ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デストロイア


ヨミ: デストロイアッー
掲示板をミル!
363カキコ!

[画像][外部]

デストロイアとは、「ゴジラVSデストロイア」に登場した怪獣である。命名は伊集院研作博士(演:辰巳郎)。別名全生命体


概要


ゴジラ史上最強の敵と銘打たれ、平成ゴジラシリーズ最終作の敵怪獣として登場したラスボス怪獣。かつてゴジラを葬った「オキシジェン・デストロイヤー」の化身とも言うべき怪獣であり、微小生命体から120mをえる巨大な大怪獣までさまざまな姿に変貌し、ゴジラを苦しめた。

もともとは酸素状態の先カンブリア時代に生息していた名の甲殻類であり、酸素が大気に出現してからは姿を消した=絶滅したはずだったが、いくつかの個体が、東京海底古代の地層の中で仮死状態となって眠り続けていた。1954年ゴジラ出現に際し、芹沢博士が使用した「オキシジェン・デストロイヤー水中酸素をすべて破壊・分解し、水中生物を全て溶解させる剤)」に効果によって東京湾一帯が酸素状態になったことで復活していた。

1995年東京湾横断道路の工事によってデストロイアが潜伏している地層が露出すると、酸素に触れたことでその性を。有酸素状態の下でも活動が可になり、東京湾へ出てしまった。

熱に対する耐性が高く、人類の火気兵器ではより強進化を促すだけになってしまう。またデストロイアが扱うミクロオキシゲンは物質の分子の隙間に入り込み、破壊・崩壊させるチート武器。人間論の事、ゴジラ細胞にも有効で、先述の熱耐性と合わさって対ゴジラ特攻の塊である。反面、体内に充填しているミクロオキシゲンは-187℃で効果を失うため、極低温に対しては非常に弱い。

幼体から飛翔体までは吉田氏が、全体は岡本英郎氏がデザインしている。

微小体・クロール体

全長:3~5mm(微小体)・2mm~30cm(クロール体)
体重:0.5g(微小体)・2gから1.5kg(クロール体)

本来のデストロイアの姿。
カブトガニのような形をしており、水中を泳いで移動する。
地層から復活した直後はこの状態だった。

オキシジェン・デストロイヤーの影か、体内でミクロオキシゲン(微小化された酸素。性質は通常の酸素と同様だが、分子が小さすぎるため、生物細胞などの物質を構成する原子と原子の隙間に入り込んで分解してしまう)を生成するを会得してしまっている。

東京海底トンネルの建造工事現場でシャフトや配管を溶解させて事故を起こしたほか、しながわ水族館水槽に侵入し、熱帯魚の体を分解して化させてしまった。この様子を捉えた監視カメラ映像から、姿と存在が判明した。ちなみに微小体はCGで作られている。

変異などで巨大化したものはクロール体と呼ばれるが、本編劇中には登場していない。

幼体

全長:2~18m
体重:350kg~260t

変異を繰り返した微小体・クロール体が到達した新たな形態。
水中から地上に活動の場を移している。

蜘蛛のような下半身から、胴体と頭が生えたような体をしている。や口、牙などが発達しておいるほか、ミクロオキシゲンをガスのように噴射することが可になった。獰猛な習性で、人類に対しても積極的に襲い掛かる。

横断道路の工事現場に出現し、機材などを荒らした後、有明クリーンセンターに大挙して押し寄せ、占拠してしまった。警視庁の対ゲリラ特殊部隊と交戦。隊員をミクロオキシゲンや牙で殺したが、火炎放射器によって撃退された。が、ここでは撤退したものの、実は負傷したのではなくむしろ熱によって変異活動が活性化していた。

スタッフからは「カニさんタイプ」という称で呼ばれていた。

集合体・飛翔体

全長:60m
身長:40m(集合体)
長:80m(飛翔体)
体重:15000t

集合体は、大量発生していた幼体が集まって融合することで出現した巨大な個体。外見はほぼ幼体と同じだが、下半身前部にはのような鋏が2つ生え、両肩からも触手が1本ずつ生えている。飛翔体は、集合体が変形した飛行可な形態。形状的にはクロール体に近く、肩の触手と下半身の間にられた膜をにして、ムササビのような姿で飛ぶ。2つの形態には自在に変形可

幼体とはべ物にならないほどの巨体であり、体内のミクロオキシゲン濃度も飛躍的に高まっている。
特にミクロオキシゲンを口から噴射する攻撃は、高濃度のあまり紫色線のような姿にまで変わった。
また、相手に噛み付き、牙から直接ミクロオキシゲンを注入する技も使用する。

有明での火炎放射器の攻撃によって変異活動が活性化した幼体が、いっせい融合して誕生した。
自衛隊の火気攻撃を浴びても怯むどころか活性化し、飛翔体への変化も体得し、東京港湾部で暴れまわった。しかし、東京に上陸したゴジラジュニアに戦いを挑まれ、ミクロオキシゲンによる攻撃で追い詰めるも、牙からミクロオキシゲンを注入している最中に放射能熱線を浴びせられて強引に引き剥がされ敗走。
飛翔体になって逃げようとしたが、熱線を再び当てられ、品川火力発電所に墜落炎上した。

完全体

全長:230m
身長:120m
長:210m
体重:80000t

火力発電所の爆発によって変異がさらに進んだ姿。
ゴジラをも上回る巨を手に入れ、人間に近い二足歩行の、絵に描かれる悪魔のような姿になった。
のような顔つきから、上と下が分かれている爬虫類のような顔つきに変わっているほか、頭部には黄色が生え、非常に長い尻尾背中には巨大ななども発達した。

飛行飛翔体ではなく、ゴジラをも圧倒した。噴射するミクロオキシゲンの濃度は極限にまで高まり、オキシジェン・デストロイヤーと同等の威を持っている。集合体と同じく、ミクロオキシゲンの線を口から吐くほか、から放出して相手の体を切断するという使い方もする。尻尾を相手に巻きつけて地面を引きずり回したり、エネルギーを吸収することも可。恐ろしいのは、この全体ですら進化の途上に過ぎない事。ここから更に変異する可性が示唆されている。胸部が弱点。

スーツスペースゴジラ改造したもの。過酷な撮影の中で破損する事が多かったため、何度も修復させられたとか。

中間体

ゴジラの熱線を胸部に浴びて爆散したと思われたデストロイアの新たな姿。
前述の『集合体』の何匹もの小さな個体に分裂し、集団でゴジラに襲い掛かる。
集まることで、再び全体へと復活が可

品川火力発電所に出現し、羽田邂逅を果たしたゴジラゴジラジュニアを襲撃する。
中から叩き落してジュニアを殺し、続いて挑んだゴジラに対しても優勢に戦いを進めた。
しかし、暴走を起こしているゴジラにはミクロオキシゲン線が通用せず、逆に熱線を喰らって爆散する。
この際、前述のとおり中間体に分裂してゴジラに群がって襲い掛かるも、やはりが立たず再融合
肉弾戦を挑んだが、メルトダウンを始めたゴジラの体から発せられる熱と放射能には耐え切れず、逃走しようとした。
かしここで、人類によって極低温レーザーと冷凍ミサイルの集中火を浴びせられ、墜落死した。

結果、自衛隊に敗れた数少ない怪獣の1匹となった。

実は…

全体はデストロイアの究極の姿ではない。全体になってもなおデストロイアは自己進化の余地を残していた。もしデストロイアがもう一段階変異していたならば、ゴジラ自衛隊を持ってしても倒せなかったかもしれない…


ゲーム作品では


平成シリーズラスボスだっただけに、ゲームへの出演も多い。


ゴジラ列島震撼


ゴジラ列島震撼ではラスボスを務め、ステージ9と最終面で対峙する。若干ストーリーアレンジが加えられており、ステージ9では集合体2体が広島市に出現。ゴジラジュニアGフォースと交戦している。飛行時は飛翔体変身し、非常に攻撃が高い。このためゴジラジュニアが倒されないように援護しないと敗率が高くなる。その後、東京有楽町方面に向かい、全体となる。そこでバーニングゴジラ戦闘になる。ラスボスだけあって全が高く、攻撃は全怪獣一200えという火力。体も一番多い。

列島震撼の発売日は1995年12月22日ゴジラvsデストロイア開日は同年12月9日。つまり映画開中にゲームデビューしている。また発売日の問題で、ゲーム中に流れるムービー映画の流用ではなくオリジナル画像に挿げ替えられている。

ちなみに本作ではオキシジェン・デストロイアー誤植されている。


余談


オキシジェン・デストロイヤー」の名の通り、本来ならば「デストロイヤーDestroyer)」が正しいのだが、権利関係か何かで揉めたらしく、怪獣としての名前は「デストロイアDestoroyah)」である。
海外でもこの名前で登場するのだが、日本人にとっては大差なくとも向こうの人には違和感バリバリのようで、「デ ス ト ロ イ ア ッ ー !!!」と区切って呼ばざるを得ないりになっていたりする。


関連動画



■nm9196015[ニコ動]

■sm8944875[ニコ動]
■sm20097365[ニコ動]
■sm25463481[ニコ動]


関連静画


■im1669333(静画)
■im1723366(静画)


関連商品


■azB0009V9I62
■azB0012ROZI8


関連項目



最終更新日: 19/11/15 15:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ