ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ディーゼルエンジン


ヨミ: ディーゼルエンジン
掲示板をミル!
72カキコ!

ディーゼルエンジンとは、ディーゼル機関とも呼ばれ、ドイツ技術者ルドルフディーゼル1892年に発明した内燃機関の一つである。


概要


乗用車などに数多く搭載されているガソリンエンジン(4サイクル)は、吸気(燃料と空気の混合気)→圧縮→点火、爆発、膨→排気、という行程を繰り返して動いている(オットーサイクル)。

一方、ディーゼルエンジン(4サイクル)は、吸気(空気)→圧縮→燃料噴射、爆発、膨→排気、という行程を繰り返して動いているディーゼルサイクルまたはサバサイクル

ガソリンエンジンと異なる点は、吸気のときは空気のみで点火用のプラグはなく、高温になった圧縮空気に燃料を直接噴射、自然発火させて爆発させる、と言った所である。また、熱効率がよく、軽油・重油といた複数の燃料を使用する事が可で汎用性が高いといった特徴がある。このことをして、かつて内のディーゼルエンジン研究の第一人者であった関敏郎は「袋」と例え、至言として広く浸透した。

もっとも、最近の自動車用ディーゼルエンジンに限って言えは燃料噴射装置(インジェクター)がひっじょーーーーーーーーーに繊細に出来ているので、妙な燃料をぶち込んだらすぐ壊れるだろう。


ガソリンエンジンとの比較


同排気量のガソリンエンジンべると、だいたい次のような特徴を持っている。


日本における自動車用ディーゼルエンジンと、世間のイメージ


前述のようにディーゼルエンジンは効率が良く、二酸化炭素排出量は少ない。しかしながらNOx(窒素化物)とPM8粒子状物質)という有物質を発生してしまう。燃料に硫黄が含まれているとSOx(硫黄化物)も発生する。さらに排気ガスを浄化するために触媒などをつけようにも、硫黄化物によって々にダメになってしまうため付けられない、など排ガスの低公害化にはハードルが高かった。結果としてディーゼルは煙モクモクさんになってしまい、大気汚染が本格的に問題になり始めた70年代以降、自動車のディーゼルエンジンがやり玉に挙げられるようになった。

そうした流れを受けた90年代後半、こと日本国内においては排ガス規制強化の流れが急速に強まる。1999年東京都知事選で当選し、同年に知事に就任した石原慎太郎揮の下、東京都ディーゼルNO作戦を実施。石原がPMを入れたペットボトルを持ち出して記者の前で振って見せるパフォーマンスを行い、ディーゼル公害とその是正を訴え始める。この結果、ディーゼルエンジン=悪というイメージが強く人々に印付けられた。実際当時はまだい煙をもうもう吐きながら走っているトラック多かったし、仕方ないね

これ以後、東京とは周辺県と共に独自の排ガス規制を実施。また硫黄分の低減を石油連盟に働きかけ、さらに他の油と混ぜた不正軽油(脱税軽油)の取り締まり強化などを行った。こういったこともあってを挙げてディーゼルへの規制強化へ動き、日本ディーゼルは急速にクリーン化していく。とられた規制及び対策は以下のようなものである。

業界各社がこれら厳しい規制へ対応したことで、ディーゼルエンジンの排気ガスは15年くらい前とは見違えるほどにクリーンになった。そして00年代中盤以降、欧州乗用車を積極的にディーゼルエンジン化する動きが明らかになってくると、内でもディーゼルエンジンに対する見方に変化が生じつつあった。

2009年から継続生産と輸入2010年から。ポスト新長期規制が開始すると、これに対応したディーゼル乗用車も徐々に増えてきた。2012年には新が相次いで市場投入され、また2013年以降に市場投入の以降を示す会社も出てきている。

メーカーも積極的に「クリーンディーゼル」という言葉や各種企業もあり、イメージは良くなりつつあった。
市場ディーゼルに対するイメージ善の要因は、これまで述べた規制及び対応に加え、ディーゼルエンジン自体の性向上も考えられていた。

日本で販売されているディーゼル乗用車(2016年7月現在)
トヨタ自動車 ランドクルーザープラド
(4代150系)
三菱自動車工業 パジェロ
デリカD:5
マツダ CX-5
アテンザ
アクセラ
デミオ
CX-3
輸入
(正規輸入)
BMW 1シリーズ (118d)
2シリーズ アクティブアラー(218d)
3シリーズ(320d)
5シリーズ(523d)
X5(X5 xDrive 35d)
X3(X3 xDrive 20d)
DS オートモビル DS 4 BlueHDi
DS 4 CROSSBACK BlueHDi
MINI COOPER D CROSSOVER
COOPER SD CROSSOVER
COOPER D PACEMAN
アルピナ D3 BITURBO
D4 BITURBO
D5 TURBO
XD3 BITURBO ALLRAD
シトロエン C4 FEEL BlueHDi
プジョー 308 Allure BlueHDi / 308 SW Allure BlueHDi
308 GT BlueHDi / 308 SW GT BlueHDi
508 GT BlueHDi / 508 SW GT BlueHDi
ボルボカーズ V40 D4
V40 Cross Country D4
S60 D4
V60 D4
XC60 D4
メルセデス・ベンツ Cクラス(C220d)
CLSクラス(CLS220 BlueTEC)
Eクラス(E220/E350 BlueTEC)
Sクラス(S300h)
Vクラス(V220d)
Mクラス(ML350 BlueTEC)
GLクラス
GLEクラス(GLE350d 4MATIC)
Gクラス
ジャガー F-PACE(20d)
XE(20d)
XF(20d)
マセラティ ギブリ ディーゼル

クリーンディーゼルを支える技術

排気ガスの低公害化、性の向上などもあり、イメージが良くなりつつあったディーゼル。ではこれらのはどういった技術によって支えられているか?車両それ自体に関わる技術に関して記述する。


2015年、スキャンダルにより再びイメージ悪化


実は、ドイツフォルクスワーゲン社においては上記の技術だけでは規制基準をクリアし、なおかつ実用的な自動車を開発することは技術的に難しかった。そこで、フォルクスワーゲンでは排ガス規制クリアするために、ドイツのボッシュ社が開発した「試験であることを自動検知すると、排気ガスを自動的にコントロールして試験の時だけ有物質の量を大幅に少なくすることが出来るソフト」をこっそり導入していた。

このソフトが売るためのその場しのぎだったのかは不明だが、後にアメリカ環境団体が実施した調製作所の作った精密測定器を使用した検、更にアメリカ環境保護庁の綿密な調によって、通常走行する場合には環境基準の40倍もの排ガスを出していることが2015年に発覚した。なおかつこの技術はフォルクスワーゲンではガソリンにも応用されていたとか。

善しつつあったイメージも、少なくともフォルクスワーゲンにおいてはいわゆる虚像に過ぎなかった。このような不正がバレてしまえば大量リコールブランドイメージ悪化、更には巨額の賠償が待っている。フォルクスワーゲンの不正ソフトスキャンダルによって、フォルクスワーゲンブランドどころかディーゼルエンジンの信頼すらも非常に低下してしまった。

さらに「日本人自動車評論家に賄賂を送ってハイブリットをdisらせ、ディーゼル賞賛記事を書かせようとしていたのではないか」という疑惑が同じ2015年日本ネット上で騒ぎになった……ただしこれは確たる拠が挙がったわけではなく、「そのように憶測はできる」程度の材料しか出なかった。だが「これはクロ確定だ」と信じ込んだネットユーザーらが、根拠が曖昧なままに特定自動車評論家を集団でバッシングするというお寒い事態にも発展した。

また同時期に、ディーゼルを排除した日本と受け入れた欧州の大気の較画像、大気汚染が深刻なパリと済んだ空気東京との較画像が出回った。これも「その原因はディーゼルである」と結論できるような根拠があったわけではなかったし条件をえた科学データなどではなかったが、科学的素養がい人々にとっては「わかりやすい」画像であったために、「ディーゼルは悪だ」といった論調が一部で加速した。それと同時に、石原慎太郎の行ったディーゼルNO作戦が再評価されることになり、石原批判的なものでも、この作戦に関しては評価する人々も出てくるほどであった。


2018年現在



次へ»
最終更新日: 18/11/25 13:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ