ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ティーダ(FF10)


ヨミ: ティーダ
掲示板をミル!
119カキコ!

ティーダとは、スクウェア・エニックスゲームファイナルファンタジーX』(以下FF10)の主人公である。

(CV:森田成一)


概要


機械仕掛けの大都市ザナルカンドで暮らす青年17歳本作における代表的な球技「ブリツボール」のプロ選手であり、所属するチーム「ザナルカンド・エイブス」のエース。10年前のある日、然と姿を消した伝説プレイヤージェクト息子語尾に「〜ッス」と付けて話すのが癖。

彼の名を冠した大会での試合中、が突如出現したの怪物『シン』に襲われる。そしてザナルカンドが1000年前に『シン』に滅ぼされ遺跡と化した世界「スピラ」へと飛ばされてしまう。流れ着いた南の孤ビサイドで『シン』を倒す修行に出るという召喚士ユウナ、そしてそのガード達と出会い、自分を見知っている人を探すために彼らと共にを出発する。

非常に快活な気の良い性格であり、常にポジティヴな好青年だが、涙もろい面も隠し持っている。スピラの慣習や常識を全く知らないため、奇異ので見られることもしばしば。しかし『シン』やエボン教を中心とする固定概念に囚われているスピラの人々にとって、彼の「常識外れ」な考え方が苦の打開策を見出す糸口になることもある。

スポーツマンらしく身軽でアクロバティックな動作も多く見られる。

武器は王道的にを用いるが、彼はの嗜みがないどころかアーロンから渡されるまでを握ったことすらなかった(魔法ライブラ」の説明より)。オーソドックスな育成をすれば、それほど攻撃は高くならないが素さが伸び、手数で攻めるタイプになる。「ヘイスト」「スロウ」などの敵・味方の行動回数を操作する技・魔法も習得する。ワッカリュックと共に水中バトルも可。また、ブリツボール選手らしくボールで攻撃する必殺技も……あれ、爆発した?

本作はボイスを採用していながらティーダだけは名前を変更することが可となっており、そのためか仲間達から名前を呼ばれることがなく、「キミ」「お前」「あんた」などと二人称で呼びかけられる。ちょっと強引なものだと「ジェクト息子」「新入りガード君」といった呼び名もある。ボイスしの台詞では名前を呼んでくれるサブキャラクターがいる。


外部出演作品


キングダムハーツ

デスティニーアイランドの住人で、主人公ソラ友達。性格等はFF10のものとほぼ同一だが、木の(?)を振り回すぐらいにはの嗜み(?)はある。また、FF10本編よりも若い(13歳)

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special

ユウナアーロンリュックと共に出演。ただし、ストレートな性格からかCランクとあまり強くない。
因みに、次作「(前略)いただきストリート ポータブル」では見事に全員リストラされた。

ディシディア ファイナルファンタジー

コスモスFF10代表として参戦。性格その他諸々はそのままである。

なお、続編であるデュオデシムにおいてはまさかのカオス営での登場である。(性格は好青年のままだが)
そしてユウナにちゃんとボイス付きで名前を呼んでもらえている。…良かったね。

ファイナルファンタジー レコードキーパー

ダウンロード500万回突破の人気ゲームアプリティーダドット絵となって登場する。


関連動画



■sm193795[ニコ動]

■sm8081360[ニコ動]
■sm742915[ニコ動]
■sm7568042[ニコ動]
■sm6133996[ニコ動]
■sm14392852[ニコ動]


関連商品


■azB000A41FNC
■azB000KK9GIC
■azB003V89S4C
■azB000F9XGIO
■azB0094DYSQ6
■azB00FJQIJG2


関連静画


■im921946(静画)


関連コミュニティ


■co342


関連項目



最終更新日: 16/02/19 03:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ