ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テリーマン


ヨミ: テリーマン
掲示板をミル!
124カキコ!

テリーマンとは、ゆでたまごによる漫画作品『キン肉マン』に登場する人である。

レスリングシリーズにおける登場人物については、テリーマン(レスリングシリーズ)を参照

概要


正式名称はザ・テリーマン。額に「」の字が描かれ、両肩に印(スターエンブレム)を装着したアメリカ(テキサス州)生まれの正義人。

当初はキン肉マンことキン肉スグルキザビジネスライクなライバルとして登場したが、キン肉マンとのやり取りを通じて本当の正義の心に覚め、彼の良きパートナーとなる。モデル実在プロレスラーであるテリーファンク

オリンピック等での個人成績は様々な事情(キン肉マンをかばって怪をする、子犬を救うためのルール違反で敗退する…)があって振るわなかったが、キン肉マンと結成した最強タッグチーム『ザ・マシンガンズ』では、数々のタッグチャンピオンタイトルを獲得した。

な技はカーフ・ブランディング、テキサスクローバーホールド、スピニングトーホールドなど。キン肉マンタッグを組んだ際はツープラトン技『マッスルドッキング』を使用し、その際には本来キン肉マンの技であるはずのキンドライバー(場合によってはキン肉バスター)を担当している。

人間女性カメラマン野ナツコと結婚し、続編の『キン肉マンⅡ世』では二人の息子テリー・ザ・キッドが登場している。

なお、現実世界でもテリーマンらしき人物が確認された。→関連ニュース[外部]

初期はべったく、ゆでたまご中井キン肉マン同様「宇宙人」に設定したかったらしい。
その他キン肉マンが「おばけのQ太郎」ならテリーマンは「ドロンパ」なイメージで、少々いやみな性格はここから来ていたという。

あらゆる分野に詳しく、「そういえば聞いたことがある」という定番のセリフとともに解説役を務めることが多い。


プロフィール



作中での活躍



怪獣退治編


キン肉マンに代わる日本専属の人として初登場。投票により日本専属のスーパーヒーローとなり、それに伴うキン肉マンヒーロー降任を伝えにキンハウスを訪れる。この当時の性格は高飛車で銭ゲバなところがあり、シーク人に父親を人質に取られた子供怪獣退治を依頼すると、「マネーの方は持っているんだろうね」とギャラを要。健気にも貯していたお金を差し出した子供に対し、「ハッハハハ ボーイ 大人をからかっちゃいけないよ!」と嘲笑しながら蹴飛ばすという鬼畜な行動に出る。
これを見かねたキン肉マンは、テリーを殴り飛ばしシーク人退治に向かう。自らの利益をみず戦うキン肉マンのの行為で自らの行動を思い直し、共にシーク人退治へと向かうのであった。

このことをきっかけにキン肉マンとは生涯の親友となり、共に日本に現れる怪獣宇宙人たちを相手に闘うこととなる。ちなみに怪獣退治の頃は、巨大化してマグナムを武器に戦っていた。また、将来の妻となる野ナツコと出会ったのもこの頃だった。


第20回超人オリンピック編


アメリカ南部代表として出場。予選を難なく突破し、1回戦ではスカイマンの中殺法に苦戦するも、同じアメリカ代表のスペシャルマンの援もありオクラホマスタンピートで逆転勝利。準決勝で前回王者のロビンマスクと戦うことが決定する。

だが、キンマンが特殊ライフルキン肉マン狙撃しようとする場面を撃。キン肉マンったことでライフル誤射し左足を直撃。左足に重傷を負ったままロビンとの準決勝に挑むことに。まともに戦っては勝ちがないと踏んだテリーは、普段とは違うダーティファイトからリングアウト勝ちを狙うも、最後はロビンボストンクラブを受けてギブアップする。

3位決定戦では、ラーメンマン器を使った反則攻撃によって反則勝ちとなる。決勝ではロビンと戦うキン肉マンのセコンドを務め、ロビン攻略アドバイスを送る。


アメリカ遠征編


タッグ選手権に出場するために、テリーパートナーとして迎えようとキン肉マンテリー牧場を訪れるが、キンマンに撃たれた左足の傷が悪化したため左足を切断していたことが判明。レスラーを諦めていた。しかし、キン肉マンや周囲の説得もあって出場を決意。テリー牧場の蹄師のバックランド爺さんが作った精巧な義足をつけることでリングに上がることとなる。かくして、キン肉マンとの伝説の名タッグチームザ・マシンガン」が誕生する。

タッグ結成当初はコンビが噛み合っていなかったザ・マシンガンズだったが、2試合を1勝1分で乗り切り、第3戦に挑む。しかし、スカル・ボーズとデビルマジジャン宇宙コンビのラフファイトに苦戦。さらに試合に介入してきたキンマンとイワオに義足を奪われてピンチに陥る。だが、車椅子少年ロバートや第1戦で戦ったジ・エンペラーズの協もあって取り戻し、スカル・ボーズをカーフ・ブランディングによって倒し逆転勝利。全タッグ選手権に優勝する。

ちなみに、テレビアニメではタッグ選手権がカットされており、テリーの左足が切断されたことにはなっていない。


第21回超人オリンピック ザ・ビッグファイト編


アメリカ代表の一人として出場。優勝補の筆頭として期待されるが、3次予選「新幹線アタック」にて線路に迷い込んだ子犬を助けるために新幹線を止め、ルール違反で失格となる。以後は、解説役となる。


7人の悪魔超人編


ステカセキングとの初戦で負傷したキン肉マンに代わって戦おうとキン肉マンマスクを被り登場する。しかし、見破られたことで悪魔人6人からリンチを受けることとなるが、間一で現れたキン肉マンに助けられる。その後、ブラックホールとの戦いの後倒れたキン肉マンに代わってアイドル人軍団の一員として悪魔人との戦いに参加する。

5か所における対抗戦が行われた中、テリー秩父連山においてザ・魔雲天と対戦。シューズの紐が切れたことで仲間たちが次々に倒れたことを知って冷静さを失いピンチに陥るも、魔雲天マウンテンドロップに耐え、最後は全身全霊のブレーンバスターによって逆転勝利を飾る。だが、長時間の戦いで弱っていたリングワイヤーが切れて底へと転落。一時は死亡したかと思われたが、事生還を果たしミートの部を取り戻す。このときのシーンは作品の中でも屈の名シーンとしてになっている。

その後は、キン肉マンvsアトランティスの試合において、悪魔人の亡霊に苦しめられるキン肉マンを救うため、モンゴルマンの用意した霊界ポケットを使い、ブロッケンJr.モンゴルマンと共に霊体となり亡霊たちを退治している。


黄金のマスク編


悪魔騎士によってパワーを奪われ、プラネットマンの人面プラネットによりロビンたちと共に人質にとられる。キン肉マンプラネットマンを倒したことで復活。仮死状態となったウォーズマンを救うためにリサイクルゾーンを使って体内に入り込み、五重のリング3階においてアシュラマンと対戦。

阿修羅バスターに加え、3つの顔、6本の腕を持つアシュラマンに大苦戦。しかも、両腕をアシュラマンに奪われてしまう。さらに、阿修羅バスターを受けた際にウォーズマンの命綱である制御装置に異常が発生する。死を覚悟したテリーは、もう一度制御装置にショックを与えるべく阿修羅バスターを受けることを決意。そのとき、両肩にバッファローマンの腕が出現する奇跡が起こり、玉砕ドロップによって制御装置にショックを与えウォーズマンを救う。しかし、アシュラマンを倒せるだけのは残されておらず、再び借りたバッファローマンの両腕によって両者リングアウトの引き分けに持ち込むのがやっとだった。

その後、キン肉マンアシュラマン勝利した際に両腕を取り戻し、アシュラマンに破られたキン肉バスターに代わる新必殺技キンドライバーの特訓に付き合う。


夢の超人タッグ編


アシュラマンサンシャインの策略によって正義人全体が互いの間の友情を奪われてしまう。開催が決まった宇宙タッグトーナメントパートナーとしてキン肉マンからオファーを受ける。しかし、友情パワーを奪われたことでキン肉マン打倒を志すようになってしまい、ザ・マシンガンズ再結成を拒否。人間から人に転生したジェロニモタッグパートナーに選び、「ニューマシンガン」を結成し、トーナメントに出場する。

1回戦第4試合にて、ニューマシンガンズは共に因縁のあるアシュラマンサンシャインはぐれ悪魔コンビと対戦する。だが、パートナージェロニモサンシャインの呪いのローラーで右腕を破壊されたこともあってコンビプレーがちぐはぐになり苦戦。戦いの中、キン肉マンを拒絶したことを後悔するが、そのキン肉マンからのアドバイスにより復調。サンシャインをテキサス・クローバーホールドに捉えギブアップ寸前に追い込む。しかし、ジェロニモを人質に取ったアシュラマンの策略により、両肩のスター・エンブレムを渡し試合放棄し、1回戦敗退となる。

だが、試合が終わっても攻撃を続けるはぐれ悪魔コンビによってジェロニモが倒され、自身も絶対絶命ピンチに陥る。そこへ駆けつけたキン肉マンパートナーであるキン肉マングレートが身代わりに呪いのローラーへ放り込まれたことで救出される。瀕死の重傷を負ったグレートを医務室へと運んだテリーは、そこでグレートの正体がキン肉マン師匠プリンス・カメハメであることを知る。カメハメから死に際に、グレートマスクを託され、2代目キン肉マングレートとして戦うこととなる。

準決勝第1試合では、再び因縁のはぐれ悪魔コンビと戦うこととなる。自ら全決着によるデスマッチ希望するなど並々ならぬ闘志を燃やすテリーマンだったが、開始直後は偉大なるカメハメと自分とのギャップに苦しむことに。それでもカメハメの霊の助言もあって本来のスタイルであるテキサスファイトを思い出し、奮闘。はぐれ悪魔コンビの次々と繰り出す技の前に何度もピンチに陥るが、キン肉マンとの友情パワーによってことごとくはねのける。しかし、阿修羅火玉弾を受けた際にコスチュームの下の肌が露わになり、キン肉マンとのコンビ裂が走る。だが、正義のために必死に戦う姿を見たキン肉マンからパートナーとしての信頼を得たことで乗り切る。2人の姿に心を動かされたはぐれ悪魔コンビ不協和音が生まれると、マッスル・ドッキングによって死闘を制する。ちなみに自身にとっては3度の戦いでようやくアシュラマンから勝利を得たことに。


次へ»
最終更新日: 19/08/31 19:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ