ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テイルズオブファンタジア


ヨミ: テイルズオブファンタジア
掲示板をミル!
535カキコ!

 

この世に悪があるとすれば、それは人の心だ。」
エドワード・D・モリスン

 

テイルズ オブ ファンタジア』とは、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたRPGである。
略称は『ファンタジア』、『TOP』。

悲しみの涙をに変えて少年はいま、時間を越える……。


概要


テイルズ オブシリーズの記念すべき第1作。
1995年12月15日SFC版が発売される。
1998年12月23日にはPS版2003年8月1日GBA版、2006年9月7日PSP版が発売されるなど根強い人気がある。

SFC版ではお染みの固有ジャンル名はまだ付いていない。
PS版より『伝説のRPG』が用いられるようになった。
また、SFC版では、電を入れるといきなりこの記事の最上部にあるセリフを一され、ドロドロしい曲のイントロが流れたと思うと、『夢は終わらない ~こぼれ落ちる時の雫~』が流れるというとても印深いOPとなっている。
PSPSP版では止。)


略称を『TOF』だと誤解されがちだが、正しくは『TOP』である。
FANTASY(ファンタジー)、FANTASTICファンタスティック)など頭文字「F」のため、 おそらく、“ファンタジア”だから「F」と勘違いしてしまうと思われる。
しかし、正しくは、『ファンタジア』は『PHANTASIA』である。
ちなみに、頭文字が「P」でファと発音させる単PHANTOMファントム)、PHALANXファランクス)、PHARAOH(ファラオ)などがある。


遷移


前述の通り、『テイルズ オブ ファンタジア』は計4本発売されている。
しかし、単純な丸映しではなくそれぞれに特徴があり、声優もしばしば変化している。

声優

キャラクター 声優
SFC PS GBA PSP
クレス・アルベイン 草尾毅
チェスター・バークライト 草尾毅 伊藤健太郎
ミント・アドネード こおろぎさとみ 岩男潤子 岩男潤子
こおろぎさとみ
岩男潤子
アーチェ・クライン かないみか
クラース・F・レスター 井上和彦
藤林すず --- 川田妙子
ダオス 塩沢兼人 森川智之

SFC版


色々な意味でSFC限界に挑んだ作品であった。
ただ、タイミング悪く6日前に『ドラゴンクエストVI』が発売されており、あまり立つことはなかった。
声優起用や主題歌など、話題性では決して負けてはいなかったのだが……。

ゲームバランスは恐らく『テイルズ オブシリーズではないだろうか。明期だから仕方がないとは言える。
属性攻撃耐性持ちがやたら多い、魔法ハメされる、開幕3石化全滅余裕でした……など。
終いには、ダオス属性までも吸収するという設定崩壊(?)まで起こしてしまっていた。
別に、が嫌いというわけではなく、高威魔術としてインデグニションを挙げられていただけのような気もするが。
ダオスは「魔術でしか傷つかない」という設定であり、SFC版のみ実際にその効果がある。

75以上あるときは、物理攻撃でダメージを与えてもしばらくするとその分回復してしまう。

色々詰め込み過ぎたせいか、フリーズバグも多かった。(隠し精霊召喚でほぼフリーズなど)

開発のウルフチームメインスタッフは後に独立し、トライエースを設立する。
そのためSFC版は必殺技仕様など、『スターオーシャン』との共通点が多い。


PS版


テイルズ オブ デスティニー』(1997/12/23発売)を挟んで移植リメイク)された作品。
シナリオ等はほぼそのままに、OPアニメ導入、グラフィックの描き直し、バランス調整などを施された。
操作性も『デスティニー』から更に大幅に向上しており、初心者でも染みやすい作品に仕上がっている。

SFC版からの反なのか、初心者でも簡単にクリアできるほど、難易度はかなり低く抑えられている。
そのため、SFC版のシビアな難易度プレイした人からはヌル過ぎるという評価も少なからずあった。

主な変更点(SFC→PS)


GBA版


2度移植。今作はSFC版とPS版を折衷した形になっている。
操作システムは贅沢にも両方をコンフィグで切り替えられる。……が、需要は不明。
ただし、SFCから2つ、PSからは4つボタンが減ったことで操作性はあまり良くない。
グラフィック面は流石にハード限界もあり、SFC末期レベルまで低下している。

主な特徴


PSP版(フルボイスエディション)


3度移植。今作はPS版ベースにしており、SFC版の要素はない。GBA版の独自要素は一部だけ採用。
フルボイスエディションとあるように、キャラクターイベントボイスが大量に採用されている。
ほんの少ししか出番がないキャラクターにも個別に声優を採用しており、そのの入りようが伺える。

また、戦闘画面がついに3頭身に。とはいえ、『なりきりダンジョンシリーズでは既に3頭身になっていたのだが。
ワイドな画面を活かせるインターフェイスにもなっている。……のだが、ちょっと余り気味な気もする。

主な追加要素


PSP版(クロスエディション)


テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンXクロス)』との2in1として再度のリメイク
ストーリーフルボイスエディションをベースに、新キャラクターロンリーネに関するイベントの追加が行われている(このイベントクロスエディションでは完結せず、『なりきりダンジョンX』へと続いて行く)。
また、PS版以降長らく据え置かれていた戦闘システム変にも着手され、全体的にかなりスピーディかつスタイリッシュに展開するようになった。
…………が、肝心のAIがついて行っておらず、一部のキャラクター戦闘に支障が出てしまっている。

追加・変更要素


『テイルズ オブ シンフォニア』との関係性


テイルズ オブ シンフォニア』と同じ世界軸、同じ時間軸にあり、『シンフォニア』は『ファンタジア』より過去ストーリーとなっている。

そのため、『シンフォニア』と共通する場所やキャラクター、設定などが存在する。
ただし、両作品間には、いくつかの矛盾点が存在し、その中には『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』(『シンフォニア』の続編)でも解決されなかったものもあるため、パラレルワールドの可性も少なからずある。
関係性の根拠として、『テイルズ オブ シンフォニア イラストレーションズ』で、プロデュサーの吉積氏が「同じ世界軸にあるのはTODTOD2TOPTOSで、PとSは同じ時間軸に存在してる」と発言していることが挙げられる。


関連動画



SFC版



■sm1811697[ニコ動]

■sm191877[ニコ動]
■nm3660076[ニコ動]


PS版


■mylist/21164616
■sm7249310[ニコ動]
■sm3728915[ニコ動]
■sm5019305[ニコ動]


GBA版


■sm2053304[ニコ動]


PSP版(クロスエディション)


■mylist/20441056


関連商品


■azB000068H51
■azB00005Q2WC
■azB0000A01GN
■azB000RKYECS
■azB00AHRZM22
■azB000I6WYO6
■azB001AK1KAS


関連コミュニティ


■co483


関連項目



次へ»
最終更新日: 17/03/04 17:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ