ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


チンギス・ハン


ヨミ: チンギスハン
掲示板をミル!
161カキコ!

チンギス・ハン中世モンゴル英雄モンゴル帝国の建者(太祖)。
生没年1162(1155、1167の説もあり)~1227年。

12~13世紀のモンゴルに割拠し周辺諸を次々と討滅、アジアにまたがるモンゴル帝国を打ち立てた。
その征事業は子孫達にも受け継がれ、ユーラシア広域を版図に収めた大帝国に発展した。

鎌倉時代日本との戦争、いわゆる「元」を起こしたフビライハンの祖にあたる。
モンゴル帝国」については別記事を参照。

※チンギス・ハン即位以前の部分は「元秘史」を参考に作成しています。


少年時代


本名はテムジン(由来は後述)。
後に大征者として名を馳せるチンギス・ハンも人生の幸先は良いものではなかった。

父親のイェスゲイモンゴルの勇猛な一部族長で、バアトル(英雄)の称号を持ち、勢はかなりのものであった。しかしテムジンが9歳の時、敵対するタタール部族によって入りので暗殺されてしまう。それまでイェスゲイに従っていた部民や臣は次々と立ち去り、テムジンエルンと幼い妹達と共に、厳しいモンゴルを生き抜くことを強いられた。

やがてテムジンに様々な事件が襲いかかる。
のベクテルテムジンに不満を抱き逆らうが、テムジンは返り討ちにしてを殺した。この時エルンはテムジンしく叱責したと伝えられる。
またある時、テムジンが生き延びている事を知ったタイチウト部族が一家を襲撃。テムジンは捕らえられるが、ソルカンという親切な男に助けられて虎口を脱した。

更に、一家の財産であるのほとんどを盗まれるという事件が勃発。
を探す途中でテムジンは一人の少年に出会い、奇特にも少年テムジン探しの手伝いを申し出た。この少年こそがテムジン生涯の右腕となり、モンゴル帝国筆頭将にまで上り詰めるボオルチュの若き姿であった。

こうしてテムジン青春は困難のうちに経過していく。


青年時代


成長したテムジンは微弱ながらも部族の長としての活動を始めた。
幼馴染の婚約者であったボルテを娶り、ボオルチュを最初の幕僚として迎え、達も頼もしい勇者に成長していた。だがメルキト部族の襲撃を受けて新妻ボルテが攫われてしまう。メルキトは勇猛な部族であり、まだテムジンにはメルキトと戦えるかった。

そこで、の盟友(アンダ)であったケレイト部族のオンハンを借り、テムジン自身の盟友であるジャダラン部族のジャムカと交友を復活させた。二人のを借りてボルテを取り返す事が出来たが、ボルテはすでに身篭っており、生まれた男の子はジュチ(賓客)と名付けられた。

こうして寄る辺を得たところでテムジンは次第に頭を現し始めていく。
も知恵もあり器も大きいテムジン原での人望を獲得していき、その下には多くの人々が集ってきた。いくつかの部族からも支持を得て地位を固めていく。

こうなると面くないのがジャムカであった。テムジンが自分より強な存在になる事に危惧を抱き始めた。盟約はやがて決裂し、原の覇を競う群雄として対する事となった。
テムジンタタールタイチウト、ジュルキンといった諸部族を滅ぼし、グルハンを称して一勢を築いていたジャムカも撃ち破り追放した。

しかし、彼らはまだ中程度の群雄であった。モンゴル高原には三大部族たる勢が健在であった。
すなわち東のケレイト、西のナイマン、北のメルキトの三つの王である。


テムジンからチンギスへ


レイトオンハンテムジンにとっては宗、亜ともいえる存在であった。
一時オンハンはナイマンとの戦いで没落しかけたがテムジンの助で返り咲き、テムジンは皮にも彼の兵として働き、強大化に寄与する事で、頭を抑えられる事にもなった。なんといってもケレイトは豊かな先進国であり、ヨーロッパまで名が伝わっている程である。

だが両雄の対峙は時間の問題であった。オンハン息子セングンはテムジンを疎んじ、客分となっているジャムカに唆されてテムジンを討つ事を決める。老いたオンハンも子に従うしかなかった。

1203年にケレイトとの戦争が勃発し、最初は一敗地にまみれた。
僅か19人の部下にまで撃ち減らされたテムジンであったが、落ち延びたバルジュナを啜り、捲土重来を誓って反撃を開始した。たちまちのうちに兵をかき集めて、ケレイトを奇襲して撃破に成功。そのまま王を奪い取る大逆転となった。
こうしてテムジン全に独立した。

レイトを「簒奪」して飛躍的に勢を増大したテムジンは残ったナイマン、メルキトも立て続けに討ち滅ぼし、ナイマンの参謀となっていたジャムカを処刑すると、モンゴルテムジンの敵はいなくなった。


世界帝国の建設



帝国の基礎


1206年に「チンギス」と称しハンとなり、全モンゴルの支配者として即位する。
チンギス・ハンとモンゴル帝国(イェケ・モンゴルウルス)の誕生である。

チンギスは討滅・属した部族を千人隊に分けて再編成し、功臣と下の部族長を千人隊長に封じた。
千人隊長兵士1,000人を揮する武将であると同時に、1,000人を動員できる民を治める貴族ともなった。特に勲功がすぐれていた者は万人隊長となり、多数の千人長を統率した。
千人隊は中軍、右翼軍、左翼軍の各万人隊に配属され、一部の者達は王傅(チンギス一族の家老的存在)として分配された。
 
また、ハン直属の親衛機関ケシクを設立し、将来の幹部を養成を行い、情報伝達の駅伝ジャムチ)を開通する。チンギス法典ともいうべき大ヤサの制定が行われ、強戦闘集団たるモンゴル帝国軍の原が作り上げられた。

こうしてモンゴル高原を本拠地とした帝国の、第一次世界征服作戦が発動されていく。


アジア席巻


チンギス自身は西方の経略を担当し、右翼軍万人隊長ボオルチュを軍師に据えた。
東方中国方面には、左翼軍万人隊長ムカリを派遣して兵の半分を分け与えた。また、大部隊を動かしつつ、ジェベ、スブタイといった驍将を遊撃部隊として各地で暴れさせて威偵察や略奪を行わせている。

1227年にチンギスが崩御するまでに、中央アジアのホラズム帝国、西を滅ぼし、中国北半の金王朝の大部分を征した。蹄は南はインド、北はロシアにまで達し、チンギスが生涯に滅ぼしたは四十を数えたという。
しかし、チンギスは単なる略奪者ではなく統治者としても振る舞い、征したシステム帝国に取り込み経済や官僚機構の整備を行なう。こうして遊牧民の武と定住民のが結合した一大帝国が創りあげられていった。

宗教に対しては、帝国属する限り何を信じようと自由という寛容なスタンスを示し、異教徒の共存を可として東西の文明の通しを良くした。同時にモンゴルシャーマン信仰を背景として、自身に迫ったテブ・テングリを粛清して、モンゴル内の宗教統制を行っている。

最後の遠征は中国西北の西であった。西を降すも中で倒れ没した。
生前の遺言により次期ハンは三男のオゴタイとなる。


敵対者


チンギスの半生の盟友にして宿敵となったジャムカはセチェン(賢明)の称号を持つ智謀に長けた雄であり、チンギスとの戦いに敗れて基盤を失った後でも、ケレイトやナイマンの元に身を寄せて謀としてチンギスに敵対した。
しかし、チンギスとナイマンとの戦いではわざとナイマンの長であるダヤン・ハンに、いかにチンギスが恐ろしいかを吹聴して臆病なダヤンの心を砕いたという。
やがて捕虜となったジャムカに、チンギスは昔のように友達に戻ろうと手を差し伸べたが、ジャムカ感謝しつつも拒否する。やむを得ずチンギスは人の礼遇をもって旧友を処刑した。


ナイマンのダヤン・ハン王子であるクチュルクと違い知勇にすぐれ、ナイマンが滅亡すると西に亡命。
皇帝に気に入られて皇女を娶ると西を乗っ取ってしまった。だが仏教を強制してイスラム教徒が多い民の不満を招き、内が混乱したところをチンギスが送り込んだ部隊により討ち滅ぼされた。


ホラズム帝国の皇子ジャラー(ジャラールッディーン・メングベルディー)は古の英雄にも例えられ、モンゴル帝国との戦闘勝利した勇者であった。
インダスとの戦闘では破れるが単騎で敵中突破を行い、な武者ぶりにチンギスもあえて追撃はせずに、「あのような息子を持ちたいものだ」と称賛した。


家臣


チンギス・ハンは自身が傑出した英雄であると同時に、有能な臣下達を束ねる天才でもあった。
人種や宗旨にかかわらず、有能な人物は登用してに相応しい仕事と褒美を分け与えた。これにより、彼の麾下には多くの人材が結集した。
その中でも有名なのが「四駿四狗」と称される者達である。

駿)はボオルチュムカリボロクルチラウンといい、側近や高位の将軍としてチンギスの補佐を行った名臣。
四狗()はジェルジェベスブタイクビライであり、先鋒や遠征軍の指揮官として用いられた猛将。
さらにモンフト部族のイルダルウルウト部族のジュルチダイという勇敢な二人の盟友を加えて「十功臣」となる。

他にも多くの功臣達が活躍し、モンゴル譜代の者は「八十八功臣」。
レイトとの敗戦で共にバルジュナの誓いを行った者達は「バルジュナト」「バルジュナの十九功臣」と称される。

異郷の人物としては耶律楚材が有名。
後世に帝国の宰相格として謳われるが、実際はそこまでの権限はなく、チンギスのお気に入りの占術師という立ち位置であった。オゴタイの時代で中国北部の有な官僚の一人となったというのが実情らしい。


四人の皇子


長男ジュチボルテメルキトに囚われた後に生まれた事からチンギスの胤かどうかを疑うがあった。次男のチャガタイは厳格な性分から、これを信じを軽んじていたので、温厚なジュチも気分をし、両者の仲は非常に険悪であった。
チンギス自身はジュチを拘りなく扱い、ボルテに対する情も変わらず以後8人もの子供を産ませている。
だがやはり心中屈託していたのか、後に讒言を信じ、ジュチが謀反を企んで領地に引きこもっていると思い込み、チャガタイとオゴタイに討伐を命じた。その途中でジュチが実で、病死した事を知り大いに悲しんだ。


それまで二人のの間を取り持っていたのが三男のオゴタイである。兄弟達から一おかれ、揚で太っなオゴタイをチンギスは高く評価して後継のハンとして名する。


四男のトゥルは次期ハンとは別に、チンギスの末子として遺産を相続できる立場からか冷静を貫いた。
後のオゴタイ時代の行動から、あまり権勢には興味く、戦争に情熱を注ぐ武人気質の人物だったらしい。


四人の皇子達は個性は違ったが知勇に優れた人物で、の覇業を良く手伝い、帝国の発展に寄与した。
チンギスはジュチに狩猟、チャガタイ法律、オゴタイに財産、トゥルイに戦争の管理を委ねさせた。


一族とウルス


チンギスのエル、正室のボルテは賢夫人としてチンギスの苦難を内助して支え、チンギスも二人を重んじた。

チンギスの後宮には500人の妻たちが控えていたという。それらはボルテを筆頭とした5人の皇后により、複数のオルド(幕営)に分けられて運営された。
チンギスがけた子女で史料に確認されている者は15人(9男6女)であり、そのうち9人(4男5女)はボルテの所生となる。


ボルテが生んだ4人の皇子ジュチチャガタイオゴタイトゥルは嫡子として別格の扱いを受け、上の三人は帝国西方に領土を与えられてウルス(国家)の建設を許された。
末っ子のトゥルイは末子相続の慣習に則りモンゴル本土と遺産の大半を受け継いだ。

サルチウ(の遺児アルダイ)、テムゲには帝国東方ウルスを与えられた。

達は部族間の紐帯を強くするために各部族の首長のがされた。

ベルグタイではなく大貴族として遇し、嫡庶の分別を示したものの、例外的に晩年にけた
庶子コルゲンはチンギスも余程可かったのか、正嫡の皇子と同等に扱われウルスを与えられた。


こうして建初期には、西方の三王+中央の二王?(トゥルは本土でおそらくコルゲンは付随)+東方の三王、合わせて八王帝国に内包する事となった。
後に四つに分裂した帝国はこれらの王ベースとしている。

チンギス以降のユーラシアの遊牧系国家では、チンギスの男系の子孫でないとハーンになれないという、
「チンギス統原理」という掟が生まれた。
またある学説ではチンギス・ハンの子孫は現在1,600万人をえると推計される。


呼称について



次へ»
最終更新日: 18/07/15 12:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ