセンド 5 藤田伸二 1:50.6 sm16349564[動]
第11回 2010年12月5日 トランセンド 4 藤田伸二 1:48.9 sm12949434[動]
第10回 2009年12月6日 エスポワールシチー 4 佐藤哲三 1:48.9 sm9019151[動]
第9回 2008年12月7日 カネヒキリ 6 C.ルメール 1:49.2 sm8486678[動]
第8回 2007年11月24日 ヴァーミリアン 5 武豊 2:06.7 sm15324281[動]
第7回 2006年11月25日 アロンダイト 3 後藤浩輝 2:08.5
第6回 2005年11月26日 カネヒキリ 3 武豊 2:08.0 sm12017112[動]
第5回※1 2004年11月28日 タイムパラドックス 6 武豊 2:08.7 sm15323822[動]
第4回 2003年11月29日 フリートストリートダンサー() 騸5 J.コート 2:09.2 sm663518[動]
第3回※2 2002年11月23日 イーグルカフェ 5 L.デットーリ 1:52.2 sm1015823[動]
第2回※3 2001年11月24日 クロフネ 3 武豊 2:05.9 sm7187769[動]
第1回 2000年11月25日 ウイングアロー 5 岡部幸雄 2:07.2 sm16288731[動]

※1 第5回は「ゴールデン・ジュビリー・デー」としてジャパンカップと同日に開催された。
※2 第3回は東京競馬場修に伴い、中山競馬1800mでレースが開催された。
※3 第2回でクロフネが記録した2:05.9というタイムダート2100mの世界記録である。
※4 第16回は第1回のジャパンカップダートから、さらにはフェブラリーSも含めて、
      JRAダートGI では初となる優勝
※5 チャンピオンズカップになってからは初のフェブラリーSとの年間制覇


関連動画



■sm24933057[ニコ動]


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 21/07/29 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ