ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テイエムオーシャン


ヨミ: テイエムオーシャン
掲示板をミル!
2カキコ!

テイエムオーシャンとは、日本の元競走馬・繁殖である。

な勝ち2000年阪神3歳牝馬ステークス2001年桜花賞秋華賞


概要


~2000年

ダンシングブレーヴヴァーガールリヴリア凱旋門賞で、種としては病に苦しみながら欧州日本それぞれで活躍を出した名種は1勝だが、桜花賞を逃げ切った快速エルプスの子。したがって小岩井農場の基幹ビューチフルドリーマーから続く由緒正しい系である。リヴリア伝説的名Dahliaの子で、皐月賞ナリタタイシンなどを出した。まあなかなか良血。
生後数日たったある日、「テイエム」の冠名でお染みの園正繼氏が牧場で偶然テイエムオーシャンを見かけた。幼駒の頃は小柄だったテイエムオーシャンだが、園氏は「これは走りそうだ」と気に入り、同行した調教師の反対を押し切って購入。「テイエム」の冠名で走ることとなった。

西浦勝一厩舎に入厩し、2000年8月札幌デビュー。3番人気にとどまるが、後の重賞インラディウスらをに逃げ切り。続く条件戦も先行してあっさり勝つが、札幌3歳Sは同期ダービージャングルポケットに敵わず3着に敗れる。しかし相手に逃げてったのだから褒められるべき3着だろう。
その後阪神3歳Sに直行し、先行策から楽勝。上の本田優にとってはゴールドシチ―以来14年ぶりのGⅠとなった。しかしこレースは恐ろしいほどメンバーが手薄で、なんか前走の3着の方が立だったような…。ともあれ4戦3勝にGⅠ勝ち。文句なしで最優秀3歳を受賞する。

2001年

明けて2001年は定石通りチューリップ賞から始動し、ポイントフラッグ(後のゴールドシップ)に4身差をつける勝。こうなれば桜花賞はもらったも同然で、1.3倍の断然人気に応え2番手から突き抜けて3身差の勝。同じ舞台を逃げ切った祖エルプスに負けない快速を見せつけた。

牝馬三冠の期待も背負い、オークスも1.8倍の断然人気。しかし好位から4までは良かったものの直線で伸びず、外からレディパステルローズバドに差され3着に敗れてしまう。このレースでは「もっと放せば勝てたろ…」と上の本田への批判がかなりあったらしい。

仕切り直して、ローズSを使わず秋華賞へ直行。今度は2番手からきっちり前を捉え、ローズバドの追撃を封じて勝利。二冠を達成する。オークスから直行で秋華賞を勝ったのはテイエムオーシャンと2006年カワカミプリンセスの2頭のみである。ちなみにどちらも当時の上は本田優だった。

その後エリザベス女王杯は5着、有馬記念は初めて後方待機を試すが6着と連敗。しかし二冠を評価され最優秀3歳を受賞する。・・・あれ、また?

実は2001年日本競走馬の年齢表記が数え年(満年齢+1)から満年齢表記に変わったため、1998年まれの競走馬は2年間「3歳」だったのである。の方は2000年2001年で最優秀3歳が異なるので、「3歳」と名の付く表を2年連続で受けた一のになったのだ。これだけ聞くと記録だが、2年にわたって表される実績を上げるのは難しいことだし、結構すごいことである。

2002~2003年

4歳の初戦はまでずれ込み、札幌記念で戦列に復帰。+38kgという然とするような増え方だったが、後のGⅠトウカイポイントを楽々と下し勝利。これに気をよくしたか、あるいは札幌記念勝利エアグルーヴの夢を見たか、営は古王道路線への挑戦を決定。天皇賞(秋)は1番人気に推される。

・・・結果?13着、JC9着、有馬10着。もう見るも惨。先行しても追い込んでもさっぱりダメ。JCではもう10番人気に落ちてたし。あーあ、って感じ。散々なシーズンになってしまった。

2003年久々マイルとなるマイラーズCに出走するが3着。金鯱賞タップダンスシチーの前に9着。ついには限定GⅢにまで落ちぶれてしまう。しかも自らの栄の代償か、59kgの酷量を背負わされる。果たしてマーメイドS2着、クイーンS3着と勝ちは積めず、エリザベス女王杯標にしたが折が判明。引退を歩むことになった。

通算18戦7勝。4歳以降はパッとしない戦績だったが、札幌記念なんかを見ているともっとできたような気もする。祖エルプスマイルまでのだったこと、いろいろとキョウエイマーチに似てること、この頃のマイル戦線が役不在だったことから、「マイル戦線に進んでいれば…」というが後を絶たない。こと2002年マイルCSでは札幌記念で軽く退けたトウカイポイント勝利。多くのファン噛みしたとかしないとか…。まあ、この年のマイルCSは先行を並べて討死にしてるしダメだったかもしれないけど。ともあれ、実はあるのになんか妙な使われ方をされて思うような実績を残せなかった、というのがファンの評価のようである。

繁殖牝馬として

生まれ故郷の川越ファームに戻り繁殖入りしたテイエムオーシャン。夢の配合を、という園氏の意向もあり5年連続でテイエムオペラオーを連続して付けられ3頭がデビュー。「10冠ベビー」と騒がれたが手に失敗。オペ自体失敗だったもんな。オペラオーは08年で諦められた一区切りついたが、基本的に社台をつけない園氏の方針で、その後もファンタスティックライトディープスカイメイショウボーラーと非社台系のろくでもないばかりをつけられ、これといった産駒も現れず。オペラオーとの最後の産駒テイエムオペラドンが障OPを連勝したが、こちらも上級戦では頭打ちな様子。ただ2015年はついに観念したかオルフェーヴルをつけたらしく、これから産駒の反撃があるかもしれない。しかしオーシャンはもう18歳…。本当に妙な使われ方をされるである。

血統表を眺めていると、ダンシングブレーヴRiverman、ミルリーフDroneなど血統競馬評論家が「欧州血統」をるときによく出てくる種をまとめて突っ込んだような印を受ける。先述の通り系は古いので、そちらをたどればトサミドリやプリメロなど往年の大種もいる。しかも5代前までにHaloどころかHail to Reasonもいない。要するに、サンデーサイレンス系の種が非常につけやすいのである。サイアーラインのダンシングブレーヴノーザンダンサーという制約はあるが、それさえクリアすれば実質制限。SS系をつけてくれと言わんばかりの血統なんだけどなぁ。

同期にはローズバド、ハッピーパス、ポイントフラッグダイルージュなどとして活躍したが多いのだが、同期役だったテイエムオーシャンは復権なるか…。


関連動画



■sm3792012[ニコ動]

■sm7646984[ニコ動]
■sm9112600[ニコ動]


関連商品


テイエムオーシャンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 16/02/26 00:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ