ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


テレビゲームソフトウェア流通協会


ヨミ: テレビゲエムソフトウエアリユウツウキヨウカイ
掲示板をミル!
8カキコ!

テレビゲームソフトウェア流通協会Association of Retailers of TV-game Software:通称ARTS)とは、1990代後半の中古ゲームソフト裁判に関連して設立された、ゲームショップの組合である。

 


概要


1990年代任天堂に代わりゲーム業界の覇権を握ったソニーコンピュータエンタテイメント(SCE)とセガエンタープライゼズ(SEGA)は、「中古ゲームの存在は新品ソフトの売り上げを阻し、メーカーに悪影を与える」という考えのもとゲームショップに対し中古ゲームの取り扱い停止をめていた。

そしてSCESEGAゲームメーカー数社が東北ゲームショップFCに訴訟を起こす事態になる。これに対し、中古ゲーム取り扱い停止断固反対が集結してできあがったのがARTSであった。

最終的には東京大阪で裁判が繰り広げられることになったが、ARTSの尽や上昇(カメレオンクラブFC経営)のARTSへの寝返り、正取引委員会によるSCESEGAへの警告などもあり、2002年5月には最高裁にて、ショップ側全面勝訴・中古ゲームソフトの販売は合法の判決を勝ち取る。現在はこの判決がコンセンサスと見なされ、ゲーム中古販売が全ゲームショップで行われている。


その後のメーカーの対応


任天堂は裁判中、裁判後を通じ中古ゲームソフト販売を黙認する立場をとっており、歴代の上層部は中古ゲーム市場を肯定するような発言まで行っている(「中古」の欄に山内相談役の「見解」が載っている)。むしろ、「ユーザーに飽きられない、長時間遊べるソフトの開発」こそ最大の中古対策である、という姿勢を現在まで維持している。(※ただし元広報部長今西紘史は中古ゲームソフトそのものは認めつつも、新品発売の1週間後には中古ソフトが並ぶような状況については苦言を呈している。)
任天堂自身も、当時発売していたゲームボーイNINTENDO64ソフト(有名どころでは「大乱闘スマッシュブラザーズ」が挙げられる)のパッケージに「中古販売禁止マーク」を表示するなど、判決次第では中古販売禁止を推進する方向にあったと見ることができる。
この騒動の渦中にサービスが開始された、スーパーファミコンゲームボーイソフト書き換えサービスニンテンドウパワー」においても、旧機種の延命というほかに、中古販売禁止後も旧作タイトルを安定して供給できるように、という的があったようである。

なお、クラブニンテンドーや昔のソフトダウンロード購入できるバーチャルコンソールなどは、事実上の中古ゲーム対策ではないかとも言われている。(ただしクラブニンテンドーシステムはあくまで「新品の販促」であり、バーチャルコンソールも利用するにはプリペイドカードの購入が必要で、これまで中古ゲーム販売を軸にしてきたゲームショップも利益に与れるシステムにはなっている。)


 

中古ゲーム裁判終了直前に家庭用ゲーム市場に参入したMicrosoftは、XBOXXBOX360共に特に中古ゲームに対するプロテクトを行ってはこなかったが、次世代機であるXBOX720(※ファンによる仮称)ではオンラインを使うことで中古ゲームをはじく仕組みが搭載される・・・との噂が「信頼できる情報筋」から流れているとのことである。(記事[外部]
ただし、この新機種の名前がXBOX one になると発表された後、この機の見送りが明らかにされた。
 

中古ゲーム裁判においてメーカー代表として先導してきたソニーコンピュータエンタテイメント(以下SCEは裁判終結後も「しかたなく中古販売を認める」姿勢をとっており、その後も何らかの方法で中古ゲームの流通を制限するために議員立法の提出を国会議員に持ちかけたり、ディスク側にチップを仕込むことで認を行い中古ゲームをはじく特許を取得するなど、現在中古ゲームの根絶こそがゲームソフトメーカーの利益に寄与するという信念の元動いている。
しかしながら、最近では対抗関係にある新機種XBOX oneにおいて前述のオンラインシステムの話が出たとき、「(当社の新機種である)PS4違いますよ」という動画を作成し開するなど、幾分か対応に変化が見られるようになった。


関連項目


主なARTSの構成員
中古ゲームソフト取り扱い停止を求め裁判を起こしたことのある会社
「違法中古ゲームソフト撲滅キャンペーン」を起こした団体 ※現在は中古ゲームソフトは違法ではない。

最終更新日: 15/09/29 20:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ