ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テイエムプリキュア


ヨミ: テイエムプリキュア
掲示板をミル!
49カキコ!

テイエムプリキュアとは、日本の元競走馬である。
な成績は阪神ジュベナイルフィリーズ(Jpn1)1着、日経杯(G2)1着、エリザベス女王杯(G1)2着。
名の由来は、冠名のテイエム+TVアニメプリキュアシリーズ。名付け親は

概要

テイエムオペラオーで有名なテイエムの園氏がオータムセールで250万という安値で購入。その様子は後述の映像に残されており、値段とは裏にかなり高い評価をしていることが伺える。その後園氏の(当時4歳)の一により名はテイエムプリキュアとなった。期待のにそんな名前でいいのか。ちなみにその後2011年にはテイエムキュウベエという名のデビューさん順調に成長してますね。

デビュー前からその名ゆえ一部から注を浴び、デビュー9月3日小倉での新戦。地味な血統で評価は5番人気といまいちだったが、ドリームパスポートらをに逃げ切り勝ち。次走は10月23日京都8Rかえで賞。ディープインパクト三冠を達成した日であり、大入りの観客の前で闘志を燃やしたか、5番人気ながら好位からの競馬勝利。これで暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)を前に2戦2勝。勇躍乗り込んだGIの舞台では8番人気とまたも低評価を受けるが、中団待機から一気の末脚で他を撫で切り最後は一身半の差を付け快勝。3戦3勝でGIタイトルまで奪取してしまった。そして翌日のスポーツ新聞がカオスになった。この結果により2005年JRA賞最優秀2歳を受賞。

しかし2006年初戦以降、周囲の期待の高さとは裏立った成績を上げられず、
入着こそあるものの、大敗に大敗を重ね2008年愛知杯では18着というシンガリ負けを喫した。
そのために、次戦である日経杯を最後に引退を表明した。

第56回日経新春杯(2009/1/18)

ラストランとなる当レースでの単勝人気は、16頭中11番人気騎手荻野。斤量は49㎏。
有終の美を、とは謳われるが評価は決して高いものではなかった。

が降り注ぐ中、スタートは切られた。スタート直後から先頭に立ち、逃げる形でのレース展開となった。
動いたのは第3コーナー。それまで2~3身程度とっていた差を一気に拡げ、2番手以下を大きく引き離した。

実況岡安譲「1人だ、1人だ、テイエムプリキュアだ!」という程の圧巻の逃げで、
実に3年1ヶぶりとなる大勝利を修めた。   

有終の美を飾ったかに思えた束の間、テイエムプリキュアの現役続行が発表された。
賛否あるものの、今回のレース結果が影したものと見られる。   

このレース後は再び大敗が続いたものの、11月エリザベス女王杯にて、クイーンスプマンテとともに大逃げを打ち、最後にクイーンスプマンテには突き放されたものの後続を抑え2着にって見せた。

そのため、翌年もさらに現役続行となったが、2010年は一度も掲示板に乗れずエリザベス女王杯シンガリ負けしたのを最後に引退となった。

余談であるが、よしだみほの「馬なり1ハロン劇場」においてはコスプレイヤーキャラとなっている。


関連動画



■sm5879326[ニコ動]

■sm743322[ニコ動]
■sm1661607[ニコ動]
■sm36090560[ニコ動]


関連静画


■im8290609(静画)


関連商品


■azB00BHH2U30


関連項目



最終更新日: 20/03/20 13:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ