ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デイヴィッド・ベッカム


ヨミ: デイヴィッドベッカム
掲示板をミル!
26カキコ!

デイヴィッド・ベッカムDavid Beckham, 1975年5月2日 - )とは、イングランドロンドン出身の元サッカー選手である。利き足は右で、右サイドからのクロスフリーキックが非常に優れている。

とてつもないイケメンであり、サッカー界以外でもその名を知られるスーパースターである。妻は元スパイスガールズのヴィクトリア・ベッカム。称はベックスBecks)、ベッカム様。


概要


マンチェスター・ユナイテッドのユース出身。17歳マンチェスター・ユナイテッド契約1995年プレミアリーグに初出場。そのころ監督アレックス・ファーガソンチーム若返りを図っていたこともありスタメンで活躍していく。とくに1996-1997シーズンハーフウェイラインあたりからのロングシュートは有名。

1997年エリックカントナが引退すると7番を受け継ぎ、クラブの中心選手となっていく。トレブルを達成した1998-1999シーズンは、FIFA最優秀選手賞バロンドールの次点を獲得。しかし2000年頃からファーガソン監督との関係が悪化、故障明けの2002-2003シーズンにはスタメンから外れるようになる。

そして2003年2月に、FAカップでのアーセナルに敗れたゲームの後、昂したファーガソンが近くにあったスパイクを蹴り上げたところ、ベッカムの顔にあたり縫合する傷を負う「スパイク事件」が発生。移籍の噂がマスコミを賑わすようになる。バルサへ行くなどの噂もあったが、2003年7月銀河系軍団と言われていた頃のレアル・マドリードに移籍する。

2006-2007シーズン途中で次シーズンの(LAギャラクシーとの)契約を結んだため、監督カペッロから「ベッカムはもう使わない」と宣言されてしまうが、ベッカムはそれに腐らず日々の練習摯にこなし、カペッロは宣言を取り下げる。以後の試合でベッカムは大いに活躍し、逆転優勝の原動となった。

LAギャラクシーに移籍後、2009年1月からMLSオフシーズンの間、ACミランへ期限付き移籍する。あまりにチームフィットしたため移籍期間を延長することになった。

2013年1月リーグ・アンパリ・サンジェルマンに5ヶ契約で移籍。同年6月に現役引退を発表した。


イングランド代表として


1996年サッカーイングランド代表デビュー1998年ワールドカップでは、準々決勝のアルゼンチン戦でディエゴ・シメオネへの報復行為で一発退場、チームは延長戦まで戦い抜くPK戦で敗れてしまう。ベッカムはファンジャーナリストから糾弾される。代表戦での野次は数年続いた。

2000年以降は代表のキャプテンを任せられるようになり、2002年ワールドカップの予選における活躍で非難は止むようになる。とくにギリシア戦での終了間際の引き分けに持ち込んだフリーキックでの得点は賞賛された。


関連動画



■sm450357[ニコ動]

■sm1891085[ニコ動]
■sm5967718[ニコ動]
■sm5084994[ニコ動]

関連商品


■az4569621368
■az4594042171
■az4774123293
■azB0012ZN5YU

関連項目



最終更新日: 13/10/26 10:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ