ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デスティニーガンダム


ヨミ: デスティニーガンダム
掲示板をミル!
2235カキコ!

おえかきこ>>6氏

デスティニーガンダムとは、TVアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するMSである。


概要


デスティニーガンダム(Destiny Gundam
式番号 ZGMF-X42S
所属 ZAFT
建造 プラン
生産形態 ワンオフのはずだった
全高 18.08m
重量 79.44t
機関 ハイパーデュートリオシステム
装甲材 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
兵装 ・MMI-GAU26 17.5mmCIWS×2
MX2351 ソリドゥス・フルゴール ビームシールド
生装置×2
・RQM60F フラッシュエッジ2 ビームブーメラン×2
・MMI-714 アロダイ トビームソード
M2000GX 高エネルギー長射程ビーム
・MMI-X340 パルマフィオキーナビーム×2
・MA-BAR73/S 高エネルギービームライフル
・対ビームシールド
特殊装備 ニュートロンジャマーキャンセラ
ミラージュコロイド
ヴォワチュール・リュミエール
搭乗者 シン・アスカ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公機。

インパルスガンダムを始めとするセカンドシリーズから得られたデータを基に、ギルバート・デュランダル最高評議会議導の下プラントの工で開発された次世代セカンドシリーズの機体。パイロットシン・アスカ

一機で複数機分の戦を有することで、どんな状況下においても戦闘をこなすことが可な機体」が開発コンセプトであり、フォースシルエットの機動性、ブラストシルエットの高火力、ソードシルエットの近接攻撃を集約した形となる。
かつてのストライクガンダムの統合兵装パック「I.W.S.P.」の発展形といっても差支えないかもしれない。

セカンドシリーズの流れをみながら、そのフレームや装備は一見して分かるほど向上している。調整に関してはインパルスガンダムデータを参考にしており、シン・アスカを想定してチューニングがしてある。ギルバート・デュランダルく「工が不休で造り上げた自信作」「火力、防御、機動、信頼性、その全ての点においてインパルスぐ、最強モビルスーツ」との事。

公式で、コンセプトが「全部載せラーメン」と言われている。

V2ガンダムのようなを持ち、Gガンダムを思い起こさせるような部の武装が搭載され、ガンダムF91の如く移動時に残像を出したりもする。機体性では申し分ない。全部のせと言いつつ若干格闘寄りのチューンになっているのは、元々シンが格闘戦に適正があったからのようだ。

デザインに関しては主人公機?という疑問符が付いてしまうかなりヒール悪役デザインとなっている。
よく言われるのはガンダム試作二号機なんてじゃないくらい悪いつき(血涙のような取りまである)、全体的に鋭的、攻撃的にデザインされた各部装甲、悪魔のようない羽等。

シン主人公転落とあわせ、明らかにワルモノデザインされたデスティニーをいかがなものか、と思う人も少なくないが、反面こういったっ向ヒール!と言うガンダムも少ない為、良くも悪くも「まとも」なデザインであるフリーダム系統よりデスティニーデザインを好む人もいる。デザインヒールっぽくてもカラーリング自体は背面のウイングや固定武装を除けばガンダムでよく使われるトリコロール(黄色面積が少ないが)であり、武装も元になった物(何故かソードはストライクのソードストライカー)カラーを継承しているため、一見て「インパルスの発展機」と分かるようになっている。でもビームはあまりにもただの棒じゃないかという話もあr

しかしMGではしい複数バージョンでの発売から見るに、かなりの人気機体であることは間違いない。
ほか作品でも較的良い扱いをされているところからそれが伺える。

アロダイトを構えたサンライズパースや、を展開しつつアロダイトを正面に構えるポーズは印的。


ガンダムという名称について


SEEDシリーズおなじみ、OS頭文字から。

MOBILE SUIT NEO OPERATION SYSTEM Ver.1.62 Rev.29]
Gunnery
United
Nuclear-
Deuterion
Advanced
Maneuver System


デスティニーインパルスガンダム


DESTINY-MSVの設定ではインパルスガンダムの3つのシルエットの性を集約した高性シルエットデスティニーシルエット」を装着した「デスティニーインパルスガンダム」から生した機体とされる。

デスティニーシルエットは確かに火力、機動、近接戦闘の全てにおいて高い準を持つシルエットになったが、欠点として他のシルエットとは較にならないほどのエネルギー消費量(1回の戦闘で2,3回のエネルギー補給が必要)と変形、合体によってMSとして運用するインパルスガンダム本体の繊細な内部構造に対して、負荷がかかりすぎた。

そのため、インパルスに変わる強固なMSを製造し、それにデスティニーシルエットと同等の性の武装を施すことで生まれた機体がこの「デスティニーガンダム」である。
エネルギー問題は後述のハイパーデュートリオンにより解決、さらにコアスプレンダーへの変形合体機構を撤し、装甲だけでなく関節部等の内部構造にもヴァリアブルフェイズシフトを採用することで武装の運用に耐える耐久性を確保した機体となっている。


武装・特殊技術


インパルスガンダム等から得られたデータを元にしただけあって、武装のほとんどがインパルスガンダムのそれをベースに発展させた物になっている。

ビームライフル以外は機体に標準で装備されている固定武装となっているが、反面、CIWS以外は使用時に腕部マニュピレーター(手)を使わなければならないため、腕を破壊されたり、マニュピレーターが封じられると武装の多くが使用不能になってしまう欠点がある・・・とよく言われているが、そもそもそこまで機体が破損した場合撤退するのが普通である(あるに越したことはないが)。

推進システムにはスターゲイザーガンダムに使われている技術の一部を用いたヴォワチュール・リュミエールの類似システムが使われており、「」と呼ばれる現を起こす。さらにミラージュコロイドを用いた技術の応用により、高速機動を行いながら自機の残像を発生させることも出来る。
機動自体も背面の大ウイングのおかげで高い機動性を持つ。

また、アロダイトや長射程ビーム自体は保持するだけなら片手で可なようで、片手にビームライフルを持ちながら長射程ビームを展開して射撃、片手にアロダイトを持ちながらいた手でパルマフィオキーナで攻撃する、という芸当も可

デスティニーの武装が大火力ないし近接戦闘に寄っているのは、ひとえに連合の戦傾向に合わせた機体であることが大きい。
作中での戦争非公式には「第2次連合・プラント大戦」という呼称がある)での連合の戦は、ザムザザーゲルズゲーユークリッドなど大モビルアーマーが数多く投入されており、極めつけにデスティニー投入直前にデストロイガンダムが非常に大きな被害叩き出してしまった。
これらモビルアーマーは射撃武器に対して効果的な防御装置を持っていることが多く、射撃武器で致命傷を与えることは難しい。これに対抗するためには、素モビルアーマーに接近し、防御装置を視した近接戦闘の一撃で致命傷を与える必要がある。
そのため、連合との決戦に臨むためのデスティニーは近接戦闘に偏った武装が与えられ、防御装置をすり抜けるためにパルマフィオキーナを装備されたのだろうと推測できる。実際、作中では複数のデストロイガンダムアロダイトやパルマフィオキーナで沈めている。
ただしその代償として、武装は対モビルスーツ戦になると取り回しに難のある武装が多くなってしまっている。


劇中の活躍~メディア展開


本編での初登場は35話。ジブラルタル基地の工に収納されており、デュランダルによってシンに与えられた。工が不休で造り上げた自信作のようで、シンも最新鋭機を与えられて喜んだ。
その機体性は凄まじく、敵の量産機は全くが立たず次々に撃墜された。ザムザザーゲルズゲーデストロイガンダムといったこれまでの強敵も難なく撃破し、最新鋭機のを遺憾なく発揮した。


次へ»
最終更新日: 19/06/12 16:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ