ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チョコボール


ヨミ: チョコボール
掲示板をミル!
62カキコ!

チョコボールとは、森永製菓1967年より製造・販売しているチョコレート菓子である。

同商品のキャラクターであるキョロちゃんの記事は→コチラ


概要


1cm大の丸いチョコレートボールであり、中にはピーナッツキャラメル、その他さまざまなチョコレートが入っている。

最初は「チョコレートボール」というアニメ宇宙少年ソラン』とのタイアップ商品だった。
アニメ終了後、取り出し口をくちばし形に良し、新キャラキョロちゃん」をパッケージに載せた「ピーナッツボール」「チョコレートボール」「カラーボール」が誕生した。

キョロちゃん」はくちばし形の取り出し口からを元にデザインされたキャラである。
かしこキョロちゃんは社内で評判が悪く、1991年になってようやくパッケージに名前を載せることを許されたらしい。ちなみに取り出し口は2度良されており、1974年現在の形になったそうだ。

1973年に名前が「チョコボール」に統一され、「ピーナッツ」と「キャラメル」がラインナップされた。
その後、1987年に袋入りの「アーモンド」が登場したり、1994年に「カラーボール」がピーナッツを中身として一時的に復活したり、1995年いちごが追加されたりしたものの大きな変動はなかったが、2002年の「バナナ」の登場以降、毎年様々なフレーバーによるバリエーションが登場するようになった。
また、1999年からは150円の「大人のチョコボール」が登場しこちらも多数のバリエーションが生まれたが、2007年以降「いチョコボール」「いチョコボール」の二つに整理されている。

CMペギー葉山田中児→とんねるずなど有名人を数年にわたって使うことが多かったので、覚えている人も多いだろう。クエクエクエッチョコボール。

チョコボールの特徴として、取り出し口のくちばしに書いてあるエンゼルマークなら1枚、なら5枚集めると「おもちゃカンヅメ」がもらえるらしい。が、見たことがないのでおそらく都市伝説だと思う。

長期にわたって発売されているため、多数の種類が発売されては消えて行っているが、1967年登場の「ピーナッツ」、1973年登場の「キャラメル」、1995年登場の「いちご」がメインを務めている。
ただし、いちご2005年に大きく中身が変わっているので、実質的には1973年から1994年までの21年間ほぼ2人でがんばってきたピーナッツキャラメルラインナップと言って良い。

このピーナッツキャラメルだが、食感が全異なるため、ピーナッツキャラメルとは全く相容れず、1973年以来の長きにわたって争いが続いている。
森永が「いちご」「ビスケット」「バナナ」「ミルク」など多数のバリエーションを相次いで発売しているのも新フレーバー移りさせてこの争いをなし崩し的に終わらせようという戦略であろうが、ピーナッツキャラメルはお構いなしに今も戦争を続けている。

2013年2月26日、「キョロちゃん」を1967年の発売以来46年ぶりにリニューアルすると発表。デザインは全体的に丸くディフォルメされたような感じになるようだ。さらに前山田健一音楽プロデューサーに迎えたアイドルユニットとしての構想もあわせて発表。ちなみに、一時期放映されていた芸人の”はんにゃ”を起用したCMは、外国人からキチガイ認定されていた(キョロちゃんの胴体に、はんにゃ2人の顔をつけたキャラが量産され、お染みのクエクエクエ♪と歌いながら行進するというもの)。


キョロちゃんのアニメ化やグッズ展開


キョロちゃんキャラクターとしての人気が高まり、1999年7月1日から2001年3月29日までテレビ東京系列にて全91話が放送された。その他、様々なグッズ展開をしている。


関連動画



■sm2395648[ニコ動]

■sm616281[ニコ動]
■sm5641404[ニコ動]
■sm3865584[ニコ動]
■sm10080052[ニコ動]


関連商品


■azB004QWREA2
■azB007CEXAU4
■azB005UWIKDW
■azB007X0KEE2


関連項目



最終更新日: 13/02/28 02:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ