ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デストロイガンダム


ヨミ: デストロイガンダム
掲示板をミル!
70カキコ!

デストロイガンダムとは、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する地球連合軍のモビルスーツである。
形式番号はGFAS-X1


概要


全高 56.30m
頭頂高 38.07m
重量 404.93t
形式番号 GFAS-X1

ユーラシア連邦のアドゥカーフ・メカインリストリー社が設計・開発した大可変MS。その大きさはMSとしては規格外で、コズミック・イラの世界では一番の体を誇っている。
その巨大な機体には数多の重火器が装備されており、陸上戦艦をも一撃で葬り、単機で1都市を壊滅させるほどの火力がある。ビーム兵装が体となっているが、両腕を切り離し、それぞれ別の度から攻撃させるという、ジオングのような特殊兵装も搭載されている(ジオングと違いこちらは線式)。
防御には実弾やビームを防ぐ陽電子リフレクターを使用し、前からの攻撃はほぼ防ぎ切る。装甲にもトランスフェイズ装甲(文献によってはヴァリアブルフェイズシフトともされるが本編から確認できない)が施されており被弾に強い。向かってくるビームを曲げて被弾を防ぐ描写がある事から、ゲシュマイディッヒパンツァーも使われている可性があるが詳細は不明。
可変機構を備えており、人の他に飛行(MA)と言うべき形態がある。背中に背負った円盤状のバックパックを被り、備え付けられた4基のホバースラスターで重力下での飛行を可としている。また、この際脚部は部を軸に180度回転し、いわゆる逆関節の構造となる。移動の際は飛行に変形するが、論、飛行の状態でも戦闘は可である。

その超絶火力は既にMSの範疇を越えており、単機での要塞攻略を可としている。なお、形式番号のGFASはGressorial Fortress Armament Strategic(戦略装脚兵装要塞)の略でデストロイが戦略兵器である事を示している。
その異常火力と体は、連合軍ないしロゴスのコーディネイターに対する念の塊と言えよう。

しかし兵装の多さとシステムの複雑化から一般パイロットには扱えない代物になってしまい、エクステンデッド専用の機体となっている。あまりの大火力・巨体さからワンオフの試作機かと思いきや、拠点防衛用に何機か量産されている。さすがはに富む地球連合軍である。
地球連合軍(ロゴス)が対ザフト用の切り札として極秘裏に開発が進められていたが、その情報ギルバート・デュランダル握されており筒抜けであった。デストロイもまたロゴスの非性を表すものとしてデュランダルに利用されるのだった。

余談だが同じ巨大モビルスーツであり、さらに『強化人間ヒロインが乗せられた』という共通項もある事から、サイコガンダムと並べて描かれたり、戦わされたりする事がある。というか、ステラ搭乗機に関して言えば、その扱いはほぼ“コズミック・イラ版サイコガンダム”と言って差し支えない。
ちなみに円盤状のバックパックのおかげで、どちらかと言うとデストロイの方が少し大きい。
変形中の姿がビグ・ザムに似ている事から、サイコガンダムと組み合わせてサイコビグ・ザムと呼ばれる場合も。

全高(56.30m)を見ると通常のモビルスーツの約3倍程度の大きさなのだが、作画の関係でフリーダムの約7、8倍の大きさがあったり、随伴するウィンダムべると100mくらいあったりと設定以上に大きく描かれている。
劇中でバクゥを足で踏み潰すシーンがあるが、そのシーンデストロイはどう見ても200mくらいの高さがある。なにそれこわい


兵装


総じて大火力の物が多いが、それらの一部は『過去に連合軍が開発したガンダムに搭載されていた武装の発展』として設定されている。


劇中での活躍 


登場自体は意外とく、2クールのOPには顔見世していた。しかし意図的に機体がくされており、細部までは見る事が出来なかった。3クールのOPで細部まで見えるようになった。

地球軍を糾弾し、ザフト側に付いたユーラシア西側の3都市鉄拳制裁を加えるためファントムイン所属のエクステンデット、ステラ・ルーシェに引き渡されたデストロイが初登場機となる。ちなみにデストロイを載せたハンニバル陸上戦艦ボナパルトは輸送中にザフト軍の襲撃を受けるも何とか逃げ延びている。また、余談だが、この襲撃は『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』にて描写されており、ブルデュエルの餌になったのはこの時である。

デストロイを受領したステラは、ネオ・ロアノーク専用のウィンダムスティングカオスガンダムとともに出撃。都市して飛行を開始した。
都市にはザフト軍が駐留しており、地球軍の接近に伴って出動していたが、デストロイはこの駐留軍を圧倒的な火力で焼き払う。駐留軍はと地上からデストロイを包囲するも物ともせずに殲滅。あっと言う間に3都市は火のになり、デストロイベルリンにまで迫った。ベルリンにもザフト軍が居たがこれまた太刀打ちできずに全滅させられる。
しかし今度はアークエンジェルフリーダムが介入。デストロイに攻撃を仕掛けてくる。さらにはミネルバインパルスも参戦し、戦場は混沌を極める。死の危険を感じたステラデストロイ火力に物を言わせて暴れまわったが、インパルスパイロットシンであると気付き暴走を止めた。が、フリーダムビームサーベルデストロイスーパーキュラに突き刺さり断末魔ツォーンを噴きながら撃破される。この際ステラは致命傷を負い、シンに救出されるも既に今際だった。その後死亡し、シンによって葬に処されることとなる。

デストロイは拠点防衛用に量産され、地球軍の本部「ヘブンズベース」にも5機が配備されていた。ロード・ジブリールはこのデストロイを切り札としていたようだ。実際、ザフト・反ロゴス同盟軍がヘブンズベースに攻め入った時には余りある火力を使って多数の艦艇やディンバビ、ボズゴロフ級を沈めた。 しかし懐に飛び込まれると弱いというデストロイの弱点を看破され、デスティニーガンダムレジェンドガンダムに次々と撃墜されていった。最終的に5機全てが撃破されヘブンズベースは陥落した。

ミネルバダイダロス基地に侵攻した際も3機のデストロイが出撃。だがこの頃になると往時のような破壊を見せ付ける前にデスティニーレジェンドに倒されるというかませ犬的な役回りとなっていた。陽電子リフレクタートランスフェイズ装甲もビームサーベルにはで手も足も出せなかった。
これ以降、デストロイの出番は一切い。

ステラの乗ったデストロイが3都市を焼き払っている時に流れた曲「狂気の果て」はデストロイ無双の場面と相まってトラウマを覚えた諸氏も多いのでは。曲調も曲名もデストロイにピッタリである。


ゲームでの扱い


デストロイガンダムは『スーパーロボット大戦Z』、『連合vsZAFT2』、『EXTREME VS』など様々なタイトルに顔を出している。その際はステラ専用機となっている場合が多い。連ザ2ではスライディングや膝蹴りというアニメでは見せなかった格闘技を行ったり、ビグ・ザムより受け継がれたゲロビを放てる。
防御に関しては、MA形態に変形すると実弾もビームも効かなくなるというサイコガンダムもびっくりな防御を見せ付ける。しかし懐からの格闘攻撃に弱く一度取り付かれると、かなりのダメージを受ける。懐に飛び込まれると弱いという原作を忠実に再現している。
巨体に見合った体を持つが、コストも最大級で撃墜されると一気にゲージが減る。


関連項目



最終更新日: 19/01/15 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ