ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ティンクルスタースプライツ


ヨミ: ティンクルスタースプライツ
掲示板をミル!
101カキコ!

ティンクルスタースプライツとは、縦スクロール対戦シューティングゲームシリーズである。

この記事ではに一作のティンクルスタースプライツ(無印)について記述する。


概要


ティンクルスタースプライツ公式キャッチコピー超絶送り合い対戦ゲーム
1996年NEOGEOアーケードゲームとして発売された。開発はADKキャラクターデザインノ宮深

二の「対戦シューティングゲーム」というジャンルで登場した。落ち物パズルゲームのように左右ニ分割した画面で、自エリアの敵を倒すことで相手のエリアに攻撃を送り合うシステム。後に直接弾を撃ちあうタイプの対戦シューティングはいくつか登場しているが、このシステムを採用したゲーム同人作品を除けば現在でもこのゲームのみである。

かわいらしいキャラクター世界観でライトゲームかに見えるが、対戦ゲームとしての完成度は非常に高く、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができる。

稼働当初は対戦格闘ゲーム流の時代でファンシー世界観がとっつき難かったのかプレイ人口が極端に少なかったものの、知る人ぞ知る名作としてられてきた。

尚、東方夢時空東方花映塚はこのゲームを元にして作成された物である事がZUN氏のサイトマニュアル言されており、決して東方オリジナルシステムではない。


ゲームシステム



ライフとラウンド


双方とも5個のハートを持ってスタート。0になるとラウンド敗北となる。

編隊を組んで登場するザコ敵に当たるとハートマーク1個分が減少し(ただしサコ敵ではハートが0になることはない)、相手のライフハート0.5個分回復する。攻撃ザコエキストラアタックボスアタックを受けるとハートマーク3個分のダメージを受け、相手のライフが1個回復する。

標準設定では2ラウンド先取した方が勝利。同時にハートが0になった場合はダブルKOになり、双方が1ラウンド取った扱いになる。CPU戦の場合は敗北扱い。ダブルKO時に双方が規定ラウンドを達成した場合、ストーリーキャラクターモード時は乱入した側、たいせんモード時は1P側の勝利となる。


攻撃手段


通常ショット
Aボタンで出る通常のショット。一画面に二発までしか打てないため、弾速が遅いキャラクターでは連射が効かない場合がある。敵キャラクターに接近すれば画面に表示されている時間が短くなるので全キャラクターで連射が可なので、固い敵には接近して連射すると良い。
連爆
このゲーム中で最も重要なシステムザコ敵ショットや爆に当たるとダメージを受け、耐久ゼロになると爆発。その爆発がさらに他のザコ敵にあたって、耐久ゼロになると爆発。これを連続させることを「連爆」という。一定以上の連爆を起こすと攻撃ザコを相手に送り込むことができる。い球体のオーブを連爆に巻き込むことでフィーバーに入ったり、連爆をすることでチャージゲージが溜まったりと、全ての攻撃の起点になっている。
チャージショット(溜め打ち)
画面下部に表示されているゲージがチャージゲージショットボタンを押しっぱなしで1のところまで貯めてボタンを話すと、キャラクター毎に異なるチャージショットを放つことができる。
連爆を起こしたり連爆でパーフェクトを取ったり送られてきたボスを撃破するとゲージが増加していき、レベル2やレベルMAXのチャージショットを打つことができるようになる。レベル2のチャージショットは、ゲージを一盛り分消費して、チャージショットに加えてエキストラアタックを数体相手に送り込む。レベルMAXゲージをニ盛り消費して、チャージショットに加えて相手にボスアタックを送り込むことができる。
ボム
Bボタンで発動。シューティングゲームにおける一般的な緊急回避ボム。発動した間からキャラクターが一定時無敵になり、画面中のザコ死神は一で破壊され、ボスにもダメージが与えられる。攻撃ザコには直接的にはダメージを与えられないが、ザコ敵の爆は起こるのでこれに巻き込んで連爆を起こすことはできる。

敵キャラクター


ザコ敵(編隊ザコ
一定間隔で編隊を組んでくる通常のザコサイズが大きいほど倒した時の爆も大きいので連爆を起こしやすいが、耐久も高い。耐久は色で判別でき、が最も固く、の順に耐久が低い。
このザコのみダメージハート1個分と軽く、ザコハート0になることもないのだが(ハート0.5個で耐える)当たると弾き飛ばされて一行動不能状態に、さらに復帰後もしばらくの間、移動速度ショットが弱体化する。場合によっては二回ザコ的に弾かれた後で攻撃ザコヒットして即死する場合もある。相手も回復するのでやはり当たらないに越したことはない。因みに行動不能から復帰した直後は僅かではあるが無敵
攻撃ザコノーマルアタック)[NORMAL ATTACK]
一定以上の連爆でザコ敵を倒すと、火の玉のような形をした攻撃ザコが相手側に送られる。通常時は4連爆で1体、6連爆で2体、8連爆で3体というように4連爆から後は2連爆毎につき1体増えていく。更に連爆が増えていくとサイズが大きく耐久の高い攻撃ザコが出現するようになる。
バーサル攻撃ザコリバースアタック)[REVERSE ATTACK]
攻撃ザコショットザコの爆で破壊すると、緑色に点滅した攻撃ザコに変化して相手側に送られる。リバースアタックを更に敵に破壊されると強エキストラアタック(後述)やボスアタック(後述)となって戻ってくるため、極緑色の攻撃ザコは返さないように心がける必要がある。
エキストラアタック[EXTRA ATTACK]
リバースアタックを破壊するか、レベル2のチャージショットで発動。
キャラクター固有の攻撃キャラクターが相手に送られる。これらのキャラは破壊不可能かつ厄介な軌で相手に近づいたり、画面を占有して逃げ場を塞いだりと強なものがっている。後述のボスアタックと並んでこのゲーム中で敵側に対する最も強な攻撃になるので、狙って出しに行きたい。
ボスアタック[BOSS ATTACK]
リバースアタックを3個同時破壊するか、レベルMAXのチャージショットで発動する。
キャラクター固有の巨大なボスキャラクターが相手側に送られる。これらのキャラは破壊可であるものの、高い耐久を持ち画面を大きく占有しつつ、厄介な固有攻撃を行う。
ボスは自分・敵側含めて画面上に一体しか存在できない。お互いにボスを出し合った場合は後から出したボスが優先されて先に出現していたボスは帰っていく。同時に出した場合は相殺となり、ボスはどちら側にも出現しない。
ボスを出した側のリバース破壊は全てエキストラアタックになり、MAXのチャージ攻撃はエキストラアタックが二倍の数で出現する。
死神[DEATH ATTACK]
ラウンドがスタートしてから一定時間が経過するか、全く連爆をしないでいると画面の上から登場し、プレイヤーに向かって移動してくる。死神に触れるとハートが5個あっても即座に0になってしまう。いわゆる永久パターン防止用キャラショットザコの爆ダメージを与えて破壊することも可だが、破壊するごとにスピード耐久が上がって再登場する。

アイテム


オーブ
い球の中に三日月の模様が描かれたアイテムプレイ中、画面上部に「!!」のマークが表示された後に、編隊ザコの中に混ざって出現する。オーブは通常のショットやチャージショットでは破壊できないが、爆ボムで破壊することが出来る。破壊すると、「フィーバー!」という効果音が鳴って自キャラクターが一定時フィーバーモードに入る。
フィーバー
効果中は自キャラクター黄色に点滅する。フィーバーモードに入ると、攻撃ザコの出現に必要な連爆数が半分で済むようになり、自画面のザコ&こちらが送る攻撃が大幅にスピードアップする。泡に包まれたザコも登場しなくなるので、猛攻をかけるチャンスになる。
コイン
取ると表示されている面の効果が得られるアイテム。回転しながら登場し、表面はボム、裏面は$になっている。登場前にフキダシで『!!』が出てコイン登場を知らせてくれる。通常は表面を取ったほうが対戦に有利に働くので、コインが登場したら表面を向いているうちに取ったほうが良い。
コイン シャボンザコの泡が消滅。直後にシャボンザコの編隊が登場する。
ボムコイン ボムストックが1個増える。
「$コイン 得点が増える。続けて取ると高得点。

登場キャラクター



マジカルスプライト:ロードラン


妖精族の王女。メヴィウスに奪われたティンクスターを取り戻すためにお供のラビキャットを連れてを飛び出す。
チャージショットマジカルショット
前面に向かって大きめのショットを放つ。
エキストラアタックラビボム
発動位置そのままの場所にラビキャットが現れ、下向きの弧を描きながら敵のいる場所に移動して爆発する。
最もスピードの速いエキストラアタック。特にフィーバー時にリバースを破壊する(チャージ2は高速にはならない)とにも止まらない速度が出ることもある。奇襲性は全エキストラ中№1だが、性質上、同時に大量に出してもほぼ同じところに着弾して広い範囲をカバーできないのが欠点。
ボスアタックスーパーラビキャット
巨大なラビキャットを召喚する。
耐久22で体当たり、弾、ニンジンラビボム攻撃を行う。攻撃は単調で余り優秀なのがく、ラビボムとの連携効果も低め、ただ耐久がなかなか高めなのと弾攻撃が近接しての殺をやりにくくしてるおかげでとしてはそこそこ役に立つ。

ドラゴンスター:リアリー・ティル


妖精族と一万年争いを続けているドラゴン族の王女ロードランをライバル視していて、ランを出し抜いて先にティンクスターを取り戻してしまおうと考えている。乗っているのはドラゴン子供ドラピー」。ちなみに凄い音痴
チャージショットドラピーファイア
ドラピーが一定時間火を前面に放射する。効果時間は長めだがリーチは短め。威もそれほどではないのでとしてもあまり信用しないほうが良い。使い所が難しいチャージショット
エキストラアタックドラピーアタック
敵画面上部にドラピーが現れしばらく下に向かって移動し、ランダムな位置で直に横に曲がって画面外に出ていく。敵を狙って曲がってくれるわけではないので、ドラピーの気分次第な攻撃。スピードの遅い序盤だと画面上部に一登場しただけで逃げてしまったりと滅多に役に立たないが、後半にスピードが上がって同時に大量に出てくると下まで到達し始めるので脅威になってくる。
ボスアタックスーパードラピー
巨大なドラピーを召喚する。
耐久21で体当たり、火炎放射、弾ばらまき攻撃を行う。体当たりは発生がいため潰されにくく、ドラピーアタックとの連携効果も高く優秀。ただし残りの火炎放射は画面下まで届かない、弾ばらまきは6発のみと微妙。体当たりは出現して即出るのでそれがこなければ視してもいいレベル

ビーストマスター:ヤン・ヤンヤン


色のに住む最年少のビーストマスター。今はトリブタしか操れないが、実を試すためにティンクスターを取り戻すに出る。幼女で胸にさらしを巻いているという凄いデザインキャラ語尾に「~だモン」とつく。
チャージショットワイドウェーブ
前面に横幅の広いカマイタチ状のショットを放つ。チャージスピードが最速クラスなのも相まって非常に使いやすいショット
エキストラアタック:トリブタ
敵画面上部にトリブタが現れ、敵キャラの方向に向かって行しつつ高速で画面下に向かって飛んでいく。
スピードが速く行軌がかなり読みにくく嫌らしい。場合によっては単体で2・3体登場するだけで躱しきれないと感じる場合もあるほど。敵画面上下部召喚タイプエキストラの中では最も攻撃に優れる性と言える。
ボスアタックパパブタ
巨大なトリブタを召喚する。
耐久22で小ウェーブ弾、大ウェーブ弾、弾ばらまき攻撃を行う。6WAYの小ウェーブと11発の弾ばらまきが強い。トリブタとの連携効果も高め。強い部類のボスに入る。


次へ»
最終更新日: 17/01/16 23:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ