ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チャーン・インターナショナルサーキット


ヨミ: チャーンインターナショナルサーキット
掲示板をミル!
1カキコ!

チャーン・インターナショナルサーキット[外部]とは、タイ東部のブリラム県にあるサーキットである。


10月MotoGPが開催される。


サーキットの名称


2014年オープンした当初の名称は、現地のサッカークラブであるブリラムユナテッドにちなんで
ブリラムユナテッドサーキットという名称だった。


その後、タイビール企業タイビバレッジ社が命名権を購入し、ビールの商品名であるチャーンが付いた
チャーン・インターナショナルサーキットという名前になった。


MotoGPにはタイビール企業であるブンロート・ブリュワリー社がスポンサーに付いていて、
MotoGP行中に同社の商品であるSingha(シンハ)が宣伝される。
スポンサーライバル商品を連呼してはいけないので、MotoGP公式サイト公式放送では
ブリラムインターナショナルサーキットと表記される。


Chang(チャーン)とSingha(シンハ)の競争についてはタイの記事のこの項目を参照してください。


タイ王国


タイ日本自動車産業との関わりが深いである。

詳しくは、タイの記事の中の主な産業という項を参照してください。



タイでは先代国王ラーマ9世が大変に敬され、中至るところに国王肖像画が飾られていた。
サーキットの12コーナーの外側にも巨大な国王肖像画が立てられていた[外部]

詳しくは、ラーマ9世の記事を参照してください。


立地


タイ首都バンコクから北西へ直線距離307km離れていて、クルマで6時間ほどかかる。

カンボジアとのからは70km程度離れている。

近くに大きな都市く、ホテル探しに苦労する。レース関係者にとっては少し辛いサーキットである。


サーキットの隣に、現地のサッカークラブであるブリラムユナテッドの本拠地スタジアムがある。
このサーキットオーナーブリラムユナテッドオーナーは同一人物である。

ブリラムユナテッドタイを代表するビッグクラブで、AFCチャンピオンズリーグの常連。


海岸線との距離300kmで内陸部のサーキットである。サーキット周辺は緑色の木々が広がる。

サーキットの中に3つほど池がある。

サーキットの南10kmに、チョーラケーマーク池とフワタラート池という大きなが2つある。


コース紹介(MotoGP)


概要

上下の勾配が少ないサーキットである。

メインスタンドの下にピット施設がある。
メインスタンドに座る観客はピット施設でのメカニックの動きを見て楽しむことができない。

直線区間の割合が大きくてアクセルを開ける時間が長く、燃費を意識しなければならないコースである。
電子制御で出カットする、できるだけ前のライダーの背後に付けてスリップストリームの恩恵を受ける、
そういう工夫をしなければならない。

熱帯のなので気温と路面温度が高いことが多く、タイヤグリップ低下が問題となる。


なパッシングポイントは3コーナーと最終12コーナー。抜きどころがやや少ないサーキット

高速コーナー~低速コーナーの組み合わせ

ヘルマンティルケが設計したサーキットらしく、先に緩い度の高速コーナーを配置して、
その次にキツい度の低速コーナーを配置する、そういう組み合わせが2ヶ所ある。

4コーナーは緩い度でブレーキ緩めの高速コーナー、5コーナーはキツい度でブレーキングする低速コーナー

8コーナーは緩い度でブレーキ緩めの高速コーナー、9コーナーはキツい度でブレーキングする低速コーナー

メインストレート~4コーナー直前

最終12コーナーから4コーナーの直前までは直線区間がひたすら続くエリアとなっている。


最終12コーナーはかなりキツい度の低速コーナーなので、メインストレートはさほど最高速が伸びない。

1コーナーは直に曲がるコーナーで、ブレーキを掛けすぎずスピードを残して進入する。
ここでパッシングを仕掛けるするライダーはあまり多くない。

次のバックストレートは本サーキットで最長の直線区間である。
ごくわずかに左に曲がる2コーナーがあるが、これは実質的に直線と扱われる。
2コーナーへ向かって行くあたりでわずかながら下り勾配になり、スピードが乗る。

3コーナーは低速に落ちるヘアピンカーブで、本サーキットでも最大のパッシングポイントになる。

3コーナーから4コーナーはまたしても長い直線となる。途中からわずかながら上り勾配になり、
4コーナーの直前でいきなり下り勾配になり、下り勾配のまま4コーナーに入っていく。

4コーナー~最終12コーナー

4コーナーから最終12コーナーまではコーナーが連続するテクニカルエリアである。


4コーナーは緩い度の高速コーナーで、アスファルト舗装されたランオフエリアが広い。

4コーナーから5コーナーまではすこしだけの直線で、傾いていたバイクを垂直に戻す。

5~6コーナーは左の複合コーナーで、6コーナー直後に右に切り返し、わずかな上り勾配を駆け上がっていく。

7コーナーを立ち上がるとまたしてもちょっとした直線となる。

8コーナーは緩い度の高速コーナーで、続く9コーナーはぐるっと回り込んだ低速コーナー

8コーナーと9コーナーの間にはちょっとした直線があり、傾いていたマシンを垂直に戻す。

9コーナー立ち上がりからはかなりの高速で左へ右へと切り返すS字区間になっていて、
ライダーマシン操作技術を披露する場所になっている。


最終12コーナーはキツい度の低速コーナーであり、パッシングポイントとなる。

最終12コーナーを立ち上がってすぐのところにチェッカーラインがある。


関連項目



最終更新日: 18/05/13 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ